雨続きの日々 2
blacktomato2009727.jpg
今日は久しぶりにお日様も出て
夏を実感させる一日となった

たわわに実ったトマトは
収穫が始まった頃から雨続きで
雨が当たると実が割れてしまうため
熟す前に採らざるを得ない状況が続いている

この黒トマトも
一度は真っ黒に熟した姿を見てみたいのだが
いまだに渋い赤色からの変化を見ていない
それでもさすがフルーツトマトだけあって
完熟じゃなくても結構甘くておいしいと思う

それにしても
毎日あれだけひどい雨が降ったのに
今年の野菜はわりとダメージが少なくて
母も安堵している

ただ、この錦糸瓜(そうめん瓜)だけは
ウドンコ病の広がっていた葉っぱが一気に落ちて
収穫予定日までのあと10日間が不安な状況だ
kinshiuri2009727.jpg

実は、写真には写っていないけれど、ツルの先にはまだ葉っぱが結構ある
でも、本には「瓜は下葉8枚が必要」と書いてあるので
この下葉を完全に失った状態でどうなるのか
すでにここまで実が大きくなっていれば問題ないのかどうか
実際に実を収穫して割ってみるまでドキドキの日々~

スポンサーサイト
庭つくり2009 | 21:48:47 | Trackback(-) | Comments(2)
雨続きの日々
prince2009726-3.jpg



プリンス・チャールズ 3番花









combo2009726-1.jpg




コンボルブルス







felicia2009725.jpg




フェリシア

以前のウドンコ病は落ち着いた




daria2009725-1.jpg



同じ株から全然違った色の花が咲いた


前回の花↓

daria2009719ab.jpg




庭つくり2009 | 16:01:08 | Trackback(-) | Comments(2)
青春賛歌 8~移り行く時代の中で
このたび
娘の高校の最大の魅力である「自由選択制」が来年から廃止されると聞き
少なからず驚くと共に
ついにあの学校もこれでごく普通の高校になってしまうのかぁ・・と非常に残念に思っている

この高校で自由選択制が導入されたのは平成10年のこと
広島県内では4つの普通科高校がこの制度を採用しており
一般の普通科に比べ選択科目の割合が40パーセントもあることで
それぞれの進路に応じた個性的なカリキュラムが組めていたのだが
来年度からは、広島県内においてすべてこの制度が消えてしまい
国公立大学に何パーセント合格するとかナントカの
いわゆる『進学実績』を重視する方針に統一されていくようだ

そもそも公立高校に進学実績を競わせて何の意味があるのかと以前から思っているのだが
進学実績を上げるために、本人の希望とはかけはなれた進路を勧められるなど
何かとても不自然な現象が起きていることに
ゆとり教育崩壊後、ますます教育界が混乱していく様子が見て取れる
『子どもひとりひとりの個性を重視』との理想をかかげながら
日本の教育制度の現実はそれとはかなり程遠い、、、

そんな移り変わりの激しい時代の中で
自由選択制によって豊富に用意された選択科目から
音楽の専門的な授業をほぼ毎日受けながら音大受験の準備をする一方
毎週調理実習で色んな料理を覚えるなど
合理的かつ有意義で楽しい高校ライフを送ってきた娘は実に幸せだと思うし
このめぐり合わせに今あらためて感謝している

さて、夏休みを目前に、娘はついに縮毛矯正によるストレートヘアを手に入れた
昨年の夏以来、自宅でわたしが施術すること2回
前髪部分だけはかなりまっすぐになったが
後ろの、特に内側のクセがきつい部分はどうしてもまっすぐにならない

「高校生の間に、一度は髪を下ろして学校に行ってみたい」

そんな娘の切なる願いをかなえるべく
ついに美容室へ行く決心をしたのだった

以下、髪型の変遷

なにもしていない時代の髪
濡れるとくるくる~~                 乾くと爆発!!
mizuhohair2008_1.jpg mizuhohair2008_2.jpg

10月 自宅ではじめて全体に縮毛矯正をかけてみる
結構ボリュームダウンした
mizuhohair20081005.jpg

3月末 再びチャレンジ
かける前                        
hear2009330-1.jpg

かけた後                   かなり落ち着いて扱いやすくなった
hear2009331-2.jpg hear2009331-1.jpg

このままの状態でも、髪をアップにするのであれば問題ないが
下ろしたスタイルは、ヘアワックスなどを使わないと広がってしまうので無理だ
髪に何かつけてべたべたするのは嫌いだし
何より敏感肌の娘は、何をつけてもかゆくなる

かきあげると、指の間をするすると髪が流れ落ちるような
そんな憧れのストレートヘア
それが、このたびやっと現実のものとなった!

      

   ↓
                         
   ↓


濡れても                        乾かしてもまっすぐ!
mizuhohair2009721-1.jpg mizuhohair2009721-2.jpg

所要時間は3時間あまり
その間、二人の美容師さんがせっせと作業する様子を娘はずっと観察していた

「やっぱり家でやるのとは全然違ってたよ」と
その工程をわたしに説明しながら
「プロってすごいよね~」と改めて感心する娘
そして、数ヵ月後には、そのコツを生かして
伸びてきた部分をまた自宅で矯正してみようと企む二人なのだった^^

かくして、憧れのストレートヘアになった娘は
「これで寝ぐせとかも経験できるかな?!」と嬉しそうに言う
今までの自分の髪では、”寝ぐせ”とか、”はねる”とか全く無縁だったわけで
通常は迷惑なはずの寝ぐせに、憧れている人がいることに驚いた@@
また
「毎日のシャンプーとかセットとか、どのくらい楽になった?」と聞くと
「う~ん、6千倍かな!」だそうだ

明日は終業式で、これから約一ヶ月の夏休みが始まる
コンクールの準備にアルバイトにと、高校最後の夏は忙しく過ぎていく、、

日々の暮らし | 15:02:21 | Trackback(-) | Comments(2)
ミソハギ
移植して以来たくさん咲くようになったミソハギが今年も咲きはじめた
misohagi2009719-1.jpg

ヒマワリ                        バーバスカム
himawari2009719.jpg babasukamu2009719.jpg

ジニア
jinia2009718.jpg

ダリア
daria2009719.jpg


*****

今日は娘と手芸店へ行き、素敵な布に出会った♪
早速バッグを作成~
bag2009719-1.jpg

反対側は柄の出かたが異なり雰囲気も違う
bag2009719-2.jpg


庭つくり2009 | 21:44:35 | Trackback(-) | Comments(3)
ダリア
頂き物のダリアが咲いた
ダリアといえば結構派手なイメージがあったが
この花色は落ち着いていてなかなかいい
(夫いわく『お供え物のお菓子みたいだな』・・・あはは、ホントそんな感じ^^)
daria2009715-2.jpg

昨日の様子
daria2009714.jpg

ミックス種のヒマワリ(先日のとは種類が違う?)
himawari2009715.jpg

ジギタリス
jigitaris2009715-1.jpg jigitaris2009715-2.jpg

サルビア                        ルリタマアザミ
sarubia2009715-1.jpg ruritama2009715.jpg

ブルーガーデン
blueg2009715-1.jpg


ジニア
jinia2009715a.jpg

ライムグリーン
limegreen2009715.jpg

ミニトマト”アイコ”のわき芽を挿して作った苗にもたくさんの実が生っている
aiko_sasime2009715.jpg

黒トマトは実がつきすぎ?!
(黒く熟すまで置いておくと雨で腐ってしまうので、色づき始めると早めに収穫中)
blacktomato2009715.jpg


庭つくり2009 | 15:37:36 | Trackback(-) | Comments(2)
ひまわり
生垣花壇のヒマワリが咲き始めた
大きな花が咲く品種は好きではないが
小ぶりな花で生け花にもできる程度のヒマワリだったらいいかなと
土壌改良目的もかねて種をまいたものだ
himawari2009713.jpg

小ぶりというにはちょっと大きな花だけど^^;   同じ花壇のアルゲモネホワイト
himawari2009713-2.jpg arugemone2009713.jpg

↑ここのアルゲモネは雨が続いても葉っぱがきれいだが
別の花壇に植えたものは早々に下葉から腐ってしまった

下葉といえば
ヒマワリも下葉からどんどん枯れてしまう
himawari2009713-3.jpg

バラは現在順調に新芽が伸びている
peachb2009712-2.jpg

ピーチブロッサムは3番花
peachb2009712-1.jpg

すっかり葉っぱを落としていたカラーブレーク
colorbreak2009711.jpg

フェリシアも回復中
felicia2009711.jpg


庭つくり2009 | 12:51:34 | Trackback(-) | Comments(2)
青春賛歌 7~パソコンとの出会い
このたび息子がわたしのために自作パソコンをプレゼントしてくれた
格安のアウトレット商品を使って極力低価格に抑えたというが
これがなかなか優れもので驚くほど速い!@@
わたしは基本的に機械オンチだから
PCもとりあえず使えたらいいか~というタイプなのだけれど
画像処理をする時だけは、速度が欲しくなる
で、その希望を伝えたら、かなり能力の高いものを用意してくれたようだ
いや~、実にありがたいありがたい^^
pc2009712a.jpg pc2009712-1a.jpg

昨夜は、わたしがこの新作PCでさっそく作業をしている間
息子は傍で、古いPCを分解し始めた
このPCは2001年製で、だいぶ前からCDドライブが故障していてディスクが回らないのだが
今度パーツを買ってきて修理してみようという気になったらしい
最近はすっかりPC製作にハマっている関係で
今度は修理もやってみたいと分解作業を始めたものの
途中で部品が外れないところがあり(何しろ古いものなので)、そこへ夫が参戦してきた
夫もちょうど同じ部屋でズボンの修理をしていたが
(注:ミシンだけはわたしがかけた←ココ強調^^;)
息子の作業を眺めていて、機械好きの血が騒いだのだろう
かくして父と息子の共同作業はしばらく続き
壊れた部品を取り外してもう一度元通りに組み上げてスイッチを入れると
無事に立ち上がり、一件落着と相成った
(実は組み上げたあとでネジが余っていたらしいが・・・^^;;)

わたしがはじめてパソコンを購入したのはちょうど10年前のこと
当時息子は小学6年生、娘は3年生だったが
親も自分が使うことが精一杯、なかなか教えるまではできなかったので
子どもたちはそれぞれ独学で使い方をマスターしていった
特に娘はまだローマ字を知らなかったため
とにかくパソコンが使いたい一心で一生懸命ローマ字を覚えたものだ
その後、学校教育にもパソコンが導入されるようになる頃には
彼らはすっかり使い方にも慣れていて、周りの友達に教えるようになっていた

こうして一般家庭にパソコンが急速に普及し始めたと同時に
インターネットのもたらす悪いうわさが広まり
子どもにパソコンを使わせることを躊躇する親もあったが
わたしは自分で実際に使ってみて、こんな便利なものを使わせないのはもったいない
また、これからは必ずパソコンが必須の時代になるだろうから
できるだけ積極的に使わせたいとの願いがあった
それでも、短期間にこれほど人々の生活の中にパソコンが普及するとは想像しなかったけれど
結果として子どもたちは、パソコンによって「遊び」と「学び」の場を手に入れ
今や学校でもプライベートでも、パソコンなしの生活は考えられない

今日は日曜日だが、娘はワープロ検定を受けるため学校へ出かけていった
今まで「検定」と名のつくものは何も受けたことがなくて
ひとつくらい履歴書に書ける資格があればいいかなということで受けに行ったが
今回は初めてなので2級を受験し
卒業までには1級も取得したいと願っている
レベルとしては、タイピングは非常に速くて
通常でも10分1000文字以上の入力をこなし、調子がよければ10分1300文字いけるので
10分700文字入力が課題の1級レベルにはすでに到達しているらしい
(ちなみに今日の検定では1100文字超えだった)
こればかりは例え親ばかと言われても、それでも速いのよ~と、傍で見ていても驚くほどなのだ
しかも、同じ1000文字でも娘はローマ字入力だからキーを打つ回数は倍になり
その上、漢字変換まで入ってくるとさらに打数は増える
ただ、ワープロ検定は単なるキーボードの早打ち大会ではなく
地図入力などの課題もあるため
図形作成はまだ勉強不足の娘は今回は1級受験を見合わせることになった

一方、すでに大学で日常的に数式や図形やグラフなどパソコンで打ち込んでいる息子は
手書きをすることがもはや稀なことになっている
昔からどうしようもなく手書きがヘタな彼だから
小学校の時は『あゆみ』にいつも”字をきれいに書きましょう”と書かれていたけれど
それも今となっては遠い過去の思い出だ

さて、一昨日こんなニュースが載っていて、わたしは少なからず驚いた

   『小学生~高校生を対象とした放課後の生活時間調査 速報
   6割が「忙しい」「時間を無駄に使っている」を肯定』

   ・「時間をむだに使っていると感じる」を肯定するのは59.4%
    (小46.5%、中63.6%、高69.4%)。
    中学生になると時間の使い方に不満を感じる子が急増する。」


小学生が時間の無駄とか一体何を基準に判定しているのだろう?
わたしが小学生の頃には、そんなこと考えたこともなかった、、

昨今は
「わたしは何のために生れてきたのだろう」
「生きている意味がわからない」などと考える子どもが増えている
それは根底に自分の存在を無駄だと感じる、一種の被害妄想的な思いがある一方で
あなたは必要なんだよと言ってもらいたいとの願望があるからだが
そもそも、この世に生れて無駄な人などいないのに
”無駄の基準”をどう考えるかによっては、人は簡単にウツ状態になってしまう

先週、大学の『進学・就職ガイダンス』に参加した息子は
そこで色々な話を聞いた結果、ずっと決めかねていた自分の進路を「進学」に定め
「”人生の夏休み”をもうちょっと延長することにしたよ」と言った
なるほど、大学時代はちまたで”人生の夏休み”と表現するらしく
それぞれどう過ごすか非常に自由な時代だ
何が無駄で何が有意義なのかは、人生が進んでみないとわからない

娘が今後ワープロ検定で1級まで取得したとしても
この資格が就職につながることはないらしく
だからといって受験が無駄とは思わない
それが彼女の人生にとってどれほど役に立つのかは全くの謎だが
それでもキーボードの早打ちそのものは娘にとって実に気持ちのいいもので
やはり小学生の時からカタカタやってきたことは彼女にとって良かったと思う

日々の暮らし | 20:57:32 | Trackback(-) | Comments(2)
夏野菜
ひどい湿気でバラの葉っぱはボロボロだが
夏野菜の方は今年はかなり調子がいい
特に以前は上手くいかなかったナス栽培が好調だ
(写真のナスは、左が普通のナス、右は水ナス)
shukaku2009707-1.jpg

採れたての野菜はツヤが違うなあ^^
shukaku2009708-1.jpg



日々の暮らし | 23:17:36 | Trackback(-) | Comments(3)
ブッドレア”ウェイエリアナ”
今年もブッドレアが咲く頃になった
このウェイエリアナは小型種で
庭の中にコンパクトにおさまるのがいい
blueg2009707-2.jpg

そして、何よりこの花姿が実にキュート♪
weyeriana2009707.jpg

遅くから苗を買ったジギタリスもようやく咲き始めている
jigitarisu2009707-2.jpg

この花は、何と言うか自己主張しすぎて
うちの庭の中ではちょっと浮いてしまうと思うが
生垣花壇はこのくらい派手目な花でもOK

バラ2009 | 20:19:40 | Trackback(-) | Comments(0)
梅雨のバラ 8
バレリーナ
ballerina2009705-2.jpg

ballerina2009705-1.jpg

ブラスバンド
brassband2009705-2.jpg brassband2009705-1.jpg

ミスティー・パープル
misty2009704-2.jpg

・・・とまあ、きれいなところだけ写せば結構良好に見えるバラだが
現実はというと
どしゃぶりの雨とひどい湿気で葉っぱはボロボロになり
すでにひどくダメージを受けているものも目立つ

ちびっ子カマキリの住みついているローゼンドルフ・シュパリスホープも
rosendolf2009705-4.jpg

照り葉で丈夫なはずの葉っぱがヨレヨレに、、
rosendolf2009705-1.jpg rosendolf2009705-3.jpg

黒点病もかなり蔓延している
tasogare2009705.jpg

梅雨の間に葉っぱを落としたバラが
今度は猛暑で芽も出ないまま秋まで裸苗・・・なんてことが以前はよくあったが
本格的な夏が到来するまでに
何とか新芽が動いて復活して欲しいところだ

一方、十分な雨を得て草花は元気
アガパンサス
agapansasu2009705.jpg

ニコチアナ
nikotiana2009705.jpg

オレガノ”ケントビューティー”
oregano2009705.jpg

サルビア
sarubia2009705-1.jpg sarubia2009705-2.jpg


バラ2009 | 21:02:41 | Trackback(-) | Comments(0)
梅雨のバラ 7
3日降り続いた雨もやんで
今日は久しぶりにお日様を見ることができた
雨に打たれたバラは花びらが透けていて
今朝はまず傷んだ花を摘み取る作業から始まった
rococo2009702.jpg brassband2009702.jpg

あれだけひどい雨が続くと
以前なら葉っぱが次々腐って散るなど随分ダメージを受けていたが
このたびは何とか持ちこたえている
朝はうなだれていた開きかけの花も、午後にはきれいに咲いていた

たそがれ
tasogare2009701.jpg

ピエール・ド・ロンサール
pierre2009701-1.jpg

pierre2009701-2.jpg

グルス・アン・アーヘン                バレリーナ
gruss2009702.jpg ballerina2009702.jpg

庭の倒れた草花も整理し
アジサイを短く剪定すると、大型コンテナが久しぶりに顔を出す
ここに植えたジギタリスが
いまだに葉っぱばかりで花穂が伸びてこないのが気になっているのだが・・
kontena2009702.jpg

桃色キキョウ                      百日草
kikyou2009702.jpg jiniapurple2009702.jpg

あ~、チビッ子カマキリ発見♪
rosendolf2009702.jpg rosendolf2009702-1.jpg


バラ2009 | 22:07:50 | Trackback(-) | Comments(2)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06月 « 2009/07 » 08月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.