バラ作業 2月24日
昨年、「炭素循環農法もどき」を実施する際
一番問題になったのが「微生物のエサ」だった
理想はイネ科の緑肥作物を育てて使うことだが
現実にはそれだけではとても足りず
剪定枝葉なども混ぜて使ううちに
高温過湿状態になった時には腐ってしまった
更には、微生物のエサにすべく入れたこれらの有機物を狙い
コガネ虫がやってきて産卵
ここ数年は全く見なくなっていた大きなコガネの幼虫がゴロゴロでた、、、(泣)

さあこの先どうしたらいいのかと考え込んで、母がふと見つけたのが
パウダー状になった『くびっ竹』という資材だ
竹は微生物のエサになる糖分が多く
これを粉砕加工することによって微生物が利用しやすくなっている
また、竹はケイ酸を多く含むため
これを使うと植物の表皮が強固になり、病虫害を受けにくくなるのだと言う
竹の炭素率は280ととても高いので腐りにくいし
地中深く埋めなければ(表土10センチ以内にすきこむ)
特に問題はなさそうに思える
というわけで60リットル袋を購入してみた

くびっ竹公式HP

bamboopowder2012219.jpg

早速この竹パウダーをバラの周りをはじめとして庭全体にまき
roses2012224-1.jpg

雑草ごと一緒に浅くすきこんだり
roses2012224-3.jpg

あるいはマルチ材として使用する
roses2012224-2.jpg

母も畑で使用中
hatake2012226-2.jpg hatake2012226-1.jpg

また、これまでは化成肥料を酵母菌液などで発酵させて使ってきたが
今回はここに竹パウダーも追加して発酵中だ
(3月に入ったら、この即席発酵肥料を使う予定)

それからもう一つ
今年から使うべく用意しているのがこちら↓
kougouseikin2012226.jpg

材料は、新芽(ここではブロッコリー)と黒砂糖と水(米のとぎ汁)で
混合割合は、1:1:8
これをコタツで保温しているが
最終的に赤くなれば、光合成細菌が増殖しているのだという

参考にしたのはこちらのサイト
微生物と共存するライフ

以前から光合成細菌を商品化したものが売られているのは知っていたけれど
自分で作れるというのが面白いと思って早速実践した次第だ
これからバラの新芽が伸びてくれば
もちろんバラ専用光合成細菌も作ることにしている

スポンサーサイト
バラ2012 | 15:07:15 | Trackback(-) | Comments(2)
中世風ドレスを作ろう8~完成!
上身ごろの後部分を6センチ詰め
両脇を1センチずつ入れて
これで上半身が落ち着いた
そして、最後にすそを縫って出来上がり~!
dress2012223-1.jpg

パニエをはいているのでスカートがふんわりしている
dress2012223-2.jpg

娘も大満足^^v
dress2012223-3.jpg


手芸 | 23:01:54 | Trackback(-) | Comments(12)
中世風ドレスを作ろう7~ファスナー付け
はじめてドレス作りにチャレンジした5年前
本には”コンシールファスナー”を使用するようになっていて
このファスナーを使えば縫い目が表に出ず
きれいに仕上がるのはわかっていたけれど
やり方がわからないのでスルーした、、、

あれから、新しいドレスを作るたびに気になってきたのがコンシールファスナー
今回の型紙にもコレを使用するよう指示があった
いつかはクリアしたいと思ってきたこの関門
とりあえず今回はじめてチャレンジしてみたい
というわけで
素人に服作りを説明してくれる親切なサイトを参考に頑張ってみた

『USAKOの洋裁工房』

↑こちらのサイトにはコンシールファスナーの付け方が詳しく動画つきで載っている
ただ、わたしの場合もうコンシールファスナーに対する苦手意識が強くて
画面を見ただけではどうしても意味が理解できず
結局プリントアウトしてじっくりお勉強・・・
すると、ああそんなに難しくないのかも?!と思えてきた

まずはプリントアウトした説明書を手元において
dress2012222-1.jpg

コンシールファスナーと”専用の押さえ”を準備
dress2012222-2.jpg

身ごろを合わせて仮縫いしたところへファスナーを仮留めし
dress2012222-3.jpg

ここを普通ファスナー用の押さえを使ってミシンで縫う
dress2012222-3a.jpg

表に返して、身ごろの仮縫い部分をほどいていく
dress2012222-4.jpg

コンシールファスナー押さえに付け替え
ファスナーを押さえの溝にはめて、ぎりぎりのところを縫う
dress2012222-5.jpg

きれいにできた!!
dress2012222-6.jpg

ファスナーが無事に仕上がったところで
上身ごろがもっと体にフィットするよう
これから細かい調整に入る

手芸 | 15:48:36 | Trackback(-) | Comments(0)
中世風ドレスを作ろう6~スカートを縫う
まず、前スカートの中央になる布に
金色のレースをかぶせて型を取り、縫い付ける
dress2012221-1.jpg

前スカート中央と、前わきスカートを
dress2012221-2.jpg dress2012221-3.jpg

合体させる
dress2012221-4.jpg

後スカートも前と合わせスカート完成

そして、いよいよ上身ごろとスカートを合体させてみた
これはまだ仮留めの状態だが
ドレスの全体像がこれで明らかになった
(う~ん、やっぱり身ごろがちょっと大きいなあ、、)
dress2012221.jpg

明日は最後の難関、コンシールファスナー付けに挑む!

手芸 | 23:57:19 | Trackback(-) | Comments(0)
中世風ドレスを作ろう5~上身ごろ完成
このたびは、とにかく”丁寧に”を心がけて作業しているため
いつもより進み具合も遅くなっているが
その分きれいな仕上がりになっていると自己満足^^
dress2012220-1.jpg

娘も大満足~
dress2012220-2.jpg

さあ、明日からスカート行きます!

手芸 | 22:12:03 | Trackback(-) | Comments(0)
中世風ドレスを作ろう4~そで付け完了
金色テープを巻いて、そで完成!
dress2012219-1.jpg

身ごろに取り付ける
dress2012219-2.jpg

良い感じに仕上がった♪
dress2012219-3.jpg dress2012219-4.jpg


手芸 | 21:53:54 | Trackback(-) | Comments(2)
中世風ドレスを作ろう3~そでの仮縫い
裏地に金色のレースをつけて、そでのヒラヒラ部分を作る
dress2012-6.jpg

ヒラヒラ完成
dress2012-7.jpg

そで上部とそで下部とヒラヒラを合体させるが
ここで問題発覚~
dress2012-8.jpg

そでの周囲とヒラヒラが合っていない・・・
(カーテンがしまっていないような感じになっている)
dress2012-9.jpg

見頃と合体させて試着してみると
やはり4センチもある”すき間”がかなり気になるので
dress2012-10.jpg dress2012-11.jpg

結局そで上部&下部の接合部分を4センチ詰めた
これでOKでしょう~♪
dress2012-12.jpg

今回最大の山場のひとつであるこの複雑なそで作りも
ようやく先が見えてきた

手芸 | 22:31:56 | Trackback(-) | Comments(0)
中世風ドレスを作ろう2~そでの試作
<本日の作業>
まず、すべてのパーツの裁断を終え
そでの仮縫いをしてみる
dress2012-5.jpg

型紙どおりなので
当然かなり長くて幅もぶかぶか

「ひじから先はなるべく細めに」という希望に沿って
幅は6センチ詰めることにした

明日はヒラヒラを縫う予定だが
そでの長さを短くした分
ヒラヒラの大きさも変更しなければ・・・

手芸 | 22:20:14 | Trackback(-) | Comments(0)
中世風ドレスを作ろう1~型紙が合わない?!
娘が「いつからはじめるの?」と、お待ち兼ねの様子なので
昨日からドレス作りを開始した
dress2012208-1.jpg

ドレスの要は上身頃だ
これがぴったりできると着映えがするので
まずは恒例の試作からスタートする
(使用したのは赤いドレスを作ったときの余り布)

とりあえず型紙に記されたサイズを信じてそのまま作ってみたが
これはもう試着する前から大きすぎるのがわかるほどあまりにも大きい・・@@;
いくら海外製の型紙だからといっても
これほど違うとどうしたらいいのやら・・・と、たちまち途方にくれてしまった
しかもパーツをはぎ合せたら明らかに合わないところもあったりして
今回のドレス作りは(も?)最初から前途多難~~(泣)

仕方がないので、肩を3センチつまみ、前身ごろを5センチつめるなど
体形に合うように要所を計って適当に型紙を作り替え
もう一度縫い直してみた
dress2012-0.jpg

まだ胸があきすぎているのがちょっと気になる以外は
これでだいたい良さそうなので
この日はこれでおしまいにした

そして、今日からいよいよグリーンの生地で製作開始
(大きな半円形のパーツは袖につくヒラヒラ部分)
dress2012-2.jpg

dress2012-3.jpg

上身ごろが形になったところで本日終了
dress2012-4.jpg


手芸 | 22:21:54 | Trackback(-) | Comments(0)
クリスマスローズ始動
繰り返しやってくる寒波のために
水仙がなかなか開花しない、、、
suisen2012210.jpg

が、となりのクリスマスローズは
確実に新芽を伸ばしている
chriro2012210-2.jpg

chriro2012210-1.jpg

そろそろ蕾が出てきそう^^
chriro2012210-3.jpg

ローマブロッコリー
brokkori2012210.jpg



庭つくり2012 | 15:57:35 | Trackback(-) | Comments(2)
青春賛歌第二幕 24~つながるチャンス
先週は主科の声楽を、そして今日は副科ピアノの試験を終えた娘は
来週の教職科目の試験をひとつ残し、ほぼ春休みに入った
ピアノはともかく、声楽は調子が良かったので
今はホッとしているところだ
そして、今週からまたイタリア語教室のレッスンも再開した

3ヶ月単位で開設されている日伊協会のイタリア語教室に通うようになったのは
一年生の9月からで
声楽の先生の強い勧めによるものだった
音大においては、個人レッスンを受け持ってもらう先生は親のような存在
娘は大学の授業でもその先生にイタリア語を教わっている関係上
成績が悪いと肩身が狭いと思い、結構最初から頑張っていたわけだが
まさか学外までイタリア語を習いに行く事になろうとは思ってもいなかったので
当時はかなり渋っていたものだ
なにしろ英語は大嫌いだし、外国語に対するアレルギーみたいなものもある
また、塾にも行ったことのない娘にはこういうところは未知の世界
ますます不安はつのるばかり・・・
しかし行き始めると
そこは想像していたよりずっとフレンドリーな世界で
色々な職種・年齢層の人々に交じって結構楽しい時を過ごしながら
とりあえず一年間は続けることができた
その後、昨年の9月以降はとても忙しかったのでお休みし
2月からの講座にまた通い始めたわけだ

さて、昨日久しぶりに出かけたイタリア語教室では
何かのチラシを渡された
あれ?載っているのは12月に出演したイタリアワインのお店でのライブ演奏写真?!
で、第2回のライブが2月26日って、、、おぉぉ、もう次の予定が決まっていたのか~@@
symphonia2012208.jpg symphonia20111202-1.jpg

というわけで、またこれから忙しくなりそうだ

そもそも、最初の出演依頼は
娘と友人が二人でこのお店に行った際
イタリア語であいさつしたのがきっかけだった
お洒落なワインバーで二十歳になったばかりの女の子がちょっと背伸びして・・・と
そんな遊び心からはじまって
音楽を勉強していることや、イタリア語教室にも通っていることなど話が弾む
そのお店はイタリアワイナリー直営店なので当然日伊協会ともつながりがあり
やがて日伊協会の方々によって演奏会が企画されるに至る

メンバーは、歌が二人、フルート、バイオリン、ピアノの計5名
みんなお店での演奏は初めてなので、かなり不安もあったけれど
当日はお客さんの反応も上々、大いに盛り上がったらしい
そして、こうして次のチャンスがあるのは嬉しいことだ

思えば、もし娘が今の声楽の先生についていなければ
イタリア語をまじめにやっていたかどうか大いに疑問だし
もし先生に勧められたとおりイタリア語教室に行かなければ
今回のチャンスもなかっただろう

人生には、どこに何が用意されているかわからない
ありふれたこのセリフが
今、新鮮に響いてくる

*****

ドレスの生地を買ってきた
実際に布を手にすると、俄然やる気がわくのは
やっぱりこういう手仕事が好きだからなのだろう
心がわくわくするチャンスをもらえて幸いだ
dresscloth2012209.jpg


青春賛歌 | 21:50:52 | Trackback(-) | Comments(2)
ストレスと向き合う3~等身大の自信2
わたしの部屋の入り口には、古いユニット棚が陣取っている
これを購入したのはわたしが高校生の時で、すでに30数年が経過しているが
10年前に母がうちへ引っ越してくる際に処分するかどうか迷って
結局必要もないのにわたしが連れてきてしまった物だ
当時は息子の部屋に置いていたけれど
数年前に「いらない」と言われて行き場を失い
今はわたしの部屋にある

さて、昨年末に部屋の照明器具が壊れたので
夫がホームセンターで買ってきてつけてくれたのだが
その照明器具にはヒモがついておらず
リモコンで遠隔操作するようになっていたので
とりあえずそのリモコン置き場をどこに設置するか考え
部屋の入り口ですぐにスイッチを押せるようにと
このユニット棚にリモコン受けを取り付けることになった

ところが、取り付けて使っているうちに
そのままスイッチを押したのでは反応が鈍く
いちいちリモコンをはずし、照明器具の方に向けて操作しなくてはならないことが判明
ちょっとしたこととはいえ、これがなかなかに面倒くさい~
ネックはこのユニット棚の背が高いことで
リモコンが上を向いたままでは上手く反応しないのだ

↓そこで夫の提案で、リモコン受けを斜めにすると
tana2012207.jpg

問題はこれでバッチリ解決した!

ただこれだけの事ながら
わたしはこの発想に感心し
一方で自分の頭の硬さを新たに知った
”リモコン受けは上を向けて設置するもの”
そう思い込んでいる頭には
ネジを一個移動させるだけですむこの簡単な解決方法が思い浮かばないのだ
まあせいぜいユニット棚の扉にリモコン受けを付け替えるくらいしか案がない

わたしはサイトをはじめて約10年の間に
自分が間違っていたことや気づかなかったことについて記しながら
ずっと自己分析を繰り返してきた
18歳以降、失敗のない人生を模索した時代の自己流の生き方は
どんどん自分の世界を狭くするもので
それに比例するようにだんだん自信は失われて
やがて神経症につながっていったのだと気づいたのは38歳の時
あれ以来、自分のことを文章に記すようになり
ひとつひとつ自分の本質に気づきながら
そのたびにガッカリしてきたということは
表では自分に自信がないと言いつつも
裏を返せば、「もっと自分はできるはず」と思っている部分があって
その”虚飾の自信”が、自己分析によって随分崩されてきたのだろう

この世には、頭で考えたらできそうに思えても
実際はとても難しいこと(無理なこと)がたくさんある
それは、実際にさまざまな事に挑戦してみてはじめて実感するものだ
わたしには今、昨年から考えている新しい課題が一つあるが
昨夜はそれをついにあきらめる決心をしたところ
娘の反対にあって思い直すこととなった

その課題とは、このドレスを作ること↓
dress2012208-1.jpg dress2012208-2.jpg

娘の理想とするデザインを求めて
やっと海外製の型紙を手に入れてみたものの
当然のことながら説明書は日本語ではないし
一番の問題は、背中が編み上げスタイルになっていること
これはさすがにできそうもない、というか
どうすればいのかわからない、、、

ドレス自体は秋の学内演奏会に間に合えばいいのだから
まだまだ時間はあるとは言え
わたしがドレス作りをするのは一番暇な今頃が望ましく
そろそろ決断しなくてはならない時期になっている

初めてドレス作りをした5年前は
とりあえず舞台上でそれらしくみえる形になればOKだと思っていたので
細かい部分は気にせず勢いで仕上げた
それが2枚目3枚目となるうちに
やはり体にフィットしたきれいな仕上がりを求めるようになっていったが
体形は常に一定ではないために
舞台の前日になって一部ほどいて縫い直したり調整することもあった
だからこそ
ドレスにはしばしばこういう編み上げスタイルが用いられるわけで
amiage.jpg

これが素人には実に悩ましい課題なのだ・・・

ところが、これを娘に話すと
「編み上げはやめてファスナーにすればいいよ」
「ひとりで着たり脱いだりするにはファスナーの方がいい」
「このドレスすごく欲しい!ねえ、何とかならない?!」
「もう昔みたいに体形も変わらないと思うし・・」と
あきらめきれない調子で強く頼んできた
確かに、5年前に比べると6キロやせて
今はずっとそれで安定しているから
もうちょうど良いサイズに作っても問題ないかもしれない
まあ、それなら作ってみようか・・・と言うと
娘、大喜び~♪

わたしの作るものでも、必要としてくれる人がいるなら
やはりもうちょっと頑張ってみたい
そう思い直して、今日は娘と生地を見に行った
そこで見つけた深いグリーンの布と、金色のレースが気に入り
近いうちに購入することを決めて帰る

わたし自身、ドレス作りは面白いのでもうちょっと続けたいのが本心だから
今回その気持ちに素直になって、楽しみつつ頑張ろうと思う
もしここでやめてしまったら悔いが残るような気がするし
やれるところまでやってみれば、少しは進歩もして
それが自信につながるだろう
わたしもダメダメと言っていないで
”等身大の自信”を得る方向へ進みたいと思うのだ

心の問題 | 22:48:07 | Trackback(-) | Comments(2)
ストレスと向き合う2~等身大の自信
年が明けて、わたし自身ちょっと元気になったのを実感する一方で
クリスマス以降、いつインフルエンザになるか?
いつまた耳の調子が悪くなるか?とずっと気にしてきた娘は
ここまで驚くほど元気に過ごしている

『青春賛歌シリーズ(「管理人のひとりごと」に収録)』においても
何度か娘の耳の病気(耳管狭窄症や突発性難聴)について書いてきたように
その症状はかなり深刻で
一時はメニエール病の薬まで使わなくてはならないほどになっていたのが
昨年の秋ごろから、状態は随分落ち着いているようだ

その上、小さい頃から毎年悩まされてきた重度のしもやけも今年は出ていない
ということは、いつの間にか血行不良が改善されて
それが耳にも良い影響を及ぼしているのだと思うが
そのための対策は特に何もやっているわけではないし
気がつけば元気になっていたという感じだ
それは、わたしの「むずむず足」問題改善と同様に
娘の場合も、娘自身の中で”何か”が変わったからなのだと思う

その”何か”とは、一言で言えば”自信”
それも、自分は何をやってもダメだと卑下しすぎず
かといって傲慢になるのでもない、ありのまま(等身大)の自信だ

大学に入ったばかりの頃の娘はコンプレックスの塊で
すべてにおいて自信がなく
副科のピアノは最初からボロボロな上に
主科の声楽はいつまでも基礎の呼吸練習ばかりで止まっており
周りがどんどん先へ進むのに
自分だけがオペラを歌わせてもらえず
もちろん先生から誉められるようなこともなく
とにかくいつも「ダメダメ~」な気分が先行していた
しかし、ちょうど一年前の今頃
NG続きだった呼吸練習もついにOKが出るまでになり
その後の試験では、自分としても結構満足のいく演奏ができたことが
はじめて自信につながった

2年生になると、色んな舞台に出るチャンスも増えて
そこでほめられたことが新たな自信につながっていく
やがてレッスンも基礎から表現力の勉強へと移り変わり
オペラも歌わせてもらえるようになった
先生が自分をどこへ導こうとしているのか見えなかった時には不安ばかりだったが
一生懸命ついていくうちに、その真意が見えてきて
まわり道にすべて意味があったことを知るに至る

夏以降は、一気に活動の場が広がった
その中で、今の自分にできること、まだ無理なことも冷静に判断しつつ
活動の分だけ練習量も増して、技術も向上していった
こうして娘の中に、等身大の自信が自然に育ってきたのだった

一方、娘が幼い頃からお世話になってきた耳鼻科の先生が突然病気療養に入り
昨年ついに医院は閉院してしまった
これで娘の耳のことを理解してくれる場所は失われてしまったが
結局、娘自身は耳鼻科にはお世話にならないですむ状態に落ち着いている
生まれつきの耳管狭窄症は治るものではないけれど
日常生活をおびやかすような症状は確実に少なくなった

今、主科の試験を目前にして
以前だったら自己不信のストレスで耳に不調が出ている頃だろうと
過ぎ去った日々をふり返り
その確実な変化に自ずと感謝があふれてくる

自信を持つことがこんなに健康に影響するとは・・と
間近で見てきたわたしは本当に驚くばかりだが
一口に自信を持つといっても
自己暗示をかけるだけの虚飾の自信では意味がなく
こうして等身大の自信が育つためには
さまざまな出会いやチャンス(運)、そして努力や時間が必要なのだと
今しみじみ感じているところだ

*****

ゆっくりと水仙のつぼみがあがってきた
suisen2012130.jpg

厳しい寒さが続く中
開花までまだしばらくかかりそうだが
しっかりした花が咲きそうな気配だ

心の問題 | 23:09:53 | Trackback(-) | Comments(2)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
01月 « 2012/02 » 03月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.