バラ強化月間最終日
バラ三昧の5月も終わりなので
「バラ強化月間」も今日で最終日です

雨上がりの今朝の風景
zenkei2008531-3a.jpg

フェンスでは
遅咲きのホワイト・ドロシー・パーキンスが咲き始めた
perkins2008531-1.jpg perkins2008531-3a.jpg

一方
早咲きのピーチブロッサムは間もなく2番花が咲きそうだ
peachb2008531-1.jpg

今週はたくさんの方がお庭を見に来てくださった
何年も続けて訪問される常連さんから
「いつも前を車で通るだけなので一度ゆっくり見せてもらいたかった」
と嬉しそうに話す方など
お花が縁の出会いが今年もいろいろあった

バラのある庭作りをはじめて7回目の春
2001年の改築当時、本で見て憧れた風景が
「とてもこんな風にはできそうもない」と思った夢が
いつの間にか形になってきていることをふと思わされ
心から感謝せずにはいられない
rouguchi2008530-8.jpg


スポンサーサイト
バラ2008 | 23:48:34 | Trackback(-) | Comments(0)
夜回り
ホタルブクロにヨトウムシの仕業であろう食害のあとを見つけたので
先ほど夜回りに行ってきた
ちょうど活動しているところを即退治し、ついでにあちこち見て回ったが
他には見当たらなかった

今年のバラシーズンの夜回りはこれでまだ2回目
本当に驚くほど虫が少ない年だ
元気な株には虫がつきにくいというから
全体的に健康状態がいいのかも知れない

昨日、「花が小さめで蕾は虫につつかれて・・」とぼやいていたジュリアも
開いてみれば結構いい感じになった
julia2008530-3.jpg

julia2008530-6.jpg julia2008530-8.jpg
julia2008530-11.jpg julia2008530-13.jpg

毎日がバラ祭りの5月も明日でおしまい
来月からはバラ以外の草花にも目を向けてやらないと・・

今日の”プリンスチャールズ”
今年もきれいに咲いてくれた
prince2008530-3.jpg



バラ2008 | 22:34:12 | Trackback(-) | Comments(0)
即席化成発酵肥料の効果について(中間報告その2)
今春のバラもピークを過ぎたところで中間報告その2

まずは不調続きのブラックティ
このたび驚くほど太いシュートが出た
一番花はブラインドだったが、2番花の蕾がすでに大きくなっている
blacktea2008525-2.jpg blacktea2008525-1.jpg

こちらは昨年から復活してきたツルブルームーン
この春は更に勢いが増してたくさんの蕾がついた
bluemoon2008529-1.jpg

bluemoon2008529-4.jpg bluemoon2008525-1.jpg

というわけで
この即席化成発酵肥料を使った結果
”勢いが増してシュートがバンバン出る”という喜ばしい結果が出ている一方で
勢いが良すぎてかえってバランスを崩しているのではと思われる株もいくつかある
下のジュリアなどは場違いな新芽の伸び方をしており
これは”徒長している”というものじゃないかと思う
しかも新葉が縮れ気味、、、
julia2008529-4.jpg julia2008529-5.jpg

そして花は小さめで
蕾の時から虫につつかれている
julia2008529-3.jpg julia2008529-1.jpg

このオクラホマもやはり新芽が縮れていて、花が虫食い
okurahoma2008529-2.jpg okurahoma2008528-2.jpg

根が肥料やけを起こしているのか
肥料が効きすぎて株が枝葉を茂らせる方向に偏っているのか
また、肥料が多すぎると虫にやられやすい傾向があるらしいので
何にしてもこれらの株には今後の施肥について再考する必要があるようだ

こちらは粉粧楼だが
葉っぱの状態がよれよれで、ウドンコも少しついている
funshourou2008529-4.jpg

この春出てきたシュートだけを残して古い枝を切ったところ
たくさんの蕾がついたけれど
果たして無事に咲くのだろうか・・?!
funshourou2008529-3.jpg funshourou2008529-2.jpg

これらの異常が出ている株はしばらく追肥はせず様子を見ることにする

バラ2008 | 20:58:10 | Trackback(-) | Comments(2)
ジャックマニースパーバ
看板上のクレマチス”ジャックマニースパーバ”開花
spaba2008528-2a.jpg

spaba2008528-3a.jpg spaba2008528-4a.jpg

blueg2008528-2.jpg


*****

本日学校がお休みだった息子は
朝起きてくると唐突に「今猛烈にクレープが食べたい!」と言って
生クリームとバナナを買いに行った
なんでもネットでギフト商品にクレープがあって
それを見ていて食べたくなったらしい

というわけで
ものすごく久しぶりにクレープを焼いてみた
わたしの仕事は生地を焼くところまでで
買い物から帰った息子は早速生クリームを泡立てバナナを切る
あま~い生クリームをどさっとのせ
バナナをのせてチョコソースをかけて
見ただけで胸焼けのするような極甘クレープの出来上がり~^^;
でも、バナナがやや青かったので
酸味のおかげで思ったほど甘すぎなかった
crape2008528.jpg


<クレープ生地レシピ>
小麦粉 70グラム
砂糖   40グラム
バター  40グラム
牛乳   70cc
卵    一個
ベーキングパウダー(BP) 小さじ半分
バニラエッセンス 少々

小麦粉とBPと砂糖をあわせてふるい
そこへといた卵と牛乳を加えてまぜ
溶かしたバターを入れてバニラエッセンスを加える
あとはフライパンで適当に焼くだけ

この生地はフライパンに広げたときの伸びがよく作りやすかった
お皿にラップを張り、生地を広げて電子レンジで加熱してもOK

クレマチス | 16:23:02 | Trackback(-) | Comments(0)
珍しく昼の釣り
夫が釣りに行くのはほとんど夜と決まっているようなものだが
今日はどうしたのかお昼ご飯を早めに食べて
いつもの釣り場へいそいそお出かけした

「釣れたら連絡してね、(晩のおかずを)取りに行くから」
と言って見送ってから1時間後
「取りに来て」とのTelあり
え~本当に今夜のおかずが釣れたんだぁ~(喜)
というわけで
2キロほど離れた釣り場へGO!

いたいた、怪しい格好の人^^
(向こうに見えるのは宮島)
kurodai2008527-6.jpg

獲物はまだ海の中
kurodai2008527-5.jpg kurodai2008527-4.jpg

ここで落っことしたら目もあてられないよね~
と言いながら無事に引き上げた
kurodai2008527-3.jpg kurodai2008527-2.jpg

体長40センチちょっとといったところ(ものさしは30センチ)
kurodai2008527-1a.jpg

・・・と、ここまでアップしたところで
またもや「取りに来て」コール

今度は2尾だ
大きい方はさっきのよりも少し大きい
kurodai2008527-9a.jpg


で、最後に夫が自分でもって帰った黒鯛もまた大きい!
そして真鯛もいる~♪
kurodai2008527-10a.jpg

いや~、さばきがいがありましたよ^^

*****

今春のバラ画像をいくつか写真にして
久しぶりに額の写真を入れ替えた
rosephoto2008spring1.jpg


日々の暮らし | 16:25:27 | Trackback(-) | Comments(2)
新入りバラが
もうひとつ来ました♪

ブラスバンド(Brass Band)
フロリバンダ
1995年 アメリカ Jackson&Perkins

brassband2008526a.jpg

brassband2008526-1a.jpg brassband2008526-16a.jpg
brassband2008526-2.jpg brassband2008526-19.jpg

夫がこのバラを抱えて帰ってきた時には本当にびっくりした
なぜならそれは
わたしがバラ栽培を始めるきっかけになった本で見て以来
ずっと憧れていたものだったから

あれから7年が経ち
憧れのバラは何の前ぶれもなくやってきた
しかも夫も2年くらい前にこのバラの実物に出会っていたとのことで
今度見つけたら買おうと決めていたらしい

来年3月の銀婚式記念にと
今年中には何か記念のバラ苗を買おうと候補を探していたのだが
奇しくも二人共密かに願っていたバラがやってきたので
もうさがす必要もなくなった

基本的に淡い色のバラが多いうちの庭だが
2つのバラがやってきて一気に華やかに
brassband2008526-14.jpg

今日は壁面のアイスバーグの花を高枝切りでチョキチョキ摘み取っていたのだけど
この高枝切りがかなり重く
しかも片手で持って、もう片手で紐を引っ張るという古いものなので
作業は毎年だんだん困難になっている
・・・と、そこへなんと新しい高枝切りまでやってきたのだった!
信じられないくらい軽くて扱いも簡単
これなら作業もぐっと楽になりそうだ
今日はなんて嬉しい日なのだろう~~~(るんるん
これはもういよいよバラに精出せということかしらん??!^^

バラ2008 | 22:08:05 | Trackback(-) | Comments(0)
ピンク大小
ニュードーンただ今最高潮
newdawn2008525-3a.jpg

newdawn2008525-5.jpg

newdawn2008525-1.jpg

こちらは苗をいただいてから3年の原種
やっと咲いた花はとても小さく可愛くて
花びらのグラデーションが美しい
で、名前は何だったっけ?^^;
pink4.jpg pink3.jpg

pink2.jpg

ピンクカバー
pinkcover2008523-4.jpg pinkcover2008525-2.jpg

pinkcover2008523-2.jpg

のぞみ
noaomi2008523-1.jpg


*****

いただいた種を蒔いたヘリオフィラが開花
昨年は育苗中に枯れてしまったけど
今年は順調に育ってくれて嬉しい♪       ビックリグミ
heriofira2008525-3.jpg gumi2008525.jpg


バラ2008 | 22:14:42 | Trackback(-) | Comments(2)
バラの咲く風景2008(途中経過)
昨日までの様子を一旦まとめてアップしました(まだ続きます)

『バラの咲く風景2008』はこちら


rosechurch2008.jpg


バラ2008 | 18:51:17 | Trackback(-) | Comments(2)
気になる色
一週間前にはピンク色だった山アジサイ「黒姫」は
やっとその名にふさわしく青っぽく落ち着いてきた
でもその向こうの「紅ツル」は・・・白いなあ、、日照不足?!
maiko2008523.jpg

さて、アジサイといえば
今年もあの不思議色アジサイの行方が気になっている
これは昨日カラーブレークを買ったのと同じ花屋さんで
一昨年夫が買ってきたものだ
その時もやはり「売れないんですよ~」といわれて半額でGET
ajisai_seian2006.jpg

お店ではお客さんから「腐ってる」と酷評されたこの不思議色アジサイ
うちでは実に大好評で
翌年も同じ花が咲くものと信じて待っていたが
咲いた花は単純なピンクで
その後、花色は特に変化する様子もなく
そのまま茶色く枯れてしまった;;

さあ、今年はまた更にひとまわり大きくなって
いよいよ花が開き始めたけれど
seian2008523-3.jpg

縁が紫?
何だか昨年とは違いそうな予感、、いや、単に願望か^^;
seian2008523-2.jpg seian2008523-1.jpg

何にしてもしばらくドキドキしながら待ってみることにしよう

・・・と、ここまで書いて思い出した
確か昨年「秋色あじさい」について調べて書いたんだったわ~
もうすっかり頭がバラ一色で忘れてた^^;;

2007年7月20日の日記

そうそう、このアジサイはじめはとりあえず単純な色で咲いて
その後複雑な色に変化するらしい
そのために必要なことは
”暑さや日差しに弱いので、室内で半日陰で育てる”
多分雨に当てることもいけなかったはず
ということはそろそろ室内か軒下に移動させなければならないようだ
室内に入れるには大きく育ちすぎているから
やはり玄関の塔の中に置くのがいいかなあ
今日はバラ鉢が雨宿りをしているので満員だけど
お天気が回復したら移動させよう

ちなみに昨年のデータを出してみると花色はこんな感じ
あら、やっぱり縁が紫っぽくて今年と大差ないみたい^^;
sian615.jpg sian618-1.jpg sian622-1.jpg sian624-2a.jpg sian627.jpg


庭つくり2008 | 23:21:36 | Trackback(-) | Comments(2)
カラーブレーク
先日ハマナスが処分価格で売られていた花屋さんへ行った夫は
結局ハマナスは売り切れていたので
代わりにこのバラを買ってきた
かなり大きな株のためなかなか売れないらしく
半額でいかがとお勧めされ即決
こんなに立派なのに半額だなんて信じられない@@

Color Break
フロリバンダ
1983年 ニュージーランド
四季咲き

colorbreak2008522-1.jpg

渋い赤茶色がクレマチスとよく合う
colorbreak2008522-2.jpg


こちらは今日のグリーンスリーブス
いい感じに緑色へと退色しつつあるが
greensleeves2008522-2a.jpg

やはりあの赤い点がぼつぼつ出てきている;;
greensleeves2008522-4.jpg greensleeves2008522-5.jpg

下葉にも病斑が出ているし
株の体力維持のためにもそろそろ花をカットした方がよさそうかなぁ・・

メイデンズブラッシュは元気に咲き始めたばかり
この優しいピンクがなんとも魅力的♪
maiden522.jpg


バラ2008 | 20:36:04 | Trackback(-) | Comments(2)
ブルーバユー
大好きな紫バラのブルーバユーが咲き始めた
bluebajou2008520-1.jpg bluebajou2008521-10.jpg

色調はミスティーパープルと似ている
bluebajou2008521-5.jpg

Rose Collectionのページを3件更新

グリーンスリーブス

グラハムトーマス

フェリシア

バラ2008 | 21:15:39 | Trackback(-) | Comments(2)
開花ラッシュ
ヨハンシュトラウスに画像追加

玄関のニュードーンが次々咲いて
今週がいよいよバラ祭りのピークとなりそう
newdawn2008520-9.jpg

newdawn2008520-8.jpg newdawn2008520-11.jpg

大きく開花したピエール・ド・ロンサール
pierre2008520-1.jpg


バラ2008 | 23:57:51 | Trackback(-) | Comments(3)
ヨハン・シュトラウス
どうもこのブログの調子が落ち着かないので
ヨハン・シュトラウス画像をアップしたサイトの方のURLを貼ります

ヨハン・シュトラウスはこちら

********

夫のバラ、ヨハン・シュトラウスが見頃を迎えている
johann2008514-3.jpg johann2008515-2.jpg
johann2008516-1.jpg johann2008518-8.jpg
johann2008518-9.jpg johann2008518-12.jpg
johann2008518-5a.jpg

johann2008518-6.jpg


いただきもののジェネラスガーデナーも
今年は本格的に咲くようになった
generousgardener2008516.jpg generousgardener2008518-3.jpg
generousgardener2008519-3a.jpg generousgardener2008519-2.jpg

アイスバーグ
wall2008518-3.jpg

今朝の正面玄関
frontzenkei2008519.jpg


バラ2008 | 11:24:35 | Trackback(-) | Comments(2)
ニュードーン
<おしらせ>
最近ブログにつながりにくかったり
画像が表示が遅い、表示が行われない状態が断続的に続いています
ただ今メンテナンス中とのことですので
完全復旧までしばらく見づらい状態になるかもしれませんが
どうぞご了承くださいませ

*******

玄関まわりを彩るニュードーンが開花し始めた
newdawn2008518-4.jpg

たくさんの蕾~♪
newdawn2008518-10.jpg

newdawn2008518-9.jpg

newdawn2008518-6.jpg newdawn2008518-8.jpg

ニュードーンの枝にからむクレマチス”アリョヌシッカ”
aljonushika2008518-3.jpg

明日からまた台風の影響で雨になるらしい
今度こそグリーンスリーブスを濡らさないように
早々と軒下に避難させた
greensleeves2008518-5.jpg greensleeves2008518-7.jpg

せっかくいい感じに緑色へと変わりつつあるが
わずかに赤い斑点が出ているのでこれ以上拡大させたくない
もう可笑しいほどに必死で鉢をもってうろうろ^^;

バラ2008 | 22:41:15 | Trackback(-) | Comments(2)
やっと本来の花姿に
毎日がバラ祭り状態のこの頃
何が咲いても嬉しいのだが
特に注目しているのがピエール・ド・ロンサールだ
pinkg2008517-1a.jpg

白っぽい大きな蕾が開くと
中の花びらの縁は鮮やかなピンクで縁取られていて
pierre2008517-1a.jpg

咲き進むほどにピンク色が濃く現れる
そして、やがて花径は13cmほどにもなるという
花びらの枚数は50枚と資料には載っている
pierre2008517-3a.jpg

まさにこれまで写真で見ていた通りの花姿にやっと出会うことが出来て
連日のバラ浮かれモードに拍車がかかるから始末におえない^^;

こちらは2006年の花
pierre2006526.jpg

そして、こちらが昨年の花
pierre2007518-2.jpg pierre2007518-1.jpg

これらの写真を見ると
もう本来の花とは「違う」というしかない
多分まだ株が若かったせいもあるのだろうけど
わたしの都合で株をコンパクトにしすぎたことが
一番まずかったのではないかと今は思う

何しろピエールはツルバラなのだ
大きく育ててこそ本領が発揮されるのかもしれない
昨年6月、一斉に鉢を大きくした時これも8号鉢へと植え替えたが
来年は10号鉢にしてもう一回り大きく育ててみようと考えている

今日のアイスバーグ
wall2008517-1.jpg

この下では鉢植えの山アジサイ「黒姫」が咲いている
土がアルカリ寄りなのだろう、花がピンク色になった
kurohime512.jpg

kurohime2008516-1.jpg

今夜は月見草が3つも開花
tsukimisou2008517-2.jpg

アブラムシ退治に一役かってくれるウスバカゲロウの卵発見
usubakagerou2008517.jpg


バラ2008 | 20:37:40 | Trackback(-) | Comments(2)
即席化成発酵肥料の効果について(中間報告)
所有バラ60本のうち、だいたい半数が咲きそろってきたところで
今回使用している即席発酵肥料の効果について途中経過をまとめてみる

まず、『ベト病トリオ』のうちのひとつ、グラハムトーマスは
ここまで下葉に少し病状が出ているもののほとんど進行せず
数年ぶりにたくさんの蕾がついて美しい花姿を見せている
graham2008516-1.jpg

このグラハムは、2年前の5月はこういう状態だった↓
花数も少ない上に
その花が咲くまでには葉っぱは病気でボロボロと落ちて寂しい限り・・
ついでに隣のカーディナル・ド・リシュリューも仲良くベト病に感染し現在に至る
graham2006518.jpg

一方、こちらもここ数年病気による生育不良で
ほとんどまともな花を見たことがないストロベリーアイス
今年は病気も虫の被害もなく驚くほど元気だ
sice2008516-1.jpg sice2008516-2.jpg

他のベト病バラたちもここまで順調に生育しており
「克服した」とはとても言い難いが
「なんとか抑制できている」のは確かなようだ

また、今回特筆すべき点として
今までにないほど太いシュートがよくあがってきており
特に株元からのシュートが出にくいといわれるブルーバユーも
この通り3本のシュートが出てきてすでに先をピンチした
bluebajou2008516-2.jpg

ラプソディー・イン・ブルーのシュートは元枝よりも太い
rhapsodyzenkeit2008516-1.jpg

ピーチブロッサムもどんどんシュートが伸びるので
一番花後、古い枝はほとんど切り取った
peachb2008517-1.jpg

更に、今年の花は今までよりも大きいと思うが
それはただ単に今までうちのバラが小さかったのか
それともこれは一般的に「大きい」といえるのか
とりあえず計ってみることにした
資料によれば下のバラはどれも平均花径がだいたい8cmくらいなので
やはり少しずつ大きいようだ

たそがれ                    ミスティー・パープル            
tasogare2008516-1.jpg mistypurple2008516-1.jpg

ディスタントドラムス             グルスアンアーヘン
distantdrums2008516-2.jpg grus2008516-1.jpg


*****

<今日のバラ>
ヨハン・シュトラウス                 ミスティーパープル
johann2008516-1.jpg mistypurple2008516-2.jpg

ミスティーパープル
mistypurple2008516-3.jpg

ピエール・ド・ロンサール              グリーンスリーブス
pierre2008516-7.jpg greensleeves2008516-4.jpg

バレリーナ                       裕
barerina2008516-1.jpg yu2008516.jpg

アイスバーグ
iceberg2008516-1a.jpg


バラ2008 | 20:39:30 | Trackback(-) | Comments(0)
それぞれの視点
「お母さんがぶつくさ言うから今日はCD買ってきたよ」
唐突にそういう息子の話に???な顔をしていたら
早速その買ってきたCDを差し出した
おっ、これワーグナーじゃん~♪
wagnercd.jpg

そういえば少し前に息子にクラッシックのCDを借りようと思い
「何かこうドラマチックでテンションのあがるヤツない?」と聞いたら
今までわたしの聴いたことがないブルックナーを出してきたのだ
息子のお勧めの曲をとりあえず聴いてみたが
「一部盛り上がるけど、間がだらだらと長くてつまんない」と
可愛げもない返事をしたのを根に持って、いや、気にかけていたのだろう^^
ワーグナーは学生時代にかなりハマっていたが
彼のスポンサーであったバイエルン王ルートヴィッヒ2世との関わりを本で読み
壮大で美しい音楽とは裏腹な狂いっぷりが印象的だった

わたし「やっぱりワーグナーは肌にあうわ~」
息子 「まあ最初からいきなりドラマチックだからね、ゲーム音楽みたいだ」

ワーグナーがゲーム音楽??!!
ああそういう視点なのか、、、
でもって、あのブルックナーについての息子の主張はこうだ

「古典みたいにどこを聴いても盛り上がってるわけじゃないけど和音がきれい」

そうか・・息子はピアノを弾くんだった
そういえば息子はロックを聴く時にもベースやドラムといったリズム隊を重視している
これはプロのキーボードプレーヤーの視点と同じだ

一方、娘は歌詞をとても重視する
これは歌う者の視点だ
娘はわたしの影響でロックも色々聴くけれど
先日、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」の歌詞が素晴らしいと話すので
ああいうのが好きならニール・ヤングあたりもいいよと勧めておいた
早速聴いた「ハーベスト」はかなり気に入ったらしく
学校でいつもロック談義をしている先生とクィーンとかの話をしながら
先日「最近はニール・ヤングを聴いてます」というと
先生びっくりして、「お前いくつだ?@@」と聞かれたらしい
で、すかさず「42歳です」と答える娘(をいをい)
「そうだろうそうだろう、それにあれは男が聴くもんだぞ」

・・・え、ニール・ヤングって男が聴くもんだったんですか、先生^^;?!
わたしが花の女子高生だった頃にはそういう感じじゃなかったけどなあ
まあ何にしても
今時の高校生にとってはニール・ヤングもまるで化石のような存在なのかと思うと
なんだかちょっと寂しいかも・・

自称『42歳のおっさん』な娘も
今日、17歳の誕生日を迎え
適度に変人テイストもちらつかせながら高校生活を満喫している
まさに青春真っ盛り♪

今朝は
「誕生日にはおばあちゃんの作ったイチゴがのったケーキをお願い」
との娘のリクエストに答えるため
気合いを入れてスポンジケーキを焼いた
デコレーションはごくシンプルに
ひとつだけ残っていたイチゴの花も摘んで飾る
今年はイチゴの出来があまりよくなかったのだが
こうして何とか飾れるだけ採れてよかった^^v

cake2008515eee.jpg


*****

<今日のアイスバーグ>

wall2008515-1.jpg

iceberg2008515-1.jpg iceberg2008515-2a.jpg


日々の暮らし | 19:38:33 | Trackback(-) | Comments(0)
虹色の風景を夢みて
お庭に朝日が差し始める頃を見計らって外へ出る
今日はどうしても”虹色の風景”を撮りたいのだ
2001年に庭つくりをはじめた時から
『虹色の庭』はわたしの憧れだったが
今日は早咲きのバラがある程度咲きそろったところで
ここで一旦記録を残しておこうと思う
frontzenkei2008514-1.jpg

こちらは赤~ピンク系を中心に
front2008514-10a.jpg


frontzenkei2008514-3.jpg

こちらは黄~紫~ブルー系を中心に
blueg2008514-1a.jpg


blueg2008514-3.jpg

午前中は曇りだったので
早朝にはまだ閉じていたラプソディー・イン・ブルーが開いたところで撮影
frontzenkei2008514-7.jpg

この紫バラが咲きそろうのを待っていた
本当はここにブルームーンも加わる予定だったが今年は出遅れている
こうして並べてみるとミスティーパープルの顔色の悪さは絶品だなぁ
(この下では、同じくらいの顔色のブルーバユーがひかえてますが)
purpleroses2008514-1.jpg

夕暮れ時
ブルーガーデン東側より
side2008513-3.jpg

バラもおやすみ
purpleroses2008514-3.jpg

今日は咲くだろうと思っていたフェリシアとピエール・ド・ロンサールもここまで
felicia2008514.jpg pierre2008514-2.jpg

壁面のアイスバーグの開花状況は現在このくらい
wall2008514-4.jpg

wall2008514-5.jpg


バラ2008 | 15:28:56 | Trackback(-) | Comments(0)
天気予報でハラハラ
昨夜の天気予報では
広島県地方は『午後から雷雨で突風が吹くおそれあり』とのことだったので
今朝はいつもより早起きして鉢を避難させた
起きてみるとすでに雨が降っていて
えええええ、、、、グリーンスリーブスの花を雨に当てちゃったと悔やむことひとしきり;;
roses2008513-1.jpg

roses2008513-2.jpg

突風が吹いたらこのペネロープもダメになってしまうので写真を撮っておこう
penelope2008513-3.jpg

ところが、鉢を避難させてからはだんだん晴れてきて
やっぱり天気予報は当てにならないと思ったけど
結局3時ごろから急に雷雨到来・・・ちゃんと当たった、、

雨が上がったので鉢を元の配置に戻す
front2008513-5a.jpg

グリーンスリーブスも無事に緑色へと退色しつつある
花を雨に当てると花びらに赤い斑点が出てしまう可能性があるので
どきどきしながら管理中なのだ
greensleeves2008513-4.jpg greensleeves2008513-6.jpg

同じく花色の変化が美しいディスタントドラムスも開花中
distantdrums2008511-3.jpg distantdrums2008511-5.jpg
distantdrums2008512-1.jpg distantdrums2008512-6.jpg
distantdrums2008513-4.jpg distantdrums2008513-10.jpg

今年は樹形が上手く整ってくれた
distantdrums2008514-1a.jpg

昨日のウィリアムシェークスピアはここまで開花
shakespeare2008513-8.jpg


バラ2008 | 15:01:03 | Trackback(-) | Comments(2)
この春の新色
今までうちにはなかったタイプの色のバラがこの春やってきた
「ウイリアムシェークスピア2000」
口紅の宣伝だと”魅惑のローズレッド”といった感じかなあ~
一輪咲いても辺りがぐっと華やぐ
front2008512-3.jpg

shakespeare2008512-2.jpg shakespeare2008512-6.jpg

その斜め向かいでは
2度目の春を迎えた「ミスティーパープル」が
対照的な落ち着いた色合いで咲き始めている
mistypurple2008511-7.jpg mistypurple2008512-2.jpg
mistypurple2008512-5.jpg mistypurple2008512-6.jpg

この手のバラは難しそうだと覚悟していたけれど
結構元気そうで一安心
mistypurple2008511-1.jpg

front2008512-1.jpg


バラ2008 | 20:19:20 | Trackback(-) | Comments(2)
夢色のバラ
マチルダ
matilda2008511-5.jpg

matilda2008506-3.jpg matilda2008506-6.jpg
matilda2008508-2.jpg matilda2008508-6.jpg
matilda2008509-3a.jpg matilda2008511-1.jpg
matilda2008511-3a.jpg matilda2008511-4.jpg

グルス・アン・アーヘン
grus2008511-5.jpg

grus2008509-3.jpg grus2008511-1.jpg
grus2008511-9.jpg grus2008511-4.jpg
grus2008511-6.jpg grus2008511-7.jpg

grus2008511-10.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール
carriere2008511-4.jpg

carriere2008511-7.jpg

carriere2008511-8.jpg

carriere2008511-10.jpg


バラ2008 | 22:39:28 | Trackback(-) | Comments(0)
「ベト病トリオ」その後
バラが次々美しく咲く中
ここ3年ベト病で悩まされているうちの「ベト病トリオ」はどうなっただろうか

まずは
昨年株がカビだらけになったところへEM菌発酵液を塗布して以来復活しつつある「うすずみ」
3月に新芽が伸び始めたときには
今は元気でもまたそのうち葉っぱがぼろぼろになるのかなあ・・と思っていたが
usuzumi2008510-3.jpg

一つだけ残した花枝の蕾もここまで保たれてきているとなると
本格的に復活しているのかもしれない
勢いのいいシュートも伸びているし
usuzumi2008510-1.jpg usuzumi2008510-2.jpg


次は、この春、芽が出ることさえも危ぶまれたカーディナル・ド・リシュリュー
cardinal2008510-3.jpg

下葉に少し病気が出ているものの新芽はきれいに展開中
こちらは養生のために蕾を全部摘み取った
cardinal2008510-2.jpg cardinal2008510-1.jpg

そして、一番元気になったのはグラハム・トーマス
当初これだけの蕾を養う力があるのか心配したけれど
ここまでくればきっとみんな咲いてくれるだろう
graham2008510-2.jpg

茶色く汚れていない蕾を見るのは本当に久しぶり
もう感激ものだ
graham2008510-4.jpg graham2008510-3.jpg


<番外編>
以前はウドンコ&黒点&ベト病と、病気の問屋状態だったグリーンスリーブスも
今年はここまで調子がかなり良い
花を雨に当てないように塔の中へ鉢を移動させている
s-greensleeves2008509-6.jpg

s-greensleeves2008509-4.jpg s-greensleeves2008510-1.jpg


<番外編2>
・・・整列!!
tasogare2008509-2.jpg

johann2008510.jpg


バラ2008 | 20:08:33 | Trackback(-) | Comments(0)
白バラ三昧
いよいよ壁面のツルアイスバーグが本格的に開花しはじめた
wall2008509-11.jpg

wall2008509-5.jpg

wall2008509-1.jpg wall2008509-9a.jpg

その下でひっそりと咲くノイバラ
nobara2008509-4.jpg nobara2008509-2.jpg

ホワイトクリスマス
whitechristmas2008508-1.jpg whitechristmas2008509-1.jpg
whitechristmas2008509-7.jpg whitechristmas2008509-5.jpg

ペネロープ
penelope2008509-4.jpg

penelope2008506-1.jpg penelope2008508-2.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール
carriere2008509-2.jpg


バラ2008 | 23:18:49 | Trackback(-) | Comments(0)
「キャリエール」 「ピーチブロッサム」 「たそがれ」
マダム・アルフレッド・キャリエール
zenkei2008-508-2.jpg

zenkei2008-508-6.jpg

carriere2008507-13a.jpg carriere2008507-9.jpg
carriere2008507-15.jpg carriere2008507-8.jpg

変わった色のピーチブロッサム
peachb2008508-9.jpg

peachb2008508-1a.jpg peachb2008508-5.jpg

鉢バラも次々開花
zenkei2008-508-5.jpg

たそがれ
tasogare2008507-4.jpg

tasogare2008506-3.jpg tasogare2008508-4.jpg
tasogare2008508-1a.jpg tasogare2008508-6a.jpg


バラ2008 | 23:04:46 | Trackback(-) | Comments(0)
バラ強化月間
我が家の庭専属カメラマン氏が帰ってきたので
今日から『バラ強化月間シリーズ』スタートです
(要は、○○が咲きましたという報告)

第一弾は
夫が「このバラあんまり好きじゃない」というカクテル^^;
でも、赤いバラはピンポイントで使うとお庭がしまった感じになるし
早咲き&5弁花というところがわたしのお気に入りなのです
自然っぽい風景を演出するにもよろしいかと・・・
kakuteru2008506-2a.jpg

kakuteru2008506-4a.jpg

kakuteru505-2.jpg kakuteru2008506-3a.jpg

そして第2弾は
多分オールドブラッシュであろう「ごじゃりあん」
かなり美人で清楚
goja2008506-4.jpg

goja2008506-2a.jpg goja2008506-1a.jpg

goja2008507-1.jpg


*****

こちらは夫も結構気に入っているらしい
観賞用のオレガノ”ケントビューティー”
oreganokent507-2a.jpg oreganokent507-3a.jpg
oreganokent507-1a.jpg oreganokent507-6a.jpg

小型種ライラックが満開に
lilac2008506-2.jpg

lilac2008506-4.jpg


バラ2008 | 14:14:49 | Trackback(-) | Comments(3)
本日の特別指令
『ラプソディ・イン・ブルーを追跡せよ』

短時間で目まぐるしく変わるこのバラが咲く日は
毎年張り付いて写真を撮りまくることになっている
もうこれは特別任務
早朝からその気満々
一体カメラを抱えて何度出たり入ったりしたことか・・^^;
rhapsody2008506-1.jpg rhapsody2008506-2.jpg
rhapsody2008506-4.jpg rhapsody2008506-5.jpg
rhapsody2008506-3.jpg rhapsody2008506-8.jpg
rhapsody2008506-10a.jpg rhapsody2008506-32.jpg
rhapsody2008506-11.jpg rhapsody2008506-18.jpg
rhapsody2008506-12.jpg rhapsody2008506-24.jpg

rhapsody2008506-23a.jpg rhapsody2008506-29a.jpg

rhapsodyzenkeit2008506-2.jpg

蕾の数ははじめの4分の1くらいに減ってしまったけれど
まあこのくらいがちょうどよかったのだろう(ということにしようっと)
rhapsodyzenkeit2008506.jpg

いいシュートも伸びだしていることだし
これからいよいよ期待できそう
rhapsodyshoot2008506.jpg


バラ2008 | 20:57:00 | Trackback(-) | Comments(2)
曇りの日はシャッターチャンス♪
今日は一日曇りだったので
ピーチブロッサムの開いたばかりの姿を撮ることができた
peachb505-4a.jpg

peachb505-2.jpg peachb505-5a.jpg

昨夜の雨で花びらが一部傷んでしまったけれど
ほぼ完璧な花姿ではないかと見惚れてしまうホワイトクリスマス
whitechristmas505-6.jpg whitechristmas505-12.jpg
whitechristmas505-8a.jpg whitechristmas505-10a.jpg

しあわせ色のペネロープが美しい!
penelope505-1.jpg penelope505-3.jpg


バラ2008 | 20:47:03 | Trackback(-) | Comments(0)
キャリエールのシフォンケーキ
『シフォンケーキを作る時、最後に生のキャリエールをつんで混ぜ込んで焼くと
香りと食感を楽しめます』
と、先日BBSで教えてもらったので
マダム・アルフレッド・キャリエールがたくさん咲き始めたところで
シフォンケーキ担当の母にお願いして早速トライ~♪
carriere504-3.jpg

咲いたばかりの花を3つほど摘み取って混ぜ込んでみた
試食してみると・・・
carrieresifon2.jpg carrieresifon1.jpg

ちょうど紅茶シフォンのような風味に
ほんのりキャリエールの甘い香りが加わってとってもお洒落よ、コレ!!
こんなケーキを楽しめるなんてすっごい贅沢だわぁ(感涙)

*****

今日のホワイトクリスマスとザ・リーブ・・・ん?!違うなこれは、、、誰??
whitechristmas504-3a.jpg reeve504-4.jpg


バラ2008 | 18:47:36 | Trackback(-) | Comments(2)
ピーチ・ブロッサム
数年前までの不調がうそのように元気になったピーチブロッサム
peachb503-2.jpg

陽が当たると白トビしてしまうので
その前に開きかけを撮影
peachb502-3.jpg peachb503-5.jpg
peachb503-6a.jpg peachb503-8.jpg

再び陽が当たらなくなる夕刻には
せっかく美しく開いていた花も閉じかけている
peachb503-9.jpg peachb503-10.jpg

明日咲くであろうホワイト・クリスマスとザ・リーブ
whitechristmas503-2.jpg leave503-2.jpg

今年は例年より花も大きめで
かなり上手くいっている感じのバラたちだが
中にはこういうのもある・・・・
rapsody503-3.jpg

せっかくたくさんついた蕾がバタバタと倒れていくラプソディ・イン・ブルー
rapsody503-1.jpg rapsody503-2.jpg

初めは、蕾が多すぎるので自然淘汰されるのかなと思って摘み取っていたが
この勢いでは一体どれほどの蕾が残るのかと不安になってきた
バラゾウムシの被害でもなさそうだし
肥料やけか?あるいはもっと別の原因があるのか?

一方、こちらは今頃になって勢いづいてきたジュリア
今度こそ蕾がついているぞ~
julia502.jpg


バラ2008 | 18:45:07 | Trackback(-) | Comments(0)
ブルーガーデン東側5月2日
全景
blueg502-2.jpg

もっと近寄る
blueg502-1.jpg

のぞき込む
blueg501-7.jpg

小型種ライラックが咲き始めた
lilac502-1.jpg lilac502-2.jpg

花穂の上がってきたヒューケラ        シャガ
hyukera502.jpg shaga502.jpg

オキザリス                    タツナミソウ
okizarisu502.jpg tatsunamisou502.jpg

シシリンチウム                 ヒメウツギ
sisirintium502.jpg himeutsugi502-1.jpg

月見草に蕾                   まだ葉っぱだけのルリタマアザミ
tsukimisou502.jpg ruritamaazami502.jpg


庭つくり2008 | 15:38:27 | Trackback(-) | Comments(2)
次のページ
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
04月 « 2008/05 » 06月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.