クリスマスローズ”ニゲル”
ただ今満開です
そのうち種採りして増やしたいなあ・・
niger2009129-1.jpg

niger2009129-12.jpg niger2009129-3a.jpg

niger2009129a.jpg

niger2009129-6.jpg niger2009129-8.jpg

niger2009129-10a.jpg

niger2009129-9a.jpg niger2009129-11.jpg


スポンサーサイト
庭つくり2008 | 14:28:53 | Trackback(-) | Comments(2)
クサギ染め 2
昨日染めた布を使って、バッグを作成する
(右端に写っているのは、ついでに染めたレースのハンカチ)
kusagisome2009127-1.jpg

生成りのひもは染まらなかったため、結局こげ茶色の方を使った
自然の木の実で染めた雰囲気を出そうと
庭の中に持っていって記念撮影~
kusagisome2009127-4.jpg

裏地用布を一部アクセントとして表に使用
kusagisome2009127-7.jpg

かくして初めてのクサギ染めは無事成功♪
昔から、朝顔の汁でハンカチを染めたり
染料を買ってきてブラウスを染めたこともあったが
今回のクサギのように鮮やかに染まる様子を見るのは初めてのことだった
濃いブルーの染料液は
布が染まっていくとだんだん色が茶色っぽくなっていって
ブルーの色素だけがしっかりと布に移っていくのが面白い

こういうことは一度やるとやみつきになりそうで
今度は別の材料を使って別の色に染めてみたくなる
自然の中には面白いものがありすぎてきりがない^^

手芸 | 16:34:47 | Trackback(-) | Comments(4)
クサギ染め 1
2007年の秋
YOKOさんからクサギの実を送っていただいたバラ仲間のみなさんは
次々と素敵な作品を作って、うちの掲示板でも紹介してくださった
で、わたしも年が明けたらやるわよっ!と意気込んでいたのに
「何を作ろうか??」と迷っているうちに月日は経ち
気がつけばもう2年越し・・・一番遅くなってしまった、、、
何かもう宿題を残したままの子どもの心境だが^^;
このたびやっと作るものが決まったので今日からスタートです~

作るのは、娘のためのレッスンバッグで
生成りの帆布、取っ手用ひも、木綿のレース、そして裏地用に音符柄の木綿布を用意
kusagisome2009126-1.jpg

冷凍庫でねむっていたクサギの実を解凍する
kusagisome2009126-2.jpg

水に入れて煮出すこと20分
これをこすと、きれいな濃いブルーの染色液ができた
kusagisome2009126-3a.jpg kusagisome2009126-4.jpg

染色液に布を浸すと、見る見るうちに染まっていく
このまま30分煮て
kusagisome2009126-5.jpg

色が出なくなるまで水で洗い流す(3回もすすげばもう色は出なかった)
元々、黄色味の強かった裏地布は、緑っぽい色に仕上がった
kusagisome2009126-6.jpg

一方、帆布とレースはきれいなブルーに染まったが
取っ手用のひもはほとんど染まらなかった
え~、なぜなんだろう??
kusagisome2009126-7.jpg

明日、生地が乾いたらバッグ作りをはじめます

手芸 | 20:47:12 | Trackback(-) | Comments(2)
雪の朝
blueg2009124-2.jpg

今朝の最低気温はマイナス2度
日中の気温も4度までしか上がらず
さむ~い一日となった

寒いのはすごく苦手なのに
雪が積もると
どうしても写真だけは撮りたくなる

子どもの頃は雪が大好きだった
多分その気持ちだけは
今も変っていないのだろう


blueg2009124-3.jpg

blueg2009124-1.jpg

lavender2009124-1.jpg

昨日のラベンダーも雪化粧

庭つくり2008 | 20:10:12 | Trackback(-) | Comments(4)
ラベンダー2種
デンタータ
lavender2009123-1.jpg lavender2009123-2.jpg

キューレッド
qred2009123-2.jpg qred2009123-1.jpg


庭つくり2008 | 20:53:51 | Trackback(-) | Comments(2)
ドレス作り日誌 7~完成!
dress2009122-6.jpg
ちょうど一週間で
今回の赤いドレス無事完成~♪

このたびのデザインはローウエストで
上半身がすっきり見えるようにしたかったので
その点結構上手くいったと思う

そして
着る娘にとっても
今回のドレスは実に軽くて
歩きやすいところも良かった
また
これなら持ち運びも楽だろう

今後は
背中にリボンを足して
ヘア飾りも何か作る予定だが
まだデザインなどは決めていない


dress2009122-1a.jpg dress2009122-2b.jpg

dress2009122-4.jpg

ドレスと同じシックな赤色バラのネックレス

同じデザインのブレスレットもある





今回は中程度の堅さ(50番)のチュールをペチコートに使ったが
スカートが適度にふんわりしてちょうどよかった
そして
「このドレスを着て舞台に立つ時までに
ぜひともプリンセス風のおじぎをマスターしておいてね」
とのわたしのリクエストに答えてちょっとやってみる・・・
うーん、とりあえずまだ時間はあるのでこれから研究研究。。^^;
dress2009122-5a.jpg dress2009122-3ab.jpg


手芸 | 21:35:22 | Trackback(-) | Comments(6)
ドレス作り日誌 6~チュール地でペチコートを作る
スカートに張りをもたせるために、チュール地でペチコートを作る
色は、本体生地の裏色に近い黒にした

ペチコートはスカートと同じ型紙を使って、少し短めに作り
スカートの裏側に留めつける
dress2009121-1.jpg dress2009121-2.jpg

今までチュール生地というものを使ったことがないので
布を買いに行った段階で、堅さが3種類(20番、50番、70番)あることを知り
生地を前にしばらく考え込んでしまった

まあ、悩んでいても仕方がないので
ここはとりあえず中間の堅さの生地(50番)を選んでみたが
さあ、できあがりはどうだろうか?

いよいよ、明日完成の予定です~

手芸 | 19:08:02 | Trackback(-) | Comments(2)
ドレス作り日誌 5~全体像(まだ未完成)
dress2009120a.jpg

上身ごろとスカートを合体させ
すそも仮縫いして
さあ、試着た~いむ♪

このドレスは
上身ごろとスカートのつなぎ目が
カーブを描くデザインなのだが
着てみると
一部引きつっているところを発見

それと、前だけすそが長い

この2点を改良すれば
結構上手くいっているみたいで
ひとあんしん^^

次は
チュールでアンダースカートを作り
このスカート部に張りをもたせるようにする

手芸 | 20:29:08 | Trackback(-) | Comments(2)
ドレス作り日誌 4~スカートの作成
dress2009119-1.jpg

スカート部分の布を裁断し
縫い始める

今回の生地も
かなりほつれやすいので
急いで端を始末しなくてはならない
ひたすらジグザグジグザグ、、、

とりあえずパーツを全て縫い合わせ
スカートの形になったところで
本日の作業はおしまい


dress2009119-2.jpg

この生地のもうひとつの難点は
チャコペーパーでつけた印が
さわるたびにどんどん落ちてしまうこと(汗)

印が消えないうちに
明日は上身ごろと合体させる予定

手芸 | 21:08:12 | Trackback(-) | Comments(0)
バーク堆肥マルチ
11月12日の日記に書いた「ワイン酵母発酵液」を
掃除してきれいになった庭全体にたっぷりまき
土の出ているところはバーク堆肥でおおった
fence2009118.jpg

あっちもこっちも黒々~~
blueg2009118-2.jpg


blueg2009118-1.jpg


purpleshade2009118.jpg

クリスマスローズ
”パープルシェード”の花芽が
ぐんと伸びてきた

庭つくり2008 | 13:15:30 | Trackback(-) | Comments(0)
やっと庭仕事始め
pansy2009116.jpg
今日は
今年初めての庭仕事&水やりをする

年末から咲き始めた
頂き物のパンジー”ブルーシェード”は
ゆっくりゆっくり花を開いて
ひらひらの花びらになってきた

年明けまではきれいだったランタナや
オキナワスズメウリも
寒波で一気に枯れこんできたので
急いで片付けた

以前、庭に有機物を投入しすぎて
腐敗菌を蔓延させてしまった苦い経験から
ここ数年は堆肥類はほとんど与えず
有機肥料も控えめにしてきたが
今年はバーク堆肥でもまいてみようかと考え中


okisuzu2009116b.jpg suisen2009116a.jpg

庭つくり2008 | 21:40:28 | Trackback(-) | Comments(0)
ドレス作り日誌 3~上身ごろ完成
袖の生地がかなり薄いため
昨日は袖を二重にすることも考えていたが
せっかくの透け感がなくなるのは惜しい、、、
というわけで
本体生地でバイアステープを作り、そでぐりを補強することにした
dress2009115-2.jpg dress2009115-3.jpg


dress2009115-1a.jpg

これで上身ごろはほぼ完成

つづきは週明けから

手芸 | 21:34:38 | Trackback(-) | Comments(2)
ドレス作り日誌 2~上身ごろ仮縫い
まず身ごろ部分だけ縫ってみた
リボンテープと袖は置いただけ
dress2009114.jpg

うーん、、、
雰囲気は理想通りなんだけど
袖部分の生地があまりにデリケートで
着脱時に破れてしまうのではないかと不安になってきた
やっぱり内側に本体の生地でもう一枚袖を作ろうかなあ・・・



手芸 | 18:55:51 | Trackback(-) | Comments(0)
ドレス作り日誌1~準備
dresscloth2009112.jpg
娘の赤いドレスを作るべく
布地探しに出かけると
何とも素敵な
ダークレッドの生地に出合った
娘もわたしも一目ぼれで即決定

見る方向によって
赤くあるいは黒く輝き
それはそれは魅力的だ
お店の人もカットしながら
「衣装ですか?すごく素敵な色ですね」
と言う

今回イメージするのは
”シックな大人の赤”
でも、十代の娘が着るには
この生地だけでは
重い感じになってしまうだろう
そこで、そでだけは
同系色の刺繍入りオーガンジーを
使うことにした
これで大人色を少し柔らげたい


衣装の出番は6月の高校合唱祭なので
別に急いで作る必要はないけれど
一年間で今の時期がわたしは最も暇だし
娘の方も
衣装があると”その気”になりやすいだろう

このたび歌う予定の『カルメン~ハバネラ』は
聞けば「ああ、あれか」と
誰でも知っているような有名な曲だが
先生からも
「これを歌うにはテクニックも年齢も不足」と
あらかじめはっきり言われているとおり
十代の少女が歌うような曲ではなく
いわゆる熟女向きだ

じゃあ何でわざわざそんな曲を選ぶのかとわたしも思ったが
伴奏をしてくれるピアニスト志望の同級生から
娘に「赤いドレスを着てこれを歌って!」と
随分前からリクエストされているかららしい
共にこれから音楽の道に進もうとする二人が
高校生活最後の思い出に思い切り冒険するには
この曲は案外ぴったりなのかもしれない

前回、若草色のドレスを作ったときには
ひたすら可愛く、可憐なイメージでと思ったが
今回のは甘すぎないイメージで、なおかつ上品に
でも、十代の若さも活かしたい
今そんな思いが頭の中を巡っている
こうしてわたしも娘達の活動に参加しているような気分なのだ

dresspre2009112.jpg

今回のドレスのポイントは
上半身のラインを
すっきりきれいに仕上げること
そのために余り布で試しぬいをして
それを何度も補正しながら
一応基本の型紙が出来上がった

手芸 | 09:33:14 | Trackback(-) | Comments(4)
成人式
blueg2009112-1.jpg

今朝、地域の『ゴミ当番』
(収集日の7時~30分間指定場所に立つ見張り当番)
に当たっていたわたしは
今日は寒いぞ~と覚悟しつつ
背中にカイロを貼り付けて出かけた
はじめはちらほらだった雪はやがて本格的になり
30分が経つ間寒いのなんの~~~@@

そんな寒~い朝
息子は成人式に出かけていった
昨夜は、卒業以来
はじめて行われた中学校の同窓会に出席し
懐かしい顔ぶれに再会
とは言っても
息子は地元のコンビニでバイトしている関係で
結構色んな人には会ってるらしいけど


このところネクタイの結び方も上手くなり
今朝は長さもバッチリ決まったよと満足げに報告する
この辺のこだわりようは父親にそっくりだ
それにしても女の子だったら晴れ着の用意とか色々大変なんだろうけど
男の子は大学の入学式の時のスーツで行けるから気が楽だなあ

晴れ着と言えば
今から27年前のわたしの成人式の時には
この地域では振袖着用が禁止されていた
各家庭の事情に配慮した結果であり
個人的にはあれはあれで良かったと思うが
いつの間にかまた振袖が復活して現在に至っている

で、27年前の成人式の日のこと
お気に入りの紺色のワンピースを着て行き
服装は特に問題はなかったが
正直言って行かなくてもよかったなと思った
わたしは地元の公立中学校へいかなかったので
こういう場へ出ても居場所がない
会いたいと思っていた友人は来ておらず
小学校の時の先生にだけ挨拶して
終わるのを待ちかねて会場を後にした

その10年前
夫は成人式でもっとやり辛い思いをしていた
4月1日生まれの夫は
日本の定める学年区分上、前年の4月2日以降に生まれた人たちと同じ学年だった
つまり、同級生の中では一番年下だ
ところが、成人式の案内は同級生とは同じではなく
次の学年の子たちと一緒にされた
会場へ行ってみれば居るのはかつての下級生ばかりだ
世話役のおばさんからフォークダンスに参加しろといわれた段階で
こんなのは御免だとばかりすぐに帰宅したという

というわけで、夫もわたしも成人式に対する印象は決して良くないが
息子を見る限りでは
地元の中学校へ行き、今も地元に居て
昔の同級生と会っても特に気を使うこともない
それを息子自身がどう思っているかは知らないけれど
わたしはとても幸せだなと思う

いや、何が幸せといって
ここに居ることについて、その過去に忘れたいほどの嫌な思い出があるわけでも
なにかわだかまりがあるわけでもない
かつて夫はこの町で”めくらの子”とからかわれて育ったが
その子どもの世代になると、過去はすでに消え去っているのだと実感するのだった

julia2009112-2.jpg

日々の暮らし | 09:51:28 | Trackback(-) | Comments(5)
ブルームーン
bluemoon2009109-2.jpg
bluemoon2009107-1a.jpg bluemoon2009107-3a.jpg

ジュリア
julia2009109-1a.jpg

バラ2008 | 19:50:45 | Trackback(-) | Comments(0)
ジュリア
julia2009107-3.jpg




元旦には
まだ開きかけたばかりだったが
寒さがゆるんだところでここまで開花

この時期に
ジュリアが咲いているなんて
とっても幸せ気分~♪












julia2009107-2a.jpg julia2009107-5a.jpg

julia2009107-7a.jpg julia2009107-6a.jpg

*****

娘の赤いドレスを作るための型紙が届いた
腕を出さないことにこだわるので
そで付きの型紙を探すのに一苦労~~

katagami2009107.jpg




バラ2008 | 14:06:49 | Trackback(-) | Comments(0)
本格始動の前に
年末年始の一連の行事が一段落し
あらためて2009年が始まったことを実感する今日この頃
毎年の事ながら
12月のドタバタが過ぎ、年が明けてしばらくすると
ホッとするついでなのか
昔のこと、これからのこと、色んなことを考えるようになる

つい一ヶ月前には、ちょうどクリスマスの準備を進めながら
夫と前年のクリスマスの出来事について何度も話していたものだ
一昨年、11月から体調不良が続いていた夫は
12月半ばから高熱を出し、そのうち夜中に背中に激痛が走るなど
尋常ではない状態に陥っていた
それでも自然に痛みはおさまり、熱が下がればまた普通になる
クリスマス礼拝の3日前にはまた熱が出たが
風邪薬を飲むと熱は下がり、テーブルセッティングの打ち合わせをしたり
急の来訪者の相談に応じるなど
表面上は普段と変らない様子に見えた
でも、夫はすでにたくさんの病気を経験しているせいか普通の人よりも痛みに強く
すごく悪い状態でも、本人はそうでもないと思ってしまう傾向がある
だからその日わたしは夫に強く勧めたのだ
「明日病院へ行ってみよう。わたしが車で送るから」
通常ならば、熱もないのに病院へ行くなど夫にとっては考えられないことだったが
ひとりで行くなら適当に行ったふりをしてごまかせても
わたしがついて行くのでは仕方がないと、翌日しぶしぶ出かけることになった

当日、長い検査が終り、診察室に夫が呼ばれたが
なかなか終わらないのでどうなっているのだろうかと思っていると
今度は看護師さんが出てきてわたしに告げた
「今から入院してもらいますから準備してきてくださいね」

・・・え?!・・・入院??!!
驚愕したわたしはすかさず言った
「今すぐですか?!あさってのクリスマスがすんでからじゃダメでしょうか・・・」
すると看護師さん、すでにそれは夫から聞いていたようで
「ええそれはわかりますが事態は深刻ですからね。とにかく今すぐお願いします」
と、まったく選択の余地なしという感じで
入院のパンフレットを持ってきて説明を始めてしまった

万事休す・・・これはもうひとりでやるしかない
呆然としながらも覚悟を決めているわたしのところへ夫がやってきて
「大丈夫か?」と聞く
「全然大丈夫じゃないけど仕方ないでしょう」とやっとのことで苦笑い
かくして、わたしははじめてクリスマスを全部自分で仕切ることとなった

実のところ夫の病状は深刻で
肝臓の細胞は通常の100倍もの速度で壊れており
敗血症を起こす一歩手前までいっていた
つまり放置すれば死に至る可能性大だというのに
それを聞いてもなお「クリスマスが終わるまで待ってもらえないか」と食い下がること自体どうかしている
せっかく「明日病院へ行こう!」と勇んで連れてきておきながら
自分に重責がかかるとわかったとたんコレだ
もう良妻の株大暴落じゃないの?!!(えっ、ダレがリョウサイって?!^^;)

結局最後は自分がかわいいんだなあ・・と
わかってはいても、ダメ押しされたようで
その時のことを先月のクリスマスまで夫と何度も話しながら
今後はぎりぎりいっぱいのスケジュールを組まず
準備も内容も余裕をもって計画することを自分に言い聞かせた

あの入院騒動から一年が経ち
このたびのクリスマスは本当に平穏無事に過ぎていった
前年には、夫の仕事が急に全部わたしに回ってきたものだから
わたしができなくなった分の仕事は子ども達に丸投げされ
十分な説明もされないまま彼らも四苦八苦したと思うが
その時の経験が次の機会に生かされていたのは間違いない
いつも思うことだけど
何か困ったことがあると、そこには必ず成長も伴う

昨年の今ごろは、今度はわたしが体調を崩していたが
今年はおかげでかなり元気だなあと思う
さあ、そろそろ庭仕事もしたいし、明日は娘のドレス用の新しい型紙も届くし
まずは事務関連の用事を済ませてから
本格的に2009年をスタートさせよう~

日々の暮らし | 22:08:03 | Trackback(-) | Comments(4)
オキスズのミニアレンジ
新年の花を活ける時
母は庭でまだ健在のオキナワスズメウリを採ってきて
千両や他の実と一緒にミニアレンジを作っていた
arenji2009103-1.jpg

クリスマスにもお正月にもいけるオキナワスズメウリ
今年もぜひ育てたい


庭つくり2008 | 23:13:13 | Trackback(-) | Comments(0)
A Happy New Year !
20090101top


日々の暮らし | 00:01:00 | Trackback(-) | Comments(6)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12月 « 2009/01 » 02月
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.