青春賛歌第二幕 31~ダイエットを始めよう 2
息子のダイエットに協力し始めてすぐに気づいたのは
わたしのダイエットに取り組む姿勢と、息子のそれとは
根本的にかなり違っているということだった
おおざっぱに言えば
わたしは「余裕なし派」で、息子は「余裕あり派」だ

今回ダイエットを始めた時期が
クリスマス~年末年始という実に誘惑が多い頃でもあり
ここをどう乗り切るのかが課題だなと思っていたのだが
ある日の夕食後
元のアルバイト先の付き合いで買ったクリスマスケーキを前にした息子は
すでに一日の摂取カロリーを満たしていながら
ちゅうちょせずケーキを大きくカットし
「はい、これで100キロカロリー!」と笑いながらペロッと平らげた
いやそれは軽く400キロカロリーはあるでしょう?!とわたしが呆れても
本人ちっとも気にする様子がない
はぁ~、この調子じゃあ多分ダメだねえ、、、なんて
わたしの方が一気にあきらめモードに入ったけれど
翌日から何食わぬ顔でまたカロリー制限生活を続ける息子に
あれれ、まだやる気なんだと、こちらが拍子抜けした

普段は計算しながら食べていても
何か特別なものがある時には
「おいしいものがある時は別!」といって、カロリーオーバーを全然気にしない息子
普通、目標カロリーから100でもオーバーしたら気になるもんじゃないかと思うのだが
彼の場合は、そういうのがちっとも気にならないらしい
だからこそ、またすぐに通常のペースに戻ってダイエットを続けることができるので
ダイエット開始から47日目の今日の時点で、4.6キロ減量できている

わたしはここに何か不思議な法則を見つけた気がしていたところ
こんな本の情報に出会った↓

 『スタンフォードの自分を変える教室』

これは、米国スタンフォード大学の人気講義を収録したもので
上記リンクページ(アマゾン)にある動画で実際の講義の様子を視聴してみると
その内容は、まさに今の息子の状況とぴったり一致するものだった

9分余りの動画の内容を簡単に記すと
・誘惑に負けて食べてしまうと、多くの人は「罪悪感」を持つ
・罪悪感がある人ほど、ヤケになってもっと食べてしまう傾向がある
・誘惑に負けても、「人間なんだから」と自分を許してやると、その後のヤケ食いが減る
・自分に優しくすることが、ダイエットを続ける秘けつになる

以前も書いたことがあるが
息子は元々「人間は失敗する生き物」だと思っている
だから、自分がカロリーオーバーすることなど当たり前なので
当然そこには「罪悪感」がない
自分が食べ過ぎたからといって、他人に迷惑をかけるわけでなし
その程度のことでの「罪悪感」など持たないため
一時的に食べ過ぎても、すぐに元のレールに戻ってこれる
道がそれていってしまわない限り、少しずつでもゴールは近づく
それが現在まで順調に減量が進んでいる秘けつらしい

これには、「余裕なし派」のわたしは思わずうなってしまった
思えばわたしはこの「罪悪感」で随分振り回されてきた気がするからだ
それはダイエットのみならず
この得体のしれない「罪悪感」というものが
実は人を生きにくくしている犯人なのだと
わたしの場合、思い当たる節が多い

ちなみに、もしわたしがダイエットをするなら(注:若い時)
一気に一日の摂取カロリーを減らし、更には毎日運動も付加して
一ヶ月に3キロ減なんてゆるい目標ではなく
行けるだけ行こうと、どんどん急ぐだろう
でも、そういう焦ったやり方がリバウンドを招いてしまうわけで・・

ダイエットに近道なし

いや、ダイエットのみならず、何事にも近道はないけれど
わたしはすぐに近道を行こうとしてつまづき
それからやっと本道に戻るという傾向があるなあと
自分を振り返り、やれやれと思う、、

スポンサーサイト
青春賛歌 | 23:21:06 | Trackback(-) | Comments(2)
青春賛歌第二幕 30~ダイエットを始めよう 1
12月半ばの、クリスマス準備真っ盛りのころ
「カロリーコントロールのダイエットを始めようか」と言い出したのは
お年頃の娘でも、更年期のわたしでもなく
うちで一番ダイエットしそうにないと思われた息子だった
というのも
以前、娘がダイエットを試みていた頃
わたしがカロリー計算しながらアドバイスしているのをみて
「そんな面倒なことするなんて信じられん?!!」と
全く受け入れる様子がなかったものだから
その後、彼の関心がここに向くとはとても思えなかったのだ

ただ、就職活動が終わった頃から
少しずつ健康に対する関心は芽生えており
お菓子やジュース、アイスクリームを買いこんで大量消費することを避け
ウーロン茶を飲んで、筋力トレーニングをするようにはなっていた
その結果、足がしまってきて、全体的に少しすっきりしたように見えたけれど
(恐ろしいので)体重がいくらあるのかは聞いたことがなかった

そして12月13日(だったと思う)
ネットで何気なく摂取カロリーと体重の関係を見ていた息子は
自分の場合、一日の摂取量を1800キロカロリー程度に抑えたら減量できるらしいと理解し
わたしに話しを持ちかけてきた
この時、本人としては
「なんか面白そうかな」という程度の気持ちだったのかもしれないが
これを聞いて、ハイハイ、やりましょう!と乗り気になったわたしは
善は急げ~!今日からおかあさんがカロリー計算してあげるから♪と、がぜん張り切り
いきなりこの日から息子のダイエット生活は始まったのだった

まず、体重測定をしてみると
大学入学時より10キロ多い事がわかり
とりあえず『10キロ減量』が目標になった
そして、一ヶ月3キロ程度減らしていくために
一日の摂取カロリーを1800kcalと定め
一食あたり600kcalを超えないようにコントロールしたところ
40日を過ぎた現在、ちょうど4キロ減量できてきる

わたし自身は、若い頃カロリー計算に凝っており
これで体重のコントロールができることはよく知っているが
初めてチャレンジする息子は、結構ちゃんと減るもんだと実感したので
このまま目標に向けて続けるつもりのようだ
もし順調にいけば
ちょうど4月の入社までには目標を達成できるかもしれない

でも、もし本当に10キロやせたら
9月に新調したばかりのスーツがあわなくなるよね?
就職活動を開始した一年前には
大学入学時のスーツがギリギリなのをそのまま着ていたので
その後、10月の内定式にあわせて新調したばかりだったわけで・・・
な~んて心配はもう少し後でもいいかな^^;

ちなみに、わたしがカロリー計算をするといっても
息子が家でご飯を食べるのは朝だけという日も多いが
最近は学食やお弁当でもカロリー表示のあるものが増えているので
それらを見ながら計算して食べているらしい

そして、選ぶメニューも
以前は太りやすい洋食中心だったのが
今はすっかり和食中心になった
そして、昼も夜も必ず野菜を食べているなんて
昔なら絶対なかったことだ

一日1800kcalの食事というのは
内容を気をつければ結構多いし
健康的な食生活を続けることで
何となく風邪をひきそうにないというか
そんな自分の体調の良さも感じているという

ダイエットを始める決意をした時には
正直なところ1週間以内でやめるのではないかとも思われたが
ここまで続けば習慣化し
体が適正な食事量を覚えてきている

更には
食というものに関心ができたことから
食の安心安全にも興味を持つようになったため
おばあちゃんのつくる無農薬野菜も
それまでは好き嫌いがあって受け付けなかったものでもかなり食べるようになった

こうして何気なく始めたダイエットながら
得たものは多いと思う
それは息子だけではなく
その様子を見ているわたしにとっても同じく
性格とダイエットの関係とか
いろいろ勉強になることも多い
そう、息子のような性格は多分ダイエットに向いていると思うのだ
それについては次回へつづく。。

青春賛歌 | 23:05:21 | Trackback(-) | Comments(2)
おまけのドレス
試作品の身ごろを利用したオマケのドレスも完成した
dress2013124-2.jpg

dress2013124-4.jpg

dress2013124.jpg

今回は光りものではなくシックな飾りにした
dress2013124-1.jpg


手芸 | 23:14:23 | Trackback(-) | Comments(0)
紫のドレスを作ろう 6~下そでがついて完成
下そでを型紙通りに作ると、とてつもなく大きくなりそうなので
だいぶ悩んでこの大きさにした
dress2013121-1a.jpg

取り外しのできる下そで完成~
dress2013121-1b.jpg

これを上そでの内側に入れ、簡単に糸で止める

さあ、実際に着てみたらどんな感じなのだろう?
大きさとか大丈夫かなあ??(どきどき・・)











おぉぉ、、、なかなか良い感じに仕上がったではありませんか~^^v
dress2013121-1.jpg

そでのボリュームもイメージ通りになったし
dress2013121-2.jpg

この変形そでが想像以上に良くて気に入った
dress2013121.jpg

これにて、紫のドレスは出来上がり~♪

そして、このままの勢いで
試作品の上身ごろも、スカートをつけてドレスにする予定

*後日、写真館でポートレート写真を撮りました
dress2013303-1.jpg
dress2013303-2.jpg dress2013303-3.jpg


手芸 | 22:31:22 | Trackback(-) | Comments(0)
紫のドレスを作ろう 5~上そでがついた
上のそでをつけるところまで完了
dress2013118-4.jpg

すそをピンでとめている
dress2013118-3.jpg

「ひし形」効果か?腕の動きはスムース
dress2013118-1.jpg

この後、すそを縫って、本日の作業は終了

あと残るは、下のそで(ラッパ型)だけになった~


手芸 | 22:24:59 | Trackback(-) | Comments(0)
紫のドレスを作ろう 4~身ごろが完成
今日は一気に身ごろを仕上げた
dress2013117-1.jpg

学校から帰ってきた娘が
「わあ~、もうここまでできてる!」と喜ぶ^^
dress2013117-2.jpg

その後
さあ、この勢いでコンシールファスナーまで付けるわよ~~と意気込むも
縫っている感触がなんかかたいような?
うーん、一年ぶりのコンシールファスナーなのでよくわからない、、
dress2013117-3.jpg

と、適当に縫い終ってファスナーを上げようとしたら全然上がらない?!!@@;

縫い目を調べてみると
ファスナーの上を縫っている状態で
これで「かたいなあ」くらいでよくすんだものだと思うほどだった
で、このファスナーに食い込んだ糸を外すのがもう大変!!
いやもう大変どころか「無理!!」と思えるほどで
縫い目が小さすぎて老眼鏡をかけても太刀打ちできない・・(TT)

すっかり途方に暮れているところへ、娘が楽譜をもってやってきた
練習しなくちゃいけないけれど
ちっともやる気が出ないのでこちらに顔を出したらしい
これは良い助っ人が来た~~
というわけで、さすが若者、わたしが絶対無理と思った縫い目をしっかりほどいてくれた(感涙)

そんなこんなで本日の作業終了~

手芸 | 23:00:12 | Trackback(-) | Comments(2)
紫のドレスを作ろう 3~生地の裁断
本日の作業は
生地の裁断と、しるし付け
dress2013116-1.jpg

dress2013116-2.jpg

身ごろパーツと袖(上部分)で
120センチ幅の布を4.5メートル使った

あと、袖(下部分)=ラッパ型のところは
ドレス全体ができてから大きさを決めるので今日のところは保留だが
これだけで1メートル位は必要かもしれない

手芸 | 19:03:57 | Trackback(-) | Comments(0)
紫のドレスを作ろう 2~試作完了
朝から試作のやり直しを始めていたところ
夫が
「せっかくそこまで作るんだから、それもドレスにすればいいのに」
「裏生地の黒赤色を表にして作ってみたら?」
というので
早速その気になって作り直してみた

サイズはぴったり~
dress2013115-1.jpg

これで型紙の補正が完了したので
明日からいよいよ紫の生地裁断にとりかかろう

そして、この試作品は紫のドレスができた後
スカートをつけてドレスにする

手芸 | 22:14:06 | Trackback(-) | Comments(0)
紫のドレスを作ろう 1~型紙で四苦八苦
月末のオペラ発表会に向けての練習中
「背筋を伸ばして!」と毎回注意されているという娘のために
このたび背筋矯正ベルトを2種類購入した
ひとつは昔からよくある、背中でゴムがクロスしたタイプだが
もうひとつは、袖がついていて、肩が前へ入るのを防ぐようになっている
これが届いた日、わたしも試着してみたらとても気持ちがよかったので
自分のためにもうひとつ購入することにした
何しろわたしもかなりの猫背
そのため肩こりもひどくて、自分で何とかしたいけれど難しい・・
というわけで、今朝届いたのがこれ↓
kataraku.jpg

さあ、これを着てドレス作りのスタートだ!

・・・とまあ、意気込んで始めたはいいけれど
前回の中世風ドレス同様、海外製の型紙は説明書も当然日本語じゃないし
(だいたい日本語の説明書でも面倒で読まない性格なのに)
torisetu2013114.jpg

わたしの乏しい経験では型紙に意味不明なところもあって
考え込んでいるうちに随分時間が過ぎてしまった、、

いつものように余り布を使ってまず上身ごろの試作から始めてみると
アームホールがどうしてこんなにガタガタなの??
そでの型紙も通常と形が違うし
7番のひし形の型紙って一体どこに使うのだろう???
あ~もうわからないわからない・・・・--;
dress2013114-1.jpg

ここで仕方なく説明書をよく見てみると
あら、あったわここに~^^;
torisetu2013114a.jpg

通常、試作の段階では、袖まではつけないのだけど
今回は着用時にこの「ひし形」がどんな感じになるのか見るために
片方だけ袖をつけてみた
身ごろの幅は見ただけで大きすぎるので前6センチ、後ろ12センチつまむ
(一番小さいサイズを採用してこの大きさなのが海外製ならでは?!)
dress2013114-2.jpg

ひし形はこんな感じにつく
dress2013114-3b.jpg dress2013114-3a.jpg

これで試着してみたら
身ごろはちょうど良いが、肩幅がやや狭い
1~1.5センチくらい出したいところかな
あと、えりぐりをもっとあけたいし
面倒でももう一度試作をやりなおしてみよう

手芸 | 23:30:16 | Trackback(-) | Comments(0)
バラ仕事始め
年末年始、正面玄関の上を見上げては
ナツユキカズラの花がらが枯れて寒風に揺れているのを見るのが憂鬱だったが
7日、重い腰をあげてやっと枯れ枝を撤去し
代わりに白花モッコウバラを誘引した
うちの白花モッコウはいつも花が少ないのだけど
春にはここに白い小花があふれるように咲く姿をつい期待してしまう
まあ、何もないより緑が茂っているだけでも良いよね~とも思いつつ、、
front2013110.jpg

その後はバラの剪定作業に移った
roses2013110-2.jpg

昨年はどの株も光合成細菌のおかげか(?)結構生育状態が良かったので
剪定していても気持ちがいい
以前は、養生のため春の花も咲かせられないなと思うような株がいくつかあったけど
この春はとりあえず全部の株に花が期待できそう^^
roses2013110-1.jpg

roses2013110-3.jpg

しかし、剪定を始めて、勢いよくバサバサ切っていたハサミが粉粧楼の前で止まる
china2013110-1.jpg

これが咲くのを見たいよね・・
china2013110-3.jpg china2013110-2.jpg

道路からも見えるところだし
china2013110-5.jpg

同じく道路から見える位置に咲いているアイスバーグもそのまま残した
iceberg2013110-1.jpg

シュネープリンセスも
shune2013110.jpg

生垣花壇ではホワイトクリスマスだけを残してすべて剪定した
近所にこのバラがとても好きな人がいて
「毎日通っては今日はどのくらい開いたか楽しみに見ているの」
と言われるのでちょっと切りにくい^^;
white2013110-1.jpg

庭の中ではクリスマスローズが一つ咲いていた
chriro2013110.jpg


バラ2013 | 10:26:31 | Trackback(-) | Comments(2)
新しいドレスの準備
新しいドレスに使う予定の生地のサンプルが届いた
紫系と緑系の生地を5枚頼んでおいたが
今回は予定通り紫を使うことにして、青紫の布を注文しようと思う

ドレスのデザインはラッパ型の袖がついた「D」
ただし、袖が簡単に外せて「C」になるようにもしたい
cloth2013104.jpg
chambray1.jpg chambray2.jpg
chambray3.jpg chambray4.jpg

この生地は、見る角度によって色合いが変わるミラクルな布で
ルミナスシャンブレーのサイトの写真によれば
照明をあてるとこんな感じになるらしい
う~ん、なんて魅力的!!!
S-SBB5060T.jpg

ここの生地は、今まで使ってきた生地に比べてお値段が2倍するため
ちょっと手が出しにくいなあ・・・と思ってきたけれど
前回の中世風ドレスで少しは自信もついたので
そろそろチャレンジしてみたい(どきどき~)

手芸 | 22:43:17 | Trackback(-) | Comments(2)
A HAPPY NEW YEAR 2013
新年明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします


arenji2013101.jpg

新年礼拝後に家族写真を撮りました^^
fam2013.jpg


日々の暮らし | 00:00:10 | Trackback(-) | Comments(6)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12月 « 2013/01 » 02月
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.