明日からバラ祭り
大きく咲いたボタンも
夕方にはついに最初の花が散った
botan2012430.jpg

blueg2012429-1.jpg

blueg2012429-2.jpg

blueg2012428-2.jpg

blueg2012429-3.jpg

白いハナミズキ
hanamizuk2012430.jpg

オダマキ”ペチコートピンク”
odamaki2012430-1.jpg
odamaki2012430-2.jpg
odamaki2012430-3.jpg odamaki2012430-4.jpg

リクニス”ホワイトロビン”
whiterobin2012430-2.jpg
whiterobin2012430-1.jpg

バイカイカリソウ
baikaikarisou2012430.jpg

なかなか増えてくれないアジュガ”バリエガータ”
ajuga2012430.jpg

イチゴ
ichigo2012430.jpg

今年はバラの開花が遅れ気味だけど
とりあえずモッコウバラから開き始めた

白モッコウバラ
shiromokkou2012430.jpg

一重の黄モッコウバラ”ルテスケンス”
lutescens2012430-2.jpg
lutescens2012430-1.jpg

ルイ14世
lui14_2012430.jpg

蕾がたくさん待機中
lui14_2012429.jpg

オフェーリア
ophelia2012430.jpg

キャリエール
carriere2012430-1.jpg

carriere2012430-2.jpg


スポンサーサイト
庭つくり2012 | 22:43:23 | Trackback(-) | Comments(2)
牡丹早くも満開に
botan2012427-1.jpg

botan2012427-2.jpg

botan2012427.jpg

ミヤコワスレ
miyakowasure2012427.jpg

オキナグサ
okinagusa2012427.jpg

ビンカミノール”アトロプルプレア”
tsurunichi2012427.jpg

ヒメウツギ
himeutsugi2012427-1.jpg

バイカイカリソウ
baikaikarisou2012427-3.jpg
baikaikarisou2012427-2.jpg
baikaikarisou2012427-4.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエールがもうすぐ咲きそう
carriere2012427.jpg

ルイ14世も花びらが見えてきた
lui14_2012427.jpg


庭つくり2012 | 22:08:54 | Trackback(-) | Comments(2)
牡丹開花~
botan2012426-3.jpg
botan2012426-4.jpg
botan2012426-1.jpg
botan2012426-2.jpg

チューリップ
tulip2012426-1.jpg

オダマキ
odamaki2012426.jpg

チェリーセージ
cherrysage2012426.jpg

ハナミズキ
hanamizuk2012426.jpg

白花ハンショウヅル
shirohanahanshouzuru2012426.jpg

スミレ
sumire2012426.jpg

カタクリ
katakuri2012422.jpg

ライラック
lilac2012426.jpg

バイカイカリソウ
baikaikarisou2012426-2.jpg
baikaikarisou2012426-1.jpg

オーニソガラム
ornithogalum2011426.jpg

シラー
scilla2011426-1.jpg
scilla2011426-2.jpg

タイム
time2012426.jpg

パープルシェード
purpleshade2012426.jpg


庭つくり2012 | 21:54:35 | Trackback(-) | Comments(0)
牡丹開花間近
夫の育てているボタンがいよいよ明日にも開花しそうだ
ちょうど土日が見頃にならないものかと毎日気にしているが
今日の暑さ(26度)で一気に開花時期が早まった感じ
botan2012424.jpg

チューリップ
これも今週いっぱいもって欲しいなあ~
roadg2012424.jpg
tulip2012424-1.jpg

ネモフィラ
nemo2012424.jpg

バイカイカリソウ
baikaikarisou2012424-1.jpg
baikaikarisou2012424-2.jpg

シラー
scilla2011424-3.jpg
scilla2011424-2.jpg

ブルークローバー
blueclover2012424.jpg

オダマキ”ペチコートピンク”
odamaki2012424.jpg

ブルーベリー
blueberry2012424-1.jpg

ドワーフコンフリー
comfrey2012419.jpg

白花ハンショウヅル
shirohanahanshouzuru2012420-2.jpg
shirohanahanshouzuru2012420-3.jpg
shirohanahanshouzuru2012420-4.jpg


庭つくり2012 | 21:24:28 | Trackback(-) | Comments(2)
バラ作業~色々まいているけど大丈夫?!
今季は
竹パウダーから始まって
自家製光合成細菌、大豆の煮汁+納豆液、ワカメペースト
と、次々新しい資材を投入してきたが
他にも、昔つくっていた魚のアミノ酸(魚のアラの黒砂糖発酵液)を復活させ
更には、カニガラが出たのでEM菌発酵液に漬けて発酵させたりと
あの最も色んな資材を作って使っていた時代がよみがえったかのような勢いだ
しかし当時は、自家製発酵肥料を筆頭に
「これさえ使えば上手くいく」ような錯覚と妄想で随分無茶をしたものだと
そして、今回も同じ間違いを繰り返すことだけは避けたいと思いつつ
色々まきながらも、注意深くその後を見守っている
そう、昔は、色々やりすぎて土が腐ってしまい
5年の歳月をかけてやっとここまで状態が良くなったのだから
とにかく慎重に・・・でも、やることはやりたい(←チャレンジャーの本音^^)

さて、上記の資材のうち、最も不安になるのがカニガラEM発酵液だ
何が不安って、もうこれはヤバイほど臭い!!
カニガラのキトサンは
EM菌の中に入っている放線菌のエサになるだろうとの目論見で気軽に作ったは良いけれど
この臭さはアンモニア臭なのか?!だったら無機態チッソをまくことになるのだろうか??!
でも放線菌が増えているかもしれないと思うと
せっかくだからちょっと使ってみたい気もするし・・・まあ薄めるから大丈夫かなあ~
と、しばらく悩んで結局まいてみたところ
一緒にワイン酵母発酵液も加えたせいか(?)、まいた後は特に臭さも気にならず
(下校中の小学生も何も言っていないから大丈夫だったと思われる
彼らは変なニオイがすればすぐ騒ぐのでわかりやすい^^;)
その後の生育にも、徒長するとか虫にやられるとか
特に害があるような感じは見受けられなかった
というわけで、この危なっかしい資材はこれからも少しずつ使っていくこととし
一昨日、第2回目をまいてみた
そして、翌朝の様子を写真におさめて記録する

<階段の鉢バラ>
ここの葉っぱの美しさはスゴイ
roses2012421-1.jpg

グルス・アン・アーヘン               ルイ14世
roses2012421-2.jpg roses2012421-3.jpg

粉粧楼(一枚だけハバチの幼虫に食われた穴あり)  ブラスバンド
roses2012421-4.jpg roses2012421-5.jpg

ブルー・フォー・ユーとミスティーパープル
roses2012421-12.jpg

たそがれ(下の方に写っているのはブルーヘブン)
roses2012421-13.jpg

この紫系バラ群の中には
ハモグリバエの入った葉っぱが一枚発見された
あと、ハバチの食害が少し
hamoguri2012421-1.jpg hamoguri2012421-4.jpg

<道路ぞい花壇(地植え)>
ここはアブラムシが少し見られるだけで、ハバチの食害もほとんどない
ディスタントドラムス                 ピーチブロッサム              
roses2012421-6.jpg roses2012421-7.jpg

グラニー                       アンバークイーン
roses2012421-8.jpg roses2012421-9.jpg

ラバグルート
roses2012421-14.jpg roses2012421-15.jpg

<道路ぞいの鉢バラ群>
roses2012421-16.jpg

わずかにハバチの食害ありだが概ね順調
roses2012421-17.jpg roses2012421-18.jpg

<生垣花壇(地植え)>
ここも生育旺盛で全体的な状態は良いが、虫の食害は他よりやや多目
ロココ
roses2012421-25.jpg

ホワイトクリスマス
roses2012421-11.jpg

デンティベス                    サハラ98
roses2012421-19.jpg roses2012421-20.jpg

直立する幼虫発見!               ハマキムシが潜んでいたり
kuchiba2012421.jpg mushi2012421-1.jpg

ハバチの食害もちらほら見られる
hamoguri2012421-3.jpg

<ピンクガーデンサイド正面(地植え)>
ここは食害ほとんどなし
ジェネラスガーデナー(左に見えるのはヨハンシュトラウス)
roses2012421-10.jpg

<ピンクガーデンサイド横(鉢植え)>
オフェーリア
roses2012421-23.jpg

たくさんの蕾をつけており葉の状態も良いが、ハバチの食害が少しあり
roses2012421-24.jpg hamoguri2012421-2.jpg

長年ベト病で難儀している薄墨(左)は元気
一方ブラインドばかりのスパイス・ド・カフェ(右)は、葉の状態もいまひとつ
roses2012421-21.jpg roses2012421-22.jpg


以上、葉っぱの状態を見わたしてみると
どれもふんわりと美味しそうで、輝きがあり美しい
これはバラ栽培を始めて10年の間で最高のレベルだと思う
長年色々やってきたけれど
土は確実に良くなっているらしい
だが、それはあくまでも現時点の話
明日はどうなるかわからないのが実にスリリングなところなわけで
常に危機感をいだきつつ
明日は自家製光合成細菌散布4回目を実施する予定だ

バラ2012 | 15:27:37 | Trackback(-) | Comments(2)
チューリップ
tulip2012419l.jpg
tulip2012419a.jpg tulip2012419b.jpg
tulip2012419c.jpg tulip2012419d.jpg
tulip2012419m.jpg tulip2012419e.jpg
tulip2012419g.jpg tulip2012419h.jpg
tulip2012419j.jpg
tulip2012419k.jpg

今朝の庭風景
blueg2012419-1.jpg
blueg2012419-2.jpg
blueg2012419-3.jpg
pinkg2012419.jpg

ハナミズキが咲きはじめた
hanamizuk2012419.jpg


庭つくり2012 | 22:20:47 | Trackback(-) | Comments(0)
バラ作業~竹パウダーと自家製光合成細菌散布
先週は、バラの新芽で作った光合成細菌培養液の3回目の散布を行い
同時に新しい培養液も仕込んでおいた
それがすでに赤くなり始めている
kougouseikin2012416.jpg

日中の気温もようやく20度を超えるようになると
新芽の伸びは一気に進み、庭も新緑でにぎやかになってきた
このアーチの向かって右側には白花ハンショウヅル
左側にはマダム・アルフレッド・キャリエールがはわせてあり
arch2012416.jpg

白花ハンショウヅルはすでに開花しつつある
shirohanahanshouzuru2012416.jpg

キャリエールの方もたくさんの蕾がついて順調だが
この枝にだけアブラムシがびっしりたかっている
aburamushi2012416.jpg

でも、テントウムシやヒラタアブもきているので
彼らのエサとしてアブラムシはそのまま放置~
tentou2012416.jpg

今朝は、この鉢バラの中のルイ14世にゾウムシ被害を見つけた
zoumushi2012416-2.jpg zoumushi2012416.jpg

オベリスクに巻きつけたコーネリアにも
何ヶ所か新芽が黒くなっているところがある
cornelia2012416.jpg cornelia2012416-2.jpg

やはりゾウムシが潜んでいた!
zoumushi2012416-4.jpg zoumushi2012416-3.jpg

ただ、ここでの被害は小さな葉だけで
茎&蕾ごとポッキリいってしまわないので助かる
もしかして、茎がしっかりしているために産卵しにくいのなら嬉しいのだけどね

生垣花壇のバラも随分大きくなった
株元が白っぽく見えるのは、微生物のエサとして竹パウダーをまいたもの
erizabeth2012416.jpg

どのバラも非常に元気
side2012416-2.jpg side2012416-3.jpg

daintybeth2012416.jpg

道路ぞいの花壇
roadg2012416-2.jpg

ここにも竹パウダーをまく
roadg2012416-3.jpg roadg2012416-4.jpg

オランダ土産のチューリップが色づいてきた
tulip2012416-2.jpg tulip2012416-1.jpg

ここは昨年までカラーブレークが植わっていた花壇だが
カラーブレークが枯れそうになったため
今季から、花つきの良い品種のラバグルートに入れ替えてみた
roses2012416.jpg

その枯れそうだったカラーブレークも今はここまで復活している
colorbreak2012416.jpg

さて、一週間前にはまだブライドかどうかハッキリしなかったバラのうち
結局、ジュリアも
julia2012416-1.jpg julia2012416-2.jpg

ブラックティも、蕾が見えてきた~♪
blacktea2012416-1.jpg blacktea2012416-2.jpg

今季すべての枝がブラインドとなったのはスパイス・ド・カフェのみ
spicedecafe2012416.jpg


*****

夫の育てているボタンが今年も立派な花を咲かせそうだ
botan2012416.jpg


バラ2012 | 20:28:41 | Trackback(-) | Comments(2)
春本番へ
ブルーガーデンサイドでは
ベロニカ”オックスフォードブルー”の青い花が満開になった
blueg2012410-1.jpg

ムスカリ
blueg2012410-2.jpg

種から育てたネモフィラ              水仙
nemo2012410.jpg suisen2012410.jpg

プルモナリア”オパール”
puru2012410.jpg

オキナグサ
okinagusa2012410.jpg

ピンクガーデンサイドでは
クリスマスローズが色あせはじめている
pinkg2012410.jpg

ドワーフコンフリー                 ブルーベリー
comfrey2012410a.jpg blueberry2012410.jpg

チューリップももうすぐ咲きそう
tulip2012410.jpg

エンドウの実が生りはじめた
マメ科植物を育てると、以前は葉にエカキムシが入って汚くなっていたが
無肥料栽培に取り組んだ昨年からは被害がほとんど出なくなっている
pea2012410-2.jpg pea2012410-1.jpg

庭のスイートピーの葉も今のところとてもきれい
sweetpea2012410-1.jpg sweetpea2012410-2.jpg

白花ハンショウヅル
hanshou2012410.jpg




庭つくり2012 | 22:25:57 | Trackback(-) | Comments(2)
バラ作業~ブラインド処理と芽かき作業
早くから新芽が伸び出していたジャストジョイは
joy2012408-1.jpg

よく見ると、ほとんどの枝がブラインドで(左)
蕾が出てきそうな枝は一本だけしかない(右)
joy2012408-2.jpg joy2012408-3.jpg

一方、例年一番花がブラインドになりやすいジュリアは
julia2012408-1.jpg

何だか蕾が出てきそうな気配?!
julia2012408-2.jpg

ブラックティもOKかな??!
blacktea2012408-1.jpg blacktea2012408-2.jpg

この春は低温状態が続いているので
これではブラインドばかりになるのではないかと心配したが
今の段階ではジャストジョイほどひどい株はないようだ
いくつか見つけたブラインド枝は
5枚葉2枚を残して先を摘み取っておいた

また、新芽の伸び具合を確認しながら
込み合った芽や枝を摘み取る作業も行う
rosen2012408.jpg

だいぶすっきりした
ophelia2012408.jpg france2012408.jpg

チャイナ系はなるべく枝葉を多く残したほうが良いと聞くので
粉粧楼は生長の悪い芽を取るだけにして・・・と
のぞき込んだらバラゾウムシが居た!!(今季初)
china2012408-1.jpg china2012408-2.jpg

順調に生育しているフェンスのバラ
roses2012408.jpg

アブラムシのついている枝もある一方で、アブラムシの天敵のヒラタアブも来ている
いよいよ色んな虫が出てくる季節になったなぁ~
aburamushi2012408.jpg hirata2012408.jpg

さて、今日4月8日は満月の日
「虫の生態として、満月の3日前に交尾、満月の日に産卵
そして満月の3日後に孵化する傾向がある」
とのことなので
ヨトウムシ被害を防ぐために
明日は葉裏にシャワーして卵を流せばいいかも?!・・・と考えていたけれど
ヒラタアブが産卵しているところにも出会ってしまい
あ~、シャワーすればこの卵も流れてしまうなあ~、というわけで
シャワー作戦はとりあえず中止
hirata2012408-2.jpg

まあ明日は見れるところだけも葉裏チェックしてみようか、、

*****

オランダ土産のチューリップに蕾があがってきた
tulip2012408.jpg


バラ2012 | 23:06:45 | Trackback(-) | Comments(0)
嵐の後
大荒れの一日となった昨日
鉢バラは半分ほどここへ避難させ
残りは自転車置き場や(南向きの)ブロック塀の側に寄せておいた
roses2012404-3.jpg

一方、対処の仕様がない地植えのバラたちはというと
風であれだけもみくちゃにされたわりにはほとんどダメージもなくホッとする
rose2012404-2.jpg

rose2012404-1.jpg

rose2012404-4.jpg rose2012404-6.jpg

今朝はまずそうじをしてから
階段に鉢を戻し、庭全体に水をかけ
そのあと、また光合成菌培養液を散布しておいた
roses2012404-2.jpg

昨年に続き、今年も調子良さそうなルイ14世に蕾~♪
lui14_2012404-1.jpg lui14_2012404-2.jpg

庭の方も特に被害はなし
この時期はまだバラの芽も伸び始めたばかりで短いし
草花の丈も低くて風の影響を受けにくいのが幸いだった
もし一ヵ月後だったら、、、う~ん、考えたくないわ~@@;
blueg2012404-1.jpg

blueg2012404-3.jpg

blueg2012404-2.jpg blueg2012404-4.jpg

pinkg2012404.jpg

ブルーベリー
blueberry2012404.jpg


バラ2012 | 19:07:52 | Trackback(-) | Comments(0)
バラ用光合成菌培養液を散布する
昨日、自家製バラ用光合成細菌培養液を
ペーパーフィルターでこし、80倍希釈で散布した
また、こした後の残渣はバケツに入れ
水で薄めて土壌潅水する
kougouseikin2012401.jpg

すぐに変化が見られるのかどうか、写真を撮って比べてみると・・・

昨日(散布前)
kougouseikin2012401-2.jpg

今朝
ちょっと大きくなってる?!
kougouseikin2012402-1.jpg

夕方
葉っぱが開いて緑になってきた
kougouseikin2012402-2.jpg

一昨日(31日)に載せた別のバラの写真も比較してみると・・・

一昨日
roses2012331-1.jpg

今日
これはかなり大きくなった
roses2012402.jpg

こちらもぐっと生長
一昨日                     今日
roses2012331-3.jpg roses2012402-2.jpg


今日は、最高気温が17度まで上がったが
昨日は14度と、特別高くなったわけではなかったことを思うと
この生長ぶりは気温のせいばかりではなさそうな気もする
じゃあ自家培養の光合成細菌でも、もしかして効果あるかも?!
え?これって単なる妄想??!^^;
あと、今季は色々な資材を使っているので
土壌微生物が増えて、地温があがっているのかな~??
などど考えつつ、ちょっと嬉しくなっていたら
明け方から強風、そして明日は雨も加わって荒れ模様になるとのこと@@;
今からバラ鉢を軒下に避難させてこなくては、、、

バラ2009 | 21:15:41 | Trackback(-) | Comments(2)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
03月 « 2012/04 » 05月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.