ドレス2着目完成
このビタミンカラーの布は
娘と夫が「いいね!」と意気投合して選んだもの
7月末の演奏会で着る予定だが
暑い時期にさわやかなシャーベットのようなドレスはgoodかと^^
dress2015625-1.jpg

それにしてもこの生地、縫いにくくてホント泣きそうだった~~
今後は自分の力量に見合った布を選ばなくてはね、、
次回の「金と銀の布」はパリッとしてるから大丈夫かなぁ(やや不安)
どんな布かは乞うご期待?!

スポンサーサイト
手芸 | 20:25:17 | Trackback(-) | Comments(2)
やっと完成
まあ色々細部に難ありだけど
どうしても許せない部分だけは直したのでこれで良しとしよう
本来なら、作れば作るほど技術が上がりそうなものを
今回も何度もパーツを合わせる方向を間違っていたり
あ゛~~~!ってなりながら糸をほどく日々、、、(泣
ホント呆れるほどよく失敗したなあ~--;

それでもスタイルのとてもきれいなドレスができて
娘も満足そうで良かった
dress2015621-1.jpg

後ろを長めにしたのもgood♪
dress2015621-2.jpg

今回このデザインで2枚作る予定だったが
更に2枚追加することになった
う~ん、先は長い!がんばらないと~~@@;

手芸 | 22:12:04 | Trackback(-) | Comments(2)
ロックミシンをやっと使う
いつまでたってもわたしがロックミシンを使わないものだから
どんな仕上がりになるのか早く見てみたくて仕方がない夫から
まだ~?!と催促が入る(汗
はいはい、使いたいのは山々だけど
アンダースカートの方がなかなか進んでいないし
オーバースカートに至るまではまだ時間がかかる・・・というより
もはやロックミシンを使える気がしなくなっているわたしの傍で
娘がやる気を起こして練習を始めたのは昨日の事

さすが若者は飲み込みも早く、すぐに縁かがりができるようになった
lock2015615-2.jpg

きれい~^^
lock2015615-1.jpg

そして、すその部分をかがる「巻きロック」に挑戦!
lock2015615-3.jpg

布を切りながらどんどん進むが
ラインを外れたら修正はできないので気が抜けない@@;
lock2015615-3a.jpg

う~ん、上出来でしょう!!
lock2015615-3b.jpg

おかげでスカートはほぼ完成した

今週中に完成品が公開できるかな?!

手芸 | 23:19:16 | Trackback(-) | Comments(2)
ドレス作り難航中
今週はドレス作りをスタートしたものの
型紙の段階でつまづいてなかなか進めない状態が続いている

今回使う柄ものオーガンジー布
cloth2015611-2.jpg

右端に写っている白っぽいサテン生地でアンダードレスを作り
それぞれのオーガンジーをかぶせる予定
cloth2015611-1.jpg

今回のドレスは上下を分けるタイプにするのだが
上をキャミソール型とビスチェ型の2種類試作してみた
dress2015611-1.jpg dress2015611-2.jpg

この既成の型紙だとバランスがいいのはキャミソール型だけど
胸元に折り返しがつくビスチェ型も魅力よね~というわけで
両方のいいとこどりをした型紙を作るべく四苦八苦、、、
うーん、、こういう補正の仕方がいつまでたっても自己流のわたしは
どうしてもここで行き詰ってしまうのよね~~(泣
いや、明日こそは何とかする!・・・と宣言しておこうっと--;

***********

昨日のアジサイ
あじさい2015611-2

あじさい2015611


手芸 | 23:07:49 | Trackback(-) | Comments(2)
ロックミシンがやってきた
ドレスを作る時にロックミシンがあれば・・・と
ずーっと欲しいと思い続ける一方で
使いこなせないのではないか?!との不安感もあって
今まで保留になっていたロックミシンをついに購入した
何が決め手となったかと言えば、77パーセント引きのお値段かな~^^

ニットものも縫える2本針4本糸タイプの機種なので
糸の通し方が難しそうだと思っていたら
すでにセットされた形で送られてきた
lockmachine2015604-1.jpg

でも、実際に使うのは色糸だから
ちゃんと自分でも通せるようにならないとね、、

付属のDVDを見ると何とかできそうだし
機械そのものにも丁寧な説明書きもあるし
年をとるほど初めてのものに取り組むのはおっくうになるけれど
ここまできたらやるしかないでしょう!
lockmachine2015604-2.jpg

たちまち急ぎの仕事を片付けたら
来週からドレス作りをスタートする予定にしており
すでに新しい布も届いている
今度の布は今までの娘のドレスにはなかった柄もの
7月末にある大きな舞台にふさわしい華やかなものを作りたい

手芸 | 21:15:18 | Trackback(-) | Comments(0)
穏やかな日差し
2月も残すところあと8日
さあ、いよいよ3月がやってくる~♪
寒いのが超苦手なわたしには
「3月」という響きだけでも希望がわいてくるというもの。。
20140219-4.jpg

20140219-3.jpg

ただし、3月を迎える前に
気になることが一つ、、、
それは、娘の謝恩会用のバッグがいまだにできていないということだ

ガマ口タイプにしたいということで
口金や、その他のパーツもすでにそろっているが
娘が自分で作ると言って
試験の頃いきなり作り始めた試作品は
口金の溝と生地の厚さが見合わなくて失敗、、

で、今度は落ち着いてから作ろうと言っていたのだが
一体いつになったら落ち着くのか?!というほど毎日忙しすぎて
これはもうわたしがやらなければ間に合わないのではないかと思えてきた

とはいえ、口金につけた接着剤がはみ出さないように
きれいに布地を入れ込む作業が上手くできるかどうか全然自信はないし
じゃあ、袋の部分だけ作って、あと接着は娘に任せようか?!
・・・との路線で落ち着いく

卒業式は3月3日
ま、何とかなるだろう~

手芸 | 16:45:14 | Trackback(-) | Comments(0)
パーティードレス(ミディ丈)の作製
くるぶしより20センチ短いミディ丈のパーティードレスが完成した

紺と金を編んだブレードを追加
dress2014130-2.jpg

とても上品な仕上がりになった♪
dress2014130-1.jpg

手芸店に行ったついでに
娘はアクセサリーパーツを買い、ペンダントとピアスを作った
最近はすっかり手作りアクセサリーにハマっている
accessory2014130-1.jpg accessory2014130-2.jpg


手芸 | 18:54:27 | Trackback(-) | Comments(2)
パーティードレスを作ろう~完成
ドレスの仕上げに娘が選んだのは
シンプルな光り物のブレードだった
dress2014124-1.jpg

思い通りの出来上がりに娘、大満足^^v
dress2014124-3.jpg

なるべく腕を出したくない娘は
当日はボレロを羽織っていく予定~
シルバーのボレロとの相性もバッチリ♪
dress2014124-4.jpg

さて、今日はバッグの材料(口金やチェーン等)も買ってきたが
これは後回しにして(というか、多分娘が自分で作る)
もう一枚同じデザインでのドレスを作ろうと思う
先輩の結婚式(3月)の案内をもらっているので
その時着る予定だ
今度の生地は紺の無地
卒業後はお呼ばれの機会が増えそうだし
たちまち無難な一枚がほしいところ。。

手芸 | 23:17:31 | Trackback(-) | Comments(0)
パーティードレスを作ろう~一気に形にする
この2日間の作業をまとめてアップ。。

例によって作業は「型紙の補正」から始まり
今回も海外物の型紙なので、あちこちイヤというほど補正した
dress2013121-1.jpg

夫から
「今回も左右切り間違えないようにしないと」と言われ
「この程度のドレスで間違わないでしょう?!」なんてナメた返事をしてたら
型紙を着る段階で、別デザインのを切っていたりして、、、(--;
まあ別布で試作する段階で気づいたからまだ良しとしようか^^;

というわけで
本番の生地はちゃんと間違えずに裁断~
身ごろ部分は2枚重ねにする
dress2013121-2.jpg

ここまでに一日かかってしまった。。
dress2013121-4.jpg

気を取り直して
2日目はまずスカート部分を裁断し
dress2013122-1.jpg

縫い合わせて(左右間違えないように要注意!!)
上身ごろとつなぐ
この時、身ごろのダーツとスカートの合わせ目がそろっていなかったので
スカートを調整してまっすぐそろうようにした
dress2013122-2.jpg

苦手のコンシールファスナーも取り付け完了
dress2013122-3.jpg

これで一応「形」になった
dress2013122-4.jpg

これから、すそ上げや裏の始末をして
後は、身ごろに何か光りもの(?)を付けたい

手芸 | 23:12:53 | Trackback(-) | Comments(0)
パーティードレスを作ろう~生地の購入
今回作ろうと思っているパーティードレスのデザインは
ノースリーブで(A)、スカート丈はくるぶしまでのロング(C)
katagami20131230.jpg

そして、使用する生地は
上身ごろが濃紺無地で
スカート部分は柄ものを選んだ
clotu2014116-1.jpg

写真ではよくわからないのだが
刺しゅう部分の白く見えるところは銀色で
光が当たるとキラキラして結構華やかな感じになる
これを見た娘は「これいいわ!」と即決した
clotu2014116-2.jpg

この生地は、多分チャイナドレス用のものだけど
和のイメージが強く、着物地でドレスを作るような
面白い雰囲気のものができそうな気がする

で、ついでに同じ生地でバッグも作れたらいいなあ~と、今思いついた
うん、そうしよう♪
どんなデザインが良いかなぁ~~~
・・・なんて横道それてたら本道が進まないので
バッグの件はドレスができるまでおあずけかな^^;

手芸 | 14:08:20 | Trackback(-) | Comments(0)
ドレスアクセサリー
明日、娘は東京に出発するが
ドレスに合わせたチョーカーが今夜やっと出来上がった
(アクセサリーは娘の担当)
もうギリギリにならないとやらないのは
母娘とも同じなわけで・・^^;

最初は、リボンにレースを取り付けただけの簡単なものにする予定だったけど
舞台で見るチョーカーには何かぶら下がってるタイプが多いというので
手芸店に行ってアクセサリーパーツを買ってきた
dress2014108-1.jpg

金属パーツだけでは寂しいのでキラキラをつけてみる
あと、ドレスの色に合わせたスワロフスキービーズをプラスして出来上がり
dress2014108-2.jpg

娘いわく「猫の首輪みたい~」
猫好きな娘としてはご満悦^^
さあ、舞台ではどんな風に見えるのだろう?!
dress2014108-4.jpg

作業のついでに、お土産用石けんのラッピングもやってくれた
soap2014108.jpg

そして、これからやっと荷作り開始~

明日は朝出発し、午後から指揮者との合わせ
あさってはオーケストラとの合わせがあり
次の日がいよいよ本番だ

友人が前日から一緒にいてくれるので寂しくないし
ドレスを着る時にも不安がないのが本当に有難い
彼女と居られるのもあと2カ月余り・・
今回のことはきっと良い思い出になるだろう

手芸 | 22:49:10 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう(追記)
先日「一応完成」としたドレスだが
スカートのふくらみが足らないという課題と
ボタン付けなどの細かい作業が残っていたので
それらをクリアして本当の「完成」に至った

これが先日の写真
dress20131111-4b.jpg

まずはバッスルをボタン留めできるようにした
dress20131118-1.jpg

そして、市販のパニエにかためのチュールレースを足し(すそ二重)
長さもボリュームもアップ
dress20131118-2.jpg

これにスカートをかぶせると
バッチリでしょう?!^^v
dress20131118-3.jpg

はぁ~、あさっての撮影会に間に合ったわ、、^^;


手芸 | 15:57:52 | Trackback(-) | Comments(4)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 10~とりあえず完成
なぜ”とりあえず”なのかというと
ボタンや鍵ホックがまだ付いていないので、、^^;

まあその辺はマチ針でカバーしつつ撮影会を開始しよう~
dress20131111-2a.jpg

dress20131111-8.jpg

dress20131111-5.jpg

dress20131111-6.jpg

このアングルいいんだけど
スカート下にはいてるパニエのボリューム&長さが不足しているので
スカートのふくらみがやや足らない(特に前がペチャンコになっている)
dress20131111-4.jpg

卒業写真撮影会までには
パニエにチュールレースを足してボリュームアップさせなくてはね
もちろんヘアスタイルも!^^

*****

ドレス作りも一段落し
明日からぼつぼつクリスマスの準備を始めることにしている

先週は大急ぎで庭の片付けもした
blueg20131111.jpg


手芸 | 20:08:41 | Trackback(-) | Comments(4)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 9~バッスルとトレーン
今まで作ってきたドレスと今回のドレスの大きな違いは
「バッスル」と「トレーン」がつくという点だ

「バッスル」とは
19世紀半ばから20世紀初めに流行した
スカートのヒップラインを美しく見せる為に使われる腰の飾り布のこと
ちなみに日本では明治時代に鹿鳴館で着用されたドレスにバッスルが用いられている

さて、バッスルを作るにあたっては
2枚の布をまん中でつなぐ形になるのだが
左右対称の布を裁つべきところを同じものを2枚裁つという失敗をやらかし
それでも、長さに余裕があったおかげで何とか作り直せたまではよかった

「バッスル」はこんな感じ(まだ仮止め)
dress20131104-1.jpg

そして裏地は安いサテンを使ったが
dress20131104-2.jpg

実際にスカートにつけてみると
見えないと思っていた裏地が見えているじゃないの?!(がぁーん、、、)
dress20131105-2.jpg

これじゃあマズイよねTT
dress20131105-3.jpg

それでも何とかならないかと考えていたら
夫と娘から「表布を買い足して作り直した方がいいよ」と言われ
今回3度目の再注文をかけることになった
あ~これで送料3回分余計に出費~~;;

バッスルの布が届くのを待つ間に「トレーン」の方は完成
「トレーン」とは、ドレスの後ろに長く引きずるすそ部分のことで
今回はバッスルと同じ布を使って一体感を持たせる仕組みになっている
dress20131105-1.jpg

本来はこれにボタンホールを作って
後ろスカートのすそにボタン留めできるようにするのだが
面倒なので手縫いで留めてしまってもいいんじゃないかと考え中、、

手芸 | 19:16:25 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 8~そで付け完了
そでが両方ついて
これでドレスの上部分は完成した
こうしてみるとほぼ出来上がっているかのようだが
dress20131030-1.jpg

スカートはまだ中途半端なままだ
dress20131030-2.jpg

今週は教会の大掃除を始めるので
ドレス作りも今日までにもっと作業を進めておくつもりだったけど
なかなか思うようには進まないなぁ~
まあまだ時間は十分あるし
焦らずやっていこう、、

手芸 | 15:54:47 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 7~そでを作る
下そでの内側になる布を裁つ
dress20131029-2.jpg

グリーンの生地と合わせて縫い
縫いしろに切り込みを入れて
dress20131029-3.jpg

ひっくり返す
dress20131029-4.jpg

レースをつけて、上部にギャザーを寄せ
dress20131029-5.jpg

上そでと合わせて縫う・・・が、これがかなり難しい!@@;
生地を二枚合わせてギャザーを寄せると分厚くなって縫いにくいのなんの、、、
dress20131029-6.jpg

今日は片そでがついたところでおしまい
dress20131029-1.jpg


手芸 | 23:53:38 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 6~スカートを縫う
脇スカートと後ろスカートをつなぎ、タックを取る
dress20131028-5.jpg

丁寧にしつけをした後で
ヒダを寄せる方向が反対なのに気づく、、、(毎回なにかやらかすなぁ・・--;)
dress20131028-6.jpg

気を取り直してタックをやり直し
前スカートとつなぐ
dress20131028-7.jpg

袖も片方だけ付けて、トルソーに着せてみた
dress20131028-1.jpg

ここまでくると全体の雰囲気もわかってきて
普通のドレスなら山場を越えたという感じがするのだけど
今回はまだまだ先が長い・・
dress20131028-3.jpg


手芸 | 23:57:02 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 5~上身ごろ完成
今日は縁取り用のブレードを探しに娘と手芸店へでかけた

舞台映えするようキラキラ素材を取り入れつつ
上品なイメージにしたいよね~ということで
黄味を抑えたゴールドに少し黒の入ったコチラ↓を選ぶ
dress20131027-1.jpg

イメージ通りに仕上がった~♪
dress20131027-2.jpg

追加の布もすでに届いているので
明日から一気にがんばろう!

手芸 | 23:37:20 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 4~布を裁つ
わたしにとってドレス作りで一番苦手な作業は「布を裁つ」ことだ
いや、その前に
必要な布の量を割り出して注文するまでの葛藤もなかなか辛いものがある

ドレスの場合、スカート部分のパーツが長く
中途半端なところで布が足らなくなった場合には
途中でつぎ足すわけにもいかないし
今までかなり多めに見積もって注文しては
結局かなり余ってしまうのだった

今回のドレスは細かいパーツが多く
デザイン上、布もたくさん必要になるので
今度こそできるだけ無駄を出さないように
型紙を念入りに測って必要な量を割り出した

本来ならば、最初からすべてのパーツを裁断するのだけど
どうにもそういう気力がわかなくて
とりあえず上身ごろからとりかかり
それが完成したので、昨日から全体の裁断に入る

大きなパーツや
dress20131025-1.jpg

小さなパーツを組み合わせながら裁断していくと
dress20131025-2.jpg

途中で「計算間違い」に気づく、、、@@;

あ゛~~~~後ろスカートと脇スカートは2枚ずついるのに
1枚ずつしか計算に入れていなかったんだぁぁぁぁ、、、
というわけで、新たに2m注文し
余分な送料が発生してしまった・・TT

<今後のための覚え書き>
無地布(120センチ幅) 6m
模様布(112センチ幅)5.6m

注文した布が届くのは早くて3日後
それまでは袖を縫ったり
レースを買いに行って取りつけたりといった作業を行う予定

手芸 | 22:59:30 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 3~編み上げスタイルに挑戦する
ドレス作りを始めた頃には
これはとてもできそうにない・・・とか
説明書を読んでもちんぷんかんぷん??とか
とにかく悩ましい課題が色々あって
それでも今はコンシールファスナー付けも克服したし
とりあえず説明書をよ~く読むか、ネットで検索するなどしていけば
たいていのことができそうな気がしてきている
そして今回もひとつ課題を克服した

今回の課題は「背中の編み上げスタイル」だ
中世風のドレスにはこれがつきもので
英語の説明書を前に「無理無理!」と決め付けてきたけれど
意外と単純な作りになっている事がわかり
よし!やってみるか~という気になった

というのも、コンクール前一ヶ月で3キロ太った娘のドレスの調整を前日やっていて
編み上げスタイルだったら、いちいちほどいて縫い直さなくても
紐の締め加減で調節できて便利よねとも思ったのだ
(ちなみにコンクールから帰ってきたら2キロやせていたので
随分スタミナ使ったのだろうと思う)

まず、編み上げスタイルに必要な帯状の布を作り
穴をあけてハトメを取り付ける
この作業は夫におまかせ^^
dress20131023-1.jpg

この布をドレス本体に縫い付け
紐を通せば完成~♪
dress20131023-2.jpg

深い緑と金色を寄り合わせた紐がなかなか良いアクセントになった
dress20131023-3.jpg

ただ、このスタイルだと一人で着るのは無理だろうと娘に言うと
紐を半分くらいほどいて、上はゆるめた状態でかぶり
その後は上からと下からと少しずつ紐を締め、鏡を見ながら穴に紐をとおし
何とか自分で着脱して見せた
ドレスを着る時、いつも誰か知り合いがそばにいるとは限らないので
自力で何とかなることがわかってホッとする、、

手芸 | 21:53:19 | Trackback(-) | Comments(2)
次のページ
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.