青春賛歌第三幕 18~ヘアアレンジ
作るドレスがだんだんゴージャスになる一方
それに合わせたヘアスタイルについては
何か考えなくては・・・と思うだけで
実際には味気ないまとめ髪ですませてしまう娘は
「全く髪型に興味がない人」として学内では通っているらしい^^;

半年前、一年ぶりに美容院へ行き
ストレートパーマをかけ、傷んだ毛先をバッサリカットした際には
今後は降ろした髪型も取り入れるつもりだったのだが
(その時の記事はこちら
色々アレンジするにはストレートのままでは難しく
かといってこの上ウエーブパーマをかけるのも髪の毛がかわいそうなので
結局いつものまとめ髪(結んでバレッタで留めるだけ)に戻ってしまった

しかし、ドレスが大げさになるほどこの髪型ではあまりに地味だ
かといって、一度バッサリ切った髪は半年くらいではさほど伸びないし
ボリュームのある髪型にするのはとても無理・・・
というわけで
ついに「つけ毛」を購入することにした

最近はホント色んな種類のつけ毛があって
これはドーナツ状のシュシュみたいなタイプだ
wig20131030.jpg

昨日は他の門下の発表会にゲスト出演し
早速これを使ってヘアアレンジを試みる
横の髪は編み込み風にして(慣れていないのでやや中途半端?!)
後ろは束ねてお団子にし、つけ毛をかぶせて出来上がり~
(↓写真はビデオからの画像なのでちょっと写りが良くないけど)
hair20131030.jpg

今回のつけ毛は「お試し」という感覚で一番小さいものを購入したが
これからはロン毛タイプも取り入れて
ちょっと本気でヘアアレンジに取り組もうという気になったようだ
さあ、今度の新作ドレスにはどういう髪形を合わせるのだろう?!

昨日歌った曲は
コンクール本選で使ったハイドンのオペラ『まことの操』から
「不幸なわたしを誰が救おうか」 ←題名をクリックするとyoutubeサイトへ



この曲は、わが子を奪われそうになっている母親の祈りの歌
わたしにはもちろんイタリア語の歌詞は全然わからないけれど
コンクールの審査員の先生方ってみんな普通にイタリア語がわかるので
中途半端な発音で歌うと
”変なガイジンの歌”に聞こえてしまうのだろうなあと思う
そもそも声楽の世界は、日本語をしゃべる日本人にはとっても不利
娘もレッスンではいつも「ディクション(歌唱発音)」のことを厳しく指導されるが
”声を息にのせて普通にしゃべるように歌う”・・・というのはなかなか難しい~~

忙しかった10月が終わり
大学では推薦入試などのために明日から少し休みが続く
とはいえ、大学院の入試まで約一ヶ月
そして、卒業まであと4カ月になった。。


スポンサーサイト
青春賛歌 | 22:08:26 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 8~そで付け完了
そでが両方ついて
これでドレスの上部分は完成した
こうしてみるとほぼ出来上がっているかのようだが
dress20131030-1.jpg

スカートはまだ中途半端なままだ
dress20131030-2.jpg

今週は教会の大掃除を始めるので
ドレス作りも今日までにもっと作業を進めておくつもりだったけど
なかなか思うようには進まないなぁ~
まあまだ時間は十分あるし
焦らずやっていこう、、

手芸 | 15:54:47 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 7~そでを作る
下そでの内側になる布を裁つ
dress20131029-2.jpg

グリーンの生地と合わせて縫い
縫いしろに切り込みを入れて
dress20131029-3.jpg

ひっくり返す
dress20131029-4.jpg

レースをつけて、上部にギャザーを寄せ
dress20131029-5.jpg

上そでと合わせて縫う・・・が、これがかなり難しい!@@;
生地を二枚合わせてギャザーを寄せると分厚くなって縫いにくいのなんの、、、
dress20131029-6.jpg

今日は片そでがついたところでおしまい
dress20131029-1.jpg


手芸 | 23:53:38 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 6~スカートを縫う
脇スカートと後ろスカートをつなぎ、タックを取る
dress20131028-5.jpg

丁寧にしつけをした後で
ヒダを寄せる方向が反対なのに気づく、、、(毎回なにかやらかすなぁ・・--;)
dress20131028-6.jpg

気を取り直してタックをやり直し
前スカートとつなぐ
dress20131028-7.jpg

袖も片方だけ付けて、トルソーに着せてみた
dress20131028-1.jpg

ここまでくると全体の雰囲気もわかってきて
普通のドレスなら山場を越えたという感じがするのだけど
今回はまだまだ先が長い・・
dress20131028-3.jpg


手芸 | 23:57:02 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 5~上身ごろ完成
今日は縁取り用のブレードを探しに娘と手芸店へでかけた

舞台映えするようキラキラ素材を取り入れつつ
上品なイメージにしたいよね~ということで
黄味を抑えたゴールドに少し黒の入ったコチラ↓を選ぶ
dress20131027-1.jpg

イメージ通りに仕上がった~♪
dress20131027-2.jpg

追加の布もすでに届いているので
明日から一気にがんばろう!

手芸 | 23:37:20 | Trackback(-) | Comments(0)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 4~布を裁つ
わたしにとってドレス作りで一番苦手な作業は「布を裁つ」ことだ
いや、その前に
必要な布の量を割り出して注文するまでの葛藤もなかなか辛いものがある

ドレスの場合、スカート部分のパーツが長く
中途半端なところで布が足らなくなった場合には
途中でつぎ足すわけにもいかないし
今までかなり多めに見積もって注文しては
結局かなり余ってしまうのだった

今回のドレスは細かいパーツが多く
デザイン上、布もたくさん必要になるので
今度こそできるだけ無駄を出さないように
型紙を念入りに測って必要な量を割り出した

本来ならば、最初からすべてのパーツを裁断するのだけど
どうにもそういう気力がわかなくて
とりあえず上身ごろからとりかかり
それが完成したので、昨日から全体の裁断に入る

大きなパーツや
dress20131025-1.jpg

小さなパーツを組み合わせながら裁断していくと
dress20131025-2.jpg

途中で「計算間違い」に気づく、、、@@;

あ゛~~~~後ろスカートと脇スカートは2枚ずついるのに
1枚ずつしか計算に入れていなかったんだぁぁぁぁ、、、
というわけで、新たに2m注文し
余分な送料が発生してしまった・・TT

<今後のための覚え書き>
無地布(120センチ幅) 6m
模様布(112センチ幅)5.6m

注文した布が届くのは早くて3日後
それまでは袖を縫ったり
レースを買いに行って取りつけたりといった作業を行う予定

手芸 | 22:59:30 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 3~編み上げスタイルに挑戦する
ドレス作りを始めた頃には
これはとてもできそうにない・・・とか
説明書を読んでもちんぷんかんぷん??とか
とにかく悩ましい課題が色々あって
それでも今はコンシールファスナー付けも克服したし
とりあえず説明書をよ~く読むか、ネットで検索するなどしていけば
たいていのことができそうな気がしてきている
そして今回もひとつ課題を克服した

今回の課題は「背中の編み上げスタイル」だ
中世風のドレスにはこれがつきもので
英語の説明書を前に「無理無理!」と決め付けてきたけれど
意外と単純な作りになっている事がわかり
よし!やってみるか~という気になった

というのも、コンクール前一ヶ月で3キロ太った娘のドレスの調整を前日やっていて
編み上げスタイルだったら、いちいちほどいて縫い直さなくても
紐の締め加減で調節できて便利よねとも思ったのだ
(ちなみにコンクールから帰ってきたら2キロやせていたので
随分スタミナ使ったのだろうと思う)

まず、編み上げスタイルに必要な帯状の布を作り
穴をあけてハトメを取り付ける
この作業は夫におまかせ^^
dress20131023-1.jpg

この布をドレス本体に縫い付け
紐を通せば完成~♪
dress20131023-2.jpg

深い緑と金色を寄り合わせた紐がなかなか良いアクセントになった
dress20131023-3.jpg

ただ、このスタイルだと一人で着るのは無理だろうと娘に言うと
紐を半分くらいほどいて、上はゆるめた状態でかぶり
その後は上からと下からと少しずつ紐を締め、鏡を見ながら穴に紐をとおし
何とか自分で着脱して見せた
ドレスを着る時、いつも誰か知り合いがそばにいるとは限らないので
自力で何とかなることがわかってホッとする、、

手芸 | 21:53:19 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 2~上身ごろ本縫い
今日は一気に進めるぞ~~!
と、気合を入れて始めた作業は結構さくさくと進む♪

まず型紙を作りなおして、上身ごろの布を裁ち
dress20131022-1.jpg

パーツを丁寧に縫い合わせ
ジグザグで端の始末もして
さあ前と後ろのパーツを合わせようとしたら・・・?!!

うっそぉぉぉ、、、長さが違うじゃないの~~(がぁーん)
左右をつけ間違えてるんだわコレ、、、TT
dress20131022-2.jpg

しかし、気を取り直して何とかここまで完成~
dress20131022-4.jpg

今回は裏地も付けた
dress20131022-3.jpg



手芸 | 23:28:30 | Trackback(-) | Comments(2)
ビクトリア朝ドレスを作ろう 1~上身ごろの試作
今日は紫ドレスの余り布を使って上身ごろを試作する
やっぱりトルソー(胴体マネキン)があると
だいたいの雰囲気を見るのに都合がいいなあ~

胸元が開きすぎているので、布を5センチ足してみた
身幅はこんなものかなと思うが
丈は肩を2センチつまむとちょうどよさそうだ
dress20131021-1.jpg

そうこうするうちに娘が帰宅
試着すると、う~ん、つまむのは3センチかな

明日はもう一度この試作品を調整して
上身ごろの補正後の型紙を作ろう

手芸 | 22:44:37 | Trackback(-) | Comments(0)
そろそろ始めないと
10月になったら新しいドレス作りに取りかかるつもりだったのが
いつの間にやら時は流れて早10月も後半に、、

まあ急いで作っても
どうせお披露目は1月に行われるコンクール入賞者披露演奏会の時だし~
なんてすっかりのんびりモードに入っていたら
一ヶ月後に卒業写真の撮影があると聞き
やっとエンジンがかかってきた
というのも
撮影日にはスタジオつきのトラック?が大学にやってきて
ドレス姿の学生の写真を撮るというのだ
いや~これはもう新作ドレスで写らなくては~
まあ一ヶ月あれば何とかなるだろう?!(ちょっと弱気^^;)

というわけで
とりあえず上身ごろの型紙を出してきてカットする
dress20131020.jpg

始めたと言っても今日はここまで・・
明日は余り布で試作をしてみよう
きっと今回もあちこち不具合だらけなんだろうなあ~と
考えるだけで疲れてくるけど
とにかくここに書いておけば
明日からきっと頑張れる^^;;

秋明菊
shumeiguku20131020.jpg


手芸 | 21:50:24 | Trackback(-) | Comments(0)
青春賛歌第三幕 17~コンクール本選(17日追記)
9月3日の日記に記した声楽コンクールの本選(全国大会)が
今日、東京で行われ
娘は何と!ここでも1位をもらうことができた!!@@

娘から”神様に感謝!”のメッセージ付きで送られてきた画像
tokyo20131013.jpg

もう有難すぎて何と書いたらいいのやら言葉が見つからない・・・(感涙)

<17日追記>

本選から4日
コンクールサイトに結果が公表された

コンクール結果はこちら

ここの〈大学生部門〉の1位に、娘の写真と名前
そして大学名と指導者の名前も記載されている
本選の順位は准本選から大きく変動することもよくあるので
とりあえず先生の名前が載る順位に入れたらという願いを持っていたが
こうして最高の形で恩返しできることが本当にうれしい

准本選の時以上に、本選では多くの人が難しい大曲を選ぶ中
娘の先生が選んだ2曲は
誰も知らないようなハイドンの地味なオペラ曲と
もう一曲は何とあの『斑猫(はんみょう)』だった

注)『斑猫(はんみょう)』についてはこちらのページ参照

残念なことに今回は音源を残すことができなかったのだが
出かける前の練習を聞く限りでは
ハンミョウは3月に歌った時よりもぐっとグレードアップし
いよいよ怪しくコミカルな感じに仕上がっていた

大学生部門で自分の出番が一番最後だと知った娘は
「ハンミョウで終わりなんて、審査員の先生に何か気の毒だね」と苦笑していたけれど
そこまでずっと大曲ばかり聞いてきた先生方にとって
ハンミョウのようなゆるい曲は案外心地良かったのかもしれない

コンクールは8人の審査員による減点方式で審査され
1位と2位の差はわずか一点しかなかったが
「この一点に大きな意味がある」と後の講評で言われたという

講評によると、今回娘が評価されたポイントは
「bella voche(美しい声)」と「清楚な歌」
とりあえず声に関してはどこでも高い評価をもらうので
一年の時からベルカント唱法の訓練を重ねてきた意味が今になってよくわかる

更には
「指導者から教えられたことをそのままよく表現している」と言われ
「わたしがー」と自己主張しない歌が
聞く側には「清楚な歌」として心地良く響くこともわかった

また、プロの耳で聞くと「大学生の歌は所詮大学生の歌でしかない」という
だから、どんなに上手い人でも完璧なわけではないし
もっと高いレベルに至ろうとして努力している姿勢と
その方向性や勉強方法が正しいと評価された人
すなわち、このままいけばもっと伸びると評価された人に賞が与えられたようだ
と、娘は講評を聞きながら理解した

確かにHPには(後で気づいたことだが)
”本コンクールは「上位入賞者が将来、プロ歌手として活躍できるか」ということを基準に考えます”
その上で
”高校・大学の部においては、勉強の成果を表彰する”
と記されている

ちなみに、娘は滑舌があまりよくないので
ハンミョウの早口の箇所が少しつぶれてしまったため
「これから”ジュゲムジュゲム・・”と毎日唱えて訓練しなさい」といわれたらしい(笑)
古典落語の『寿限無(じゅげむ)』に出てくるこの長~い名前を
中学時代に落語研究班にいたわたしは今でも完璧に覚えているけどね^^v

9月の西日本准本選終了後の審査員講評の際には
「あなたの将来の夢は?」と先生からたずねられたが
娘は特にこれといった返事をすることができなかった
そもそも自分がこの先どうなりたいのかという明確なビジョンはなく
こうなるべきという自分で決めた思いもない
ただあるのは
もっと歌が上手くなりたい、これからも音楽を続けたいということだけだ
だからその時
「まさかこれで(卒業して)歌をやめるつもりじゃないでしょうね?!」と言われたのは
そんな娘の姿が、やる気がないかのように見えたのかもしれない

教会で育った娘には、野心は特にないものの
勉強を続けていくには何かとお金がかかるので
今回10万円の賞金をもらえたのはとてもうれしかったし
自分の歌が
とりあえず全国レベルである程度通用することを確認できたのが何よりの収穫だった
賞も賞金もすべては先の道へとつながるために必要なものであって
それを頂いたからには、このまま自信を持って前へ進むのみだ

娘にとってこの3カ月は
忙しいスケジュールの合間でコンクールの準備をするかなりハードなものだったが
最後にこうして最高の結果と共に
そのまま友人たちとディズニーランドで2日間しっかり遊んで帰るというオマケつきの
夢のような締めくくりとなった

*****

今日は、『ドイツリート研究会』の発表会があり
娘は久しぶりにモーツァルトの曲を歌った

「クローエに」/W.A.モーツァルト ←クリックするとyoutubeサイトへ




青春賛歌 | 21:30:08 | Trackback(-) | Comments(10)
秋バラへ 3
グルス・アン・アーヘン
gruss20131008-1.jpg

rose20131015-6.jpg

rose20131015-9.jpg

ジェネラスガーデナー
generous20131008.jpg

クイーン・エリザベス
elizabeth20131012-2.jpg

ブラックティ
blacktea20131012.jpg

rose20131015-7.jpg

ジュリア
rose20131015-3.jpg

ブルー・フォー・ユー
inblue20131015.jpg

rose20131015-4.jpg


バラ2013 | 22:50:28 | Trackback(-) | Comments(2)
青春賛歌第三幕 16~秋のコンサート
6日、娘にとって今年度3回目になる植物園での野外コンサートは
前日の雨から一転
カンカン照りの真夏日の下で行われた

この日はグリーンフェア開催中でたくさんのお店が出ており
入園無料ということもあって多くの人でにぎわっていたが
10月だというのにあまりに日差しが暑いので
特設ステージ前の椅子よりも
離れた木陰に座って鑑賞する人が多かった
sotie20131006-a.jpg

演奏内容は、ジブリ作品やディズニー映画そして唱歌など
幅広い年代の客層に対応できるよう盛りだくさんになっている

演奏終了後には
次回のクリスマスコンサートの依頼も受けたが
その時が多分『ソティエ』として最後のコンサートになるだろう

野外でのクリスマスコンサートは非常に寒く
衣装といってもコートを着込んだ姿になるため
今回のように華やかなドレス姿でのコンサートの記念にと
たくさん写真を撮った
sotie20131006-1a.jpg

sotie20131006-2s.jpg

sotie20131006-6a.jpg

sotie20131006-7a.jpg

sotie20131006-5a.jpg

sotie20131006-11.jpg sotie20131006-12.jpg
sotie20131006-15.jpg sotie20131006-16.jpg
sotie20131006-13.jpg sotie20131006-14.jpg


青春賛歌 | 19:50:33 | Trackback(-) | Comments(2)
秋バラへ 2
ロイヤルサンセット
sunset30131004-3.jpg

sunset30131004-2.jpg

sunset30131004-1.jpg

ブルーバユー
bluebajou20131004-1.jpg

まだ全然黒くないブラックティ
blacktea20131004.jpg

ディスタントドラムス
distant20131004-1.jpg

distant20131004-3.jpg

退色していく様が美しい・・
distant20131004-2.jpg

粉粧楼
china20131004-1.jpg

china20131004-2.jpg

グルス・アン・アーヘン(朝)
grus20131004-4.jpg

grus20131004-3.jpg

グルス・アン・アーヘン(夕)
grus20131004-1.jpg

grus20131004-2.jpg

ピーチブロッサム
peachb20131004.jpg

ジャストジョイ
justjoy20131004-1.jpg

justjoy20131004-2.jpg


バラ2013 | 19:38:19 | Trackback(-) | Comments(4)
秋バラへ
グルス・アン・アーヘン
gruss2013930-2.jpg

gruss2013930.jpg

gruss2013930-3.jpg

ジャストジョイ
justjoy2012930.jpg

クイーン・エリザベス
elizabeth2013930.jpg

ブルー・バユー
bluebajou2013930-2.jpg

bluebajou2013930-1.jpg

ピーチ・ブロッサム
peachb20131002.jpg

ヘリテージ
heritage20131002.jpg

ローゼンドルフ・シュパリスホープ
rosen20131002.jpg

ディスタントドラムス
distant2013930.jpg


*****

今日は恒例の小学校2年生生活科学習『町たんけん』があり
教会へも3グループ計12人の子どもたちが見学にやってきた
machitanken20131001.jpg

付き添いの先生は、何か粗相があっては・・とすごく心配してらっしゃったけど
わたしとしては
今の子どもたちは随分礼儀正しくなったなあと感心しているくらいだ
椅子の上を歩く子もいないしね^^
また来年はどんな子たちが来るのか楽しみにしておこう~

バラ2013 | 23:44:43 | Trackback(-) | Comments(4)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09月 « 2013/10 » 11月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.