唐突に夏剪定
フェリシアが咲き始めた
felicia831-1.jpg felicia831-5.jpg

そして、いつの間にかグラハムトーマスも・・
graham831a.jpg

つい2日前に「夏剪定の予定は9月10日」と書いたばかりだというのに
写真を撮っているうち
込み合った枝だけでも整理したくなってハサミをもちだした

で、ハサミを握ったらもう止まらない!
はじめはシュラブローズだけのつもりが、あれもこれもと次々剪定
そして
ハイブリットティーまで全部剪定が終了してしまったのだった

あ~あ、結局毎年この調子でどうしても早めに剪定してしまうものだから
まだ高めの9月の気温に誘われて早めに花が咲き
ブラックティなどシックな色の系統のバラは
秋色になる前で開花してしまうのだ

しかし早めに花が咲けば
剪定後、年内にまた開花する場合も結構あるので
そうなればお得な話でもある
暖冬ならばなおのこと繰り返しお花が楽しめる確率が高い

ということにして
今年も夏剪定を待てなかったことの言い訳にしようっと(笑)

スポンサーサイト
バラ2007 | 20:14:07 | Trackback(0) | Comments(0)
バラの夏剪定を前に
バラをはじめた頃
本で「夏剪定」というものがあることを知り
とりあえずバサバサと切った
”バラは切られることで芽を出す”
そのセリフと、バラの生命力を信じつつ・・

ところが
夏の間にすっかり葉っぱが少なくなっていた株は
わずかな栄養製造所までも切り取られたことで更に弱り
ダメージの大きなものはその後枯れてしまうことになる

葉っぱがほとんどない場合には、枝だけでも光合成はできる
だからせめて枝だけでも長く残しておいたほうがいいと知ったのは
ずっと後になってからのことだった

そして、今年も夏剪定の季節がやってきた
今年の栽培方針としては
初めからずっと”なるべく切り詰めない”ことを念頭に置き
一枚でもたくさんの葉っぱを残して光合成をさせる方向でやってきた
この夏はあまりにも暑かったせいか
黒点病や虫の被害は比較的少なかったようで
現時点でHTなど木バラの類は割と葉っぱがたくさんあるものが多い
white829.jpg johann829.jpg

せっかく茂っている枝葉を切るのは
今のわたしには非常に惜しいと感じるけれど
内側に伸びて込み合っている枝は間引かなくてはならないんだろうなあ・・
でも、どの枝から良い花が咲くかなんてわからないから
枯れた枝や細い枝は切り取っても
あとは全部伸ばしてみるか~なんてことも考える

どの枝を切るかはその時考えるとして
今決めていることは
・どの枝にもハサミを入れる
・5枚葉の上で切る
といったセオリー通りのことくらい

それと、剪定の日は9月10日を予定している
秋バラの開花は剪定後50日前後が目安になるというので
これなら気温の下がった10月末に花が咲くという目論見だ

一方、夏の間も生長を続けていたバラはともかく
まるで休眠期のようにダンマリを決め込んでいるこのブルームーンなどは
枝を折り曲げて下の芽を動かす”折り曲げ剪定”にする
bluemoon829-1.jpg bluemoon829-2.jpg

現在葉っぱが少なく
枝がしなやかで折り曲げやすいジュリアも折り曲げ剪定候補株
julia829.jpg

また、悲しいかなハダニ被害などで生育不良気味のアンブリッジローズは
新芽が動きつつあるのでこのまま様子を見る
ambridge829.jpg

ERなどのシュラブローズは剪定はなしで自然に伸ばす
ちなみに咲かせるかどうか迷っていたフェリシアは
すでに花びらも見えてきてもう手遅れだからこのまま咲かせようっと(確信犯?!^^;)
felicia829-2.jpg felicia829-1.jpg

そうそう、あと問題なのはこのディスタントドラムスだ
distant829.jpg

葉っぱはいっぱいあるのだが、先の方しかついていないので
剪定すれば枝だけになってしまう
かといって、こんな堅い枝は曲げるとポッキリ折れてしまいそうだ
この前から盛んに蕾をつけるので摘み取っているけれど
出てくる新芽の先にまたすぐ蕾がつくので
もっと下から切り戻さなくてはならないんだろうなあ・・

というわけで、一部問題の株はあるものの
剪定の方針はだいたい固まってきた

なお、施肥については
7月のはじめに2ヶ月有効のバラ用肥料を置き肥しており
あとは週一回のペースで
化成液肥や、発酵肥料&EM菌液肥を潅水してきた
今後も液肥は同じペースで続けるとして
固形肥料については剪定後どうするかまだ決めかねている

バラ2007 | 14:49:09 | Trackback(0) | Comments(2)
秋に向かって
焼け付くような強い日差しでダメージを受け
切り戻した草花やハーブが
少しずつ近づいてきた秋の気配と共に
生き生きした葉っぱを取り戻しつつある
trian825.jpg time825.jpg

あまりの暑さに休眠状態だったクレマチスも
どんどん蕾をつけはじめた
prince825-1.jpg

そしてバラも・・
この夏、本当に自分でも感心するくらいマメに蕾を摘み取ってきたけれど
そろそろこのフェリシア、咲かせてもいいかなあ?
felicia825-1.jpg

春にHCで購入した小さな新苗は
夏の間も頼もしいほどにぐんぐん生長したが
花は秋までおあずけと決めていた
で、これが咲くのは9月だからもう秋よね?・・と自問自答^^;

そして、しつこくまた「薄墨」
usuzumi825-2.jpg

見るたびに元気になるようなので
うれしくてつい貼りたくなる^^

庭つくり2008 | 22:13:15 | Trackback(0) | Comments(2)
光と影
今朝の地元新聞の一面は
昨日行なわれた高校野球決勝戦の結果が大きく報じられていた
news823.jpg

7回までは4対0と、完全に広陵ペースで進み
誰もが広陵の優勝を確信していたであろうところで
まさかの押し出しフォアボール&逆転満塁ホームラン
それまでずっと広陵に当たっていた光は一転して佐賀北に向けられた

野球のみならず
スポーツ観戦には特に熱心でもないわたしだが
今回の決勝戦は初めからまじめにテレビの前にすわって観戦していた
これは多分、1973年(昭和48年)の
広島商業と江川のいた作新学院の決勝戦以来のことだと思う

当時わたしは小学6年生だったが
あの白熱した雰囲気はおぼろげながらも覚えていて
”怪物”と呼ばれた江川に対し
広商が良く健闘したことへの賞賛の声が大きかったことを記憶している

今回広陵が優勝を逃したことは
広島県民にとっては残念なことだったが
全国レベルでの国民心理からすれば
優勝候補に上がる伝統校の広陵よりも
無名の佐賀北が劇的な逆転劇で優勝する方がきっと喜ばれただろう
それはまさに人生の逆転劇を見るような感じでもあるからだ

数日前の新聞に
あの広島商業の当時のエースが亡くなった事が報じられていた
52歳だった
甲子園で優勝投手になり、進学先の法政大学では江川と共に活躍したが
その後のことについてはわたしは知らないまま、突然の訃報に驚いた

人生の光と影
その光は一瞬で、地道な影の時期は長い
若い時にはひたすら光を追い求めるが
人生、黙々と積み重ねる影の日々なくして光はさしてこない

しかし
そんな日々を退屈だといい
何の努力もなく脚光を浴びることを夢見る人もある
それはないよと諭してみたところで
どうにも受け入れられないまま年を重ねていくのは寂しいことだ

どんなに時代が変わっても
いつまでも変わらないのは
地道な努力の果てに得る栄冠への賞賛と
結果はどうであれ、健闘する人々への感動の声だ

自分の子どもと同年代の球児たちの姿を見つめながら
多くの若者が真摯に新しい時代を担って生きてくれることを期待したい

日々の暮らし | 20:14:18 | Trackback(0) | Comments(2)
ひとやま超えて
連日焼けつくような日差しに耐えてきたバラたちは
一昨日の雷雨以来、心もち活気づいてきた
kakuteru821-2.jpg

最高気温も昨日は33度とやや落ち着いてきたし
早朝水やりする時の風も涼しさを感じるようになった
バラの生育最適温度は20~25度で
あまりに暑いと休眠状態に入るというが
実際には暑くても新芽を伸ばすものもあってよく頑張っていると思う

特に意外だったのはこのミスティパープルの元気さだ
昨年秋に夫が買ってきてくれたこのバラは
その花色(薄紫)からしてきっと弱いに違いないとふんでいたのだけど
6月の鉢増し後も順調に根が回復したのだろう
新芽が次々伸びては蕾がつくので
見つけ次第、急いで摘みとっている
misty821-1.jpg misty821-2.jpg

白カビまみれだった「薄墨」も更に新芽を伸ばし(左)
毎年夏に苦戦するブラックティにも今年は葉っぱがたくさんついている(右)
usuzumi821.jpg blacktea821-1.jpg

過酷な暑さはまだまだ月末までは続くらしいが
とりあえず、とんでもない猛暑の山をひとつこえたようで
これからバラも本格的に活動し始めるだろう

10日から新しいアルバイト先に行き始めた息子も
当初はちょうどお盆前ということもあって特別忙しい上に
今までのお店とは勝手が違うことも色々あって
自信と気力を失いかけていたのだが
この忙しさのピークを乗り越えてからは
また元の自信を取り戻し、元気に働いている

娘の方は30日の夏休みも今日で終わり
明日から再びお弁当を持って登校する
わたしもしばらくは朝ゆっくりと水やりなどしていたが
明日からは気合を入れてもっと早起きしなくてはね

遅くから種まきした千日紅がようやく咲き始めた
sennichikou821-2.jpg sennichikou821-1a.jpg

ラズベリーは今の時期の実はちょっと小さめ
razuberry821-3.jpg


バラ2007 | 14:06:38 | Trackback(0) | Comments(2)
バラにつくカビ その後
7月15日の日記『バラにつくカビ』に登場した白カビにおおわれた「薄墨」は
白色腐朽菌ではないかと思われる白カビを除去したあとは
意外にも結構元気になっている
usuzumi812-2.jpg usuzumi812-3.jpg

一ヶ月前はこんな感じだったので(葉っぱもなし)
もうダメだろうとほとんどあきらめていただけにちょっとビックリだ
kabi3.jpg

現在、鉢バラは、10-10-10の緩効性化成肥料を置き肥して
時々薄めの液肥を潅水している
今年の夏も土壌腐敗防止の為に有機肥料の使用は控えるつもりだ

潅水は朝一度だけ
日中は35度近くなっているが特に暑さ対策はしていなくて
コンクリートの上に直接鉢を置いている
これじゃあ根に随分ダメージがあるだろうと気になりつつも
結局は毎年こうやってずるずると過ごし
色々考えてる割には詰めの甘いバラ栽培をやっているのだった、、

バラ2007 | 19:55:48 | Trackback(0) | Comments(4)
再出発
aljonushika809-3a.jpg aljonushika810-1a.jpg

ちょうど一ヶ月前にバッサリと剪定したクレマチス”アリョヌシッカ”が
再び元の株姿にもどって花を咲かせている
この再生スピードの速さには感心感心。。

昨夜0時、息子のアルバイト先のコンビニが閉店した
最後の数日間は
お客さんの「品物がない?!」との驚きの声に対して
「閉めるんですよ~」と説明する場面が繰り返される
ドアにはちゃんと閉店予告の張り紙があるのだが
ほとんどの人はそんなものは見ていないらしい

今朝、この店の前を通ると
前には大きなトラックが止まっていて
片付け作業がどんどん進んでいた
何でもそうだけど
終わりの情景はやはり寂しいものがある

閉店による解雇通知を受けてからこの一ヶ月
息子は次のアルバイト先についてギリギリまで決めかねていた
以前から個別指導の塾講師なども勧められていたが
服装や時間の制約がネックになって気が進まない
その上、自分の性格として多人数で授業を受けるのは好きでも
個別指導を受けるのは苦手だったため
「自分がされて嫌なことは人にもしたらいけませんて小学校の時に習ったんだよぉ」
と言って、話を煙に巻いた(苦笑)

時給の高い飲食系も何度か候補に上がったが
シフトがある程度自由がきくところでないと困るし
遠方で交通費が支給されないところもNG

こうして毎日アルバイト情報誌をめくりながら
結局出した最重要条件は”家から近い””働きやすい環境”だった
つまり時給よりも自分の時間と相性を重要視したのだ
新しい職場は自転車で5分ほどの距離にあるコンビニで
今までの職場と同じ業者のため業務内容も特に何も変わらない
そして
田舎町特有のまったりした雰囲気は
息子にとって一番落ち着ける環境らしい
うちは親子そろって「田舎のねずみ」
都会はどうも落ち着かない

そんなこんなで、もう早速今日から新しい職場へ出勤だ
また新米店員からの再出発だが
早く慣れて以前のペースで働けるようになりますように。。

日々の暮らし | 23:17:47 | Trackback(0) | Comments(2)
夏のバラ
昨日蕾が開きかけていたピーチブロッサムが今朝咲いた
このバラは夏でも春の花よりわずかに小さい程度で咲く
peachb806-1.jpg peachb807-3.jpg

ツル種のブルームーンは
春よりもふたまわりくらい小さな花が形よく咲いている
bluemoon806-2a.jpg bluemoon807-2.jpg

実はこのブルームーン
春の一番花後に、主枝をばっさり半分まで切り落としたのだが
しばらくすると勢いのいいシュートが4本出てきて
現在それぞれ花を咲かせている
bluemoon805-1.jpg bluemoon805-2.jpg

先の方しか枝葉がつかなくなったツルバラは
こうして”一本の棒”からの樹形の仕立て直しがきくので心強い

6月に鉢増し&植え替え作業を行った鉢バラは
一ヵ月半たってようやく枝葉が茂ってきた
これで傷ついた根もやっと回復してきたということだろう
zenkei807-1.jpg

rose807-1.jpg rose807-2.jpg

昨年は8月1日に突然植え替え作業を行ったので
夏の間中、葉っぱのない苗がいくつもあっただけに
今年は
せっかく光合成が活発に行われるこの時期に
何とか葉っぱの再生が間に合うかどうかが心配だった
これで秋バラが咲くまでの2ヶ月間
しっかりと養分を蓄えて欲しいところだ
そのための摘蕾作業もまめに行いながら
しばらくは秋バラに備えて養生が続く

バラ2007 | 21:01:18 | Trackback(0) | Comments(2)
アルゲモネ・ホワイト
いただきものの種をまいて育てているアルゲモネ・ホワイトが咲いた
くしゃくしゃっとした薄い紙のような花びらに
えんじのシベがくっきりと浮き立つ
見るからに繊細で、はかなげな花・・
argemonewhite804-2.jpg argemonewhite804-3a.jpg

小さなブルームーンとマチルダも咲いている
あとのバラは摘蕾しながら秋を待つ
bluemoon804-3.jpg machiruda804-1.jpg

オキナワスズメウリもかなり大きくなった
okisuzu804-1.jpg

みんな台風から守られて良かったなあ~♪

庭つくり2008 | 16:19:05 | Trackback(0) | Comments(0)
オリーブ
”オリーブは2本植えないと実が生らない”と聞いているので
うちのオリーブには実が生ることはないと思っていたら
今朝、込み合っている枝を剪定しようと思って見上げると
あぁぁぁぁ!あったぁ!!!@@
olive3.jpg olive2.jpg

確認できたものが大小あわせて5個
ずっとゼロが当然だと思ってきたから1個でも感動ものだ
それが5個も生っている

これがもし生るのが当然と思って待っていたら
この5年の間、随分イライラしただろう
今年の結実は偶然か奇跡か
あるいは木が充実するとこういうこともありなのか
結実には期待していなかっただけに
喜びもひとしお~♪

庭つくり2008 | 18:51:39 | Trackback(0) | Comments(0)
夏休み2
期末試験準備、自動車学校&アルバイトと
非常に大変で忙しい7月を何とか乗り切った息子は
今日から待望の夏休みに入った
そして、嬉しい事に本日普通車運転免許も無事に取得♪
夏休みまでにはとりたいとの願いもぎりぎりでかなえられた

本来、自動車学校へは夏休みに行く予定にしていたが
夏休みは教習生が非常に多いし
8月には通学定期も切れるので余分な交通費がかかることから
5月末、急遽入校を決意
大学への通学に時間がかかるため教習を受ける日は最大でも週に4日程度だけど
今からなら夏休みまでに取れるかもしれない
そうなれば夏休みはアルバイトに専念できる
で、とんとん拍子で教習は進み
本日めでたく免許証を手にすることが出来たのだった

もらったばかりの免許証をお財布に収めながら息子は嬉しそうに言う
「財布の中がカードで随分にぎやかになったねえ」
そういえば、初めて自分の銀行カードを作ってお財布に入れたときも
随分嬉しそうだったなあ

「次はカードだけじゃなくて”別のもの”をいっぱいにしないと(笑)」
そう言いながら、今は今後のアルバイトに目が向いている
実は7月のはじめに
半年間勤めてきたコンビニが閉店することが告げられ
8月9日をもって解雇されてしまうのだ
夏休みこそしっかりバイトするぞと意気込んでいたのに
これには息子はかなりショックを受けた
でも
大変お世話になってきたオーナーご夫妻の複雑な胸中を思うと
とても文句などいってはいられないから
とりあえず閉店の日までしっかり働き続けようと考えているようだ

かつて商品がぎっしり詰め込まれた棚も今はスカスカ状態で
以前はどうやってたくさんのお弁当やパンを並べようかと四苦八苦していたのに
今はどうやって少ない商品を薄く並べて棚の隙間を埋めるかに苦心している
生まれて初めてのアルバイト先でお店の最後を見届けようとしている息子は
社会の現実の厳しさを肌で感じながら、良い人生勉強をしている最中だ
すべてのことはきっと今後に生きてくるだろう

あさっては新しいアルバイト先に面接に行くことになっている
折りしも大きな台風が近づいていて
予測どおりに進んでくるとこの辺はかなり被害が出るかもしれない状況だが
息子はそんなことよりも新しい職場に期待をはせながら
これから始まる長い夏休みにわくわくしている

明日はわずかに咲いているバラも白いキキョウも摘みとらなくては・・
newdawn731-1a.jpg kikyou731-1.jpg


*追記・・・カウンターが111111でした♪
111111.jpg


日々の暮らし | 21:25:29 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07月 « 2007/08 » 09月
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.