次々と
色んな花が咲き始めて
そろそろ写真に困らなくなってきた^^

ベロニカ”オックスフォードブルー”
beronika2012331.jpg

ムスカリ
musukari2012331-1.jpg

春蘭がたくさん咲いている
blueg2012331.jpg

ピンクガーデンサイドの奥に広がるのは
アジュガと芝桜
pinkg2012331.jpg

アジュガ
ajuga2012331.jpg

ビンカミノール
binka2012331.jpg

秋に作った畑もすっかりそれらしくなった
hatake2012331-1.jpg
hatake2012331-2.jpg hatake2012331-3.jpg

明日はいよいよバラの新芽に光合成菌培養液を散布する(わくわく)
roses2012331-1.jpg
roses2012331-2.jpg roses2012331-3.jpg


スポンサーサイト
庭つくり2012 | 23:13:06 | Trackback(-) | Comments(2)
バラ用光合成菌培養その後
18日にバラの新芽を入れて仕込んだ培養液は
kougouseikin2012319-1.jpg

ついに赤くなってきた!!
kougouseikin2012329.jpg

今度こそ培養に成功したと思われる(喜)
ニオイは薬っぽい感じで
ブロッコリーの芽を使った培養液のように臭くない

来週はこれを100倍希釈で葉面散布するつもりだが
『現代農業』に
「光合成細菌は枯草菌や納豆菌と共生するとチッソ固定力が高まる」
と書いてあったので
ダイズの煮汁に納豆の粒を入れた納豆菌液も同時に使うことにしている

バラ2012 | 21:25:39 | Trackback(-) | Comments(0)
もうひと息
なかなか本格的な春が来ない~とやきもきしているこの頃、、、
でも今日は19度まで気温が上がって
植物も勢いづいてきた
chriro2012328-2.jpg

chriro2012328.jpg

chriro2012325-2.jpg

ハナニラ
hananira2012327.jpg

ヒメウツギ
himeutsugi2012328.jpg

オキナグサ
okinagusa2012328.jpg

芝桜
shibazakura2012325.jpg

シランの芽が出そろってきた
shiran2012328.jpg

白花ハンショウヅル
shirohanshou2012328.jpg

ラッパ水仙
suisen2012328.jpg


庭つくり2012 | 22:35:58 | Trackback(-) | Comments(2)
バラの新芽
美しい新芽が展開中~
shinme2012322-1.jpg shinme2012322-2.jpg
shinme2012322-3.jpg shinme2012322-4.jpg
shinme2012322-5.jpg shinme2012322-6.jpg

クリスマスローズ(ヘレボルス)
chriro2012322-2.jpg

chriro2012322-1a.jpg

オキナグサ
okinagusa2012322.jpg

ブルーベリー
blueberry2012322.jpg


バラ2012 | 16:23:40 | Trackback(-) | Comments(2)
バラ作業~バラ用光合成菌を培養する
寒波が過ぎ、やっと気温も上昇してきて
バラの新芽も順調に伸びている
2月末の芽出し肥料の効果なのだろう
完全無肥料だった昨年の新芽よりも勢いが良い
一方で、相変わらずアブラムシはついておらず
無機態チッソの影響はまだ出ていないらしい
barashinme2012319-1.jpg barashinme2012319-2.jpg
barashinme2012319-3.jpg barashinme2012319-4.jpg

そろそろ芽かき作業が必要な株も出てきたところで
今日は取り除いた新芽を使って
「バラ用光合成菌培養液」を作ることにした

まずは、頂き物の採りたて生ワカメに水を加えてミキサーにかけ、ペースト状にした
これは薄めて海草液肥として使うほか
光合成細菌のエサとしても使用する
wakame2012319-1.jpg wakame2012319-2.jpg

次に、バラの新芽を20グラムほど集めてきて刻み
黒砂糖20グラム、米のとぎ汁160cc、ワカメペースト小さじ1(←この量は適当)と混ぜ
電気毛布に入れるなどして保温する
kougouseikin2012319-1.jpg


↓『現代農業』に載っているようなことになればすごいと思うが

 「2009年8月号記事」

わたしとしては市販の菌を買うことはしたくないので
まずはうちに居る光合成細菌の培養成功を目指したい

バラ2012 | 16:05:22 | Trackback(-) | Comments(0)
春蘭
クリスマスローズ(ヘレボルス)が次々開花する中で
chriro2012318-3.jpg

ドイツトーヒの下に茂るシュンランにも
shunran2012318-1.jpg

たくさんの蕾が上がってきている
shunran2012318-2.jpg

shunran2012318-3.jpg

すでに開き始めたものも
shunran2012318-4.jpg

chriro2012318-2.jpg

プルモナリア
puru2012318.jpg

芝桜
shibazakura2012318.jpg


庭つくり2012 | 16:24:56 | Trackback(-) | Comments(0)
クリスマスローズの開花
chriro2012314-1.jpg
chriro2012314-2.jpg
chriro2012314-3.jpg
chriro2012314-4.jpg
chriro2012314-5.jpg
chriro2012314-6.jpg
chriro2012314-8.jpg

ベロニカ”オックスフォードブルー”は
花が咲く前のこの新芽が美しい
beronika2012314.jpg

オキナグサもやっと動き出した
okinagusa2012314.jpg

ラッパ水仙につぼみ
suisen2012314.jpg

チューリップ
tulip2012314.jpg


庭つくり2012 | 16:03:25 | Trackback(-) | Comments(2)
バラ作業 3月8日
2月末、芽出し肥料として
竹パウダーと酵母液を入れて発酵させた化成肥料(10-10-10)を土に入れた
もしこの肥料の無機態チッソによって虫が引き寄せられるなら
そろそろアブラムシなどついてもよさそうだが
今のところは何も来ていない
化成肥料の無機態チッソがある程度は有機態チッソに変わっているのだろうか?が
これからの最大の関心事だ
roses2012308-1.jpg roses2012308-2.jpg
roses2012308-3.jpg roses2012308-4.jpg

昨年の今頃は完全無施肥でやっており
アブラムシもヨトウムシも少なかったものの
途中から養分不足で生長不良~かえって虫がつくという事態を招いたため
今年は失速しないようにあらかじめ施肥することにした

発酵させた化成肥料は更に竹パウダーを混ぜて土に入れる
土の上にも竹パウダーをまいておいたら
微生物が繁殖して土としっかりくっついた
takeko2012308-2.jpg takeko2012308-2a.jpg

一方、作ってから2週間が経過した光合成細菌は
温度不足でなかなか発酵が進まず、色も変化がない
kougouseikin2012308.jpg

ニオイの方は漬物のような感じで、乳酸菌が繁殖しているのがわかる
まだ発酵途中だけれど
今日はこれを100倍に薄めて土にかけてみた
もし光合成細菌は増殖していなくても、乳酸菌だけでもいいし
まだ発酵液中に残っている糖分が、土壌微生物を活性化させるだろう

バラ2012 | 22:17:31 | Trackback(-) | Comments(4)
プルモナリア
3月になり
やっとお庭も活気づいてきて
プルモナリアが咲き始めた
puru2012303.jpg

遅れていた水仙も開花
suisen2012303.jpg

アジサイの新芽
ajisai2012303.jpg

オダマキ
odamaki2012303.jpg

お花が楽しみなオランダ土産のチューリップ
tulip2012303.jpg

クリスマスローズがぼつぼつ開花へ
chriro2012303-5.jpg

chriro2012303-3.jpg

chriro2012303-6.jpg

chriro2012303-4.jpg


庭つくり2012 | 20:42:27 | Trackback(-) | Comments(0)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
02月 « 2012/03 » 04月
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.