黄小玉スイカ
今日は、母が楽しみに育ててきた小玉スイカを収穫する
suika2013727.jpg

結構大きく育って2.2キロあった
suika2013728-3.jpg suika2013728-2.jpg

皮が薄く、甘くて美味しい♪(ただし種が恐ろしく多いけど^^;)
suika2013728-1.jpg

渋い色が魅力のパープルカラバッシュも収穫
purple2013727-1.jpg

一ヶ月毎日食べたトマトもそろそろ終わりが近づいてきた
zeitaku2013727.jpg

現在バラは、葉が黄色くなって落ちる一方
新芽も伸びて何とか保たれている
(一緒に植えた緑肥作物がボサボサ生えてやや見苦しい、、)
roses2013727.jpg

唯一まともに咲いているのはツルバラの「裕」
yu2013727-1.jpg

この暑さの中でも
クレマチス”プリンスチャールズ”は元気
prince2013728.jpg

こぼれ種で咲くトレニア
trenia2013728.jpg

ブッドレア
buddorea2013727-2.jpg

ユーパトリウム
upatrium2013728.jpg


スポンサーサイト
庭つくり2013 | 19:07:52 | Trackback(-) | Comments(2)
猛暑の庭
白花フロックスが満開に
front2013721-4.jpg

front2013721-3.jpg

白い花が道路沿い花壇で良く目立つ
front2013721-2.jpg

手前のバラはレッドカイケイド
front2013721-1.jpg

白花フロックスの隣のバーバスカム
babasumaku2013721-1.jpg

クレマチス”アラベラ”の小さな花
arabera2013721.jpg

コムラサキ
komurasaki2013721-3.jpg

コムラサキの花
komurasaki2013721-2.jpg

コムラサキの実
komurasaki2013721-1.jpg

シックな色のニチニチソウと
nichinichisou2013721.jpg

サルビア
sarubia2013721.jpg

サルスベリも満開
sarusuberi2013721-1.jpg

ローゼンドルフシュパリスホープ
rosendolf2013721.jpg

ルイ14世も夏はこんな色に咲く
lui2013721.jpg


庭つくり2013 | 22:11:46 | Trackback(-) | Comments(8)
収穫
12日
小さいけれどはじめて加茂ナスを収穫した
hatake2013712-2.jpg

16日
枝豆の収穫開始
hatake2013716.jpg

部屋の窓を開けてトマトの様子を眺めるのが母の楽しみ
momotarou2013717.jpg

昨日の収穫
tomato2013717-1.jpg

バジルの葉を摘んで
今季はじめてバジルソースを作った
basil2013718.jpg


庭つくり2013 | 15:39:23 | Trackback(-) | Comments(2)
青春賛歌第三幕 11~思い出作り
教育実習も終わり
再び大学生活に戻った娘は
ある日ネットでおいしそうなお菓子と出会い
さっそく自分で作ってみることにした

フランスの修道院で作られていたという伝統のお菓子『カヌレ』は
1996年に日本でもブームになったらしいが
流行物にうといわたしは食べたことがなくて
一体どんなものなのか?と、娘が作るものに興味津々~
材料は
牛乳/グラニュー糖/薄力粉/コーンスターチ/バター/ラム酒/全卵/卵黄/バニラビーンズ
カヌレ型はないのでとりあえずココット型を使ってみる
kanure2013703.jpg

レシピの写真では、もっと周りが黒く焦げているのだけど
そんなに焦がしたら苦くて食べられないんじゃないかと心配し
この程度の焼き色にとどめておいたら
う~ん、、、ちょっと生っぽい感じかも?!
それでも味にうるさい夫が
「これは紅茶と一緒に食べると美味しいよ」というので
娘も気を取り直し
「今度はカヌレ型を買ってから作ってみる」「もっと焦がさないとね」
などと意気込んでいた

あれから2週間になるが
娘の口から「カヌレ」という言葉が出るヒマがないほどに
試験やコンサート等の準備で忙しく毎日が過ぎている
非常に暑い日が続いているけれど
娘自身はとても元気だ
好きな音楽に没頭しているこの瞬間こそが
彼女にとって生きていることを実感させてくれる時間なのだと
その様子を見ているとよくわかる

教育実習を終えて3週間ぶりに大学に帰ってみると
周りの同級生がすでに卒業を意識し
このまま音楽を続ける道を模索するのか
あっさり音楽をやめて全く別の道で行くのか
はっきり決められないまま悩んでいる人が少なくないことを目の当たりにした
娘自身は大学院へ進学すると決めているので
今週末行われる教員採用試験は受けないが
そこに向けてコツコツ準備をしている人たちもたくさんいるようだ
しかし広島県の音楽科教員の採用枠は中高で各2~3名程度
正職員への道は遠い・・

音楽が好きな人にとって
音大で過ごす4年間は夢のようなひと時でもある
ほとんどの学生の本心は
”これからも音楽を続けたい”というものだけど
将来の生活設計に音楽を組み込むことは非常に難しいのが現実だ

娘とて
じゃあ大学院を出てどうするという先のあては何もない
本当に全く何もないのに
それでも音楽を何とか続けていこうとするのは
ここでやめたら自分が後悔することを知っているから・・

来月行われる、植物園での恒例の野外コンサートには
一年生の時から一緒に出演してきたメンバーで臨むが
その中で娘は、ジブリ映画〈紅の豚〉のエンディング曲でもある
『時には昔の話を』をソロで歌うことにしている
中年の男が青春時代をふり返る内容のこの曲は
いつかは歌いたいと思っていた歌だ

その3番の歌詞を以下に書いてみる

  一枚残った写真をごらんよ
  ひげづらの男は君だね
  どこにいるのか今ではわからない
  友達もいく人かいるけど
  あの日のすべてが空しいものだと
  それは誰にも言えない
  今でも同じように見果てぬ夢を描いて
  走りつづけているよね どこかで


娘が歌うのを聞きながら
メンバーの一人がつぶやく
「やばい、、この曲聞いたら泣きそう、、」
彼女は卒業後、音楽と無縁の会社に就職することが決まっている
音楽を続けないからといって
この4年間が空しいものだとは決して言えないだろう
音楽を続ける者、離れる者、どちらにとっても
やがてすべては思い出に変わっていく
だからこそ余計に後悔しないよう今やれることを精一杯頑張って
そして楽しんで
良い思い出作りをしてほしいと思う

青春賛歌 | 20:53:07 | Trackback(-) | Comments(4)
猛暑の中で
元気な白花フロックス
flocks2013712-1.jpg

flocks2013712-2.jpg

クレマチス”ロウグチ”も夏に強い
rouguchi2013712-1.jpg

道路側からみると
西洋ニンジンボクがバックになって涼しそう
rouguchi2013712-2.jpg

なぜかダブルっぽく咲いたキキョウ
kikyou2013712-1.jpg

畑では、枝豆と混植したナスが埋もれた感じになっていたのが
今はぐんと伸びてきている
hatake2013712-1.jpg

枝豆は収穫間近
edamame2013712.jpg

hatake2013712-2.jpg


庭つくり2013 | 23:30:32 | Trackback(-) | Comments(6)
梅雨明け
もう明けてしまったのか、、、
連日のにわか大雨にうんざりしていても
それ以上に憂うつな猛暑の到来は
もう少し後が良かったなあ~~

blueg2013710.jpg

青空に咲くキャリエール
carierre2013709.jpg

この暑さでヘリテージは一日で散るだろう・・
heritage2013709.jpg

これからしばらくサルスベリが庭を彩ってくれる
sarusuberi2013709-7.jpg

sarusuberi2013709-4.jpg

sarusuberi2013709-3.jpg

sarusuberi2013709-8.jpg

白花フロックス
floks2013709.jpg

ブッドレア
buddorea2013709.jpg

それでも、夏野菜には早い梅雨明けも有難いかもしれない
トマトは雨に濡らさないよう毎日大変だったし
momotarou2013709-1.jpg

キュウリもうどんこ病が出始めていた
kyuuri2013709.jpg

オクラは初収穫
okura2013709.jpg

やっと生りはじめた加茂ナス
kamonasu2013709-1.jpg kamonasu2013709-2.jpg

苦くないというのが売りの『子どもピーマン』
(でも実際には普通のピーマンと変わらないと思う^^;)
kodomopeaman2013709-1.jpg kodomopeaman2013709-2.jpg


庭つくり2013 | 11:32:11 | Trackback(-) | Comments(2)
梅雨の庭 3
フェリシアの株もとで咲くのは
ラベンダー”スーパーセビリアンブルー”
猛暑も乗り越える強健種
roadg2013702-2.jpg

ラベンダーのうしろであふれるように茂っているのはクリーピングタイム
roadg2013702-1.jpg

roadg2013702-1b.jpg

西洋ニンジンボク
ninjinboku2013702-2.jpg

ユーパトリウム(コノクリニウム)         アルゲモネ・イエロー
upatrium2013702.jpg arugemone2013702.jpg

ブルーフォーユー
blue2013702.jpg

カフェ
cafe2013702.jpg

現在、多くのバラが黒点病で葉を落としている
昨年よりも状態が悪いのは
多分、一番花後に多めに肥料を入れたためだろう
おかげでたくさんのシュートが出たものの
チッソ過多のため組織が軟弱で一気に病気が広がったらしい
やっぱり薄い液肥にしておいて
ゆっくり枝を伸ばしてやればよかったなあ、、
無肥料栽培を模索しつつも
夏までに株を充実させたいとあせり
ついこうしてリバウンドしてしまうのが困ったものだ

ここ数年はバラも枯れなくなっていたのに
カラーブレークはここまで弱ったらダメかも?!
sickrose2013702.jpg

一方で、一時ひどい状態だったサハラ98は復活してきた
こういう株を見ると元気が出る
sideg2013702-1.jpg

さて、畑では
ドライトマト用のイタリアントマト”ボルゲーゼ”を収穫
borghese2013702-1.jpg borghese2013702-2.jpg

早速ドライトマトにする・・・といっても半生くらいかな
drytomato2013702.jpg

加茂ナス                      枝豆
kamonasu2013702.jpg edamame2013702a.jpg

小玉スイカ                     そうめん瓜
suika2013702.jpg uri2013702.jpg


庭つくり2013 | 21:46:58 | Trackback(-) | Comments(6)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
06月 « 2013/07 » 08月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.