秋色バラ 9
薄墨が美しすぎて・・(ため息)
20141128-1.jpg

20141128-2.jpg

20141128-4.jpg

20141128-5.jpg

20141128-6.jpg

20141128-7.jpg

ルイ14世はちょうどいい開き加減のところを見のがして
ちょっと開きすぎてしまった
20141128-9.jpg

で、更に開くとくしゃくしゃに、、
まあ、色は良いんだけどね~
20141128-8.jpg

ジャストジョイ
20141128-10.jpg

フェリシア
20141128-11.jpg

ブラスバンド
20141128-12.jpg

デンティベス
20141128-13.jpg

ブルームーン
20141128-14.jpg

オマケのウインターコスモス
20141128-15.jpg


スポンサーサイト
バラ2014 | 21:32:36 | Trackback(-) | Comments(2)
秋色バラ 8
ブラスバンド
20141126-2.jpg

コーネリア
20141126-1a.jpg

20141126-1c.jpg

薄墨
20141126-3.jpg

このシックな花色がお気に入り♪
20141126-3a.jpg

ヘリテージ
20141126-4.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール
20141126-5.jpg

20141126-5a.jpg

20141126-5b.jpg


バラ2014 | 23:37:02 | Trackback(-) | Comments(0)
バラの植替え作業
ドイツトーヒの樹にイルミネーションをつけるため
先週からやっと始めた庭作業~

今日は鉢バラを地植えした
20141124-2.jpg

鉢上げしてここまで復活したニュードーンだが
来春はどうなるだろう?!
20141124-3.jpg

クリスマスの準備も進んでいる
20141124-1.jpg

庭を整理し、ビオラを植えた
20141124-5.jpg

20141124-4.jpg

ヘリテージ
20141124-rose1.jpg

薄墨
20141124-rose3.jpg

20141124-rose2.jpg

ブラスバンド
20141124-rose4a.jpg

20141124-rose4.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール
20141124-rose5.jpg


バラ2014 | 16:43:18 | Trackback(-) | Comments(0)
秋色バラ 7
ヘリテージ
20141120-8a.jpg

20141120-8.jpg

クイーン・エリザベス
20141120-7.jpg

ホワイト・クリスマス
20141120-9.jpg

ルイ14世
20141120-6.jpg

ブラスバンド
20141120-1.jpg

マジェンタ
20141120-3a.jpg

20141120-3.jpg

粉粧楼
20141120-2.jpg

レッドカスケイド
20141120-5.jpg


バラ2014 | 22:18:26 | Trackback(-) | Comments(0)
秋色バラ 6
ブルームーン
20141115-2a.jpg

20141115-2.jpg

20141115-2b.jpg

20141115-2c.jpg

ルイ14世
20141115-5.jpg

粉粧楼
20141115-3.jpg

マジェンタ
20141115-4.jpg

20141115-4a.jpg

20141115-4b.jpg

カフェ
20141115-1.jpg


バラ2014 | 21:57:05 | Trackback(-) | Comments(8)
愛の話 6
先日、娘が電車に乗った時のこと
席があいていたので座りかけていた娘の背後に
向こうから突進してきたおばさんが荷物を突っ込んだ!
思わず「なんですか?!」と問う娘に
おばさんは自分が座りたいのだと主張する
朝から嫌な人間に出会ったものだと思っていたら
その日は更にプライドの塊のような人にもふりまわされ
疲れきって家に帰ってきた

わたしに似て気の強い娘は
昔だったら何らかの形でケンカをしただろう
でも今は黙っている
腹立ちまぎれのただのケンカは物事を解決しないし
自分の品も下げることになるわけで
もう大人になった娘はその辺はわきまえている・・・が
帰ってからも怒りは収まらない様子だった

その日はちょうど息子が休みの日で
仕事のこととか、色んな話をしている時に
”難しい人”についての話になった
自分がどういう人間であるかを本人が分かっておらず
ただ自分本位の基準で生きて、もめごとを起こし
結果的に嫌われてしまう人のことを
”かわいそうな人”と表現することがある
どんな人も自分が好かれていないことには敏感なので面白くないが
中でも更に難しいのは、反省だけは絶対しないと決めている人だろう
とはいえ、「自分が間違っていると思ったら生きていけない!」と宣言する人の姿は
強そうには見えても幸せとは思えない、、、

わたしは怒り心頭の娘に
息子の教えてくれた話を具体的にしながら
「嫌な人に出会った時、”嫌な人”と思うとますます腹が立つけど
”かわいそうな人”と思うと怒りが半減する気がするよね」と言うと
娘は笑いながら答えた
「もう半分以下になったわ~」

どんなに腹の立つことがあっても
こうして心の余裕ができたら何とかやっていける
そうでなければ、”嫌な人”をやりこめることばかりを考えてしまうだろう
”復讐心”は人を間違った方向へ誘導し
燃えるほどに心はすさんでくる

一方、”かわいそうな人”への思いは”あわれみ”だ
そもそも何が”かわいそう”なのかと言えば
一般的に「あの人も良いところはあるのにもったいない」といった話があるように
せっかくの持ち味が上手く出ていないということと
それ以前に、本人が自分の持ち味を理解していないところが
実にかわいそうなのだと思う
だから、かわいそうな人はかなり強いコンプレックスも抱えていて
その解決方法が分からないので
自分が上手く行かない辛さを八つ当たりしながら発散し
ますます人にうとまれる負のスパイラルに陥っている
もし自分の良さを知っていたら、そんなに卑屈にならずに済んだだろうし
持ち味を生かす道を歩んでいれば、それなりに認められもしただろう

どんな人でも自分を理解してくれる人に出会ったら嬉しくなるものだ
それが、その人の持つ良さを見出そうとしてくれる人であれば
心を閉ざした人にも変化が起こる
娘は、以前実習で訪れた場所で、気むずかしい子どもに出会った
みんなは彼への対応に苦慮していたが
彼が得意とする将棋を一緒に、しかも真剣にやっているうちに仲良くなったという
娘自身は将棋をやったことはなかったが
その子が本当に好きなものに自分も一緒に取り組むことで
彼のことが少しずつ分かってきたという
そういった自分への理解が彼にとっては嬉しかったのだろう

自分に自信のない人は、しばしば人と比べては
「わたしには何もない」と言うけれど
この世に生まれた人はみな、何らかの使命を持ち
それにふさわしい資質を備えている
だが、それが目立つものでなければ面白くないと思い
しかも、あれもこれもとたくさんのものを与えられなければ
満足しないかもしれない
人の心は弱く、欲深くなれば限りがないからだ

「マタイによる福音書25章」に登場する有名な『タラントのたとえ話』では
それぞれに与えられた財産をどう生かしていくのかという姿勢が問われている
この通貨”タラント”は、”タレント(能力・才能)”の語源だ
5タラントと2タラントをあずかった人は
すぐにそれを生かして働き、財産を倍にしたが
1タラントをあずかった人は、土に埋めて何もしなかった
そして、その”与えられたものを生かさない”ことを主人からとがめられ
彼はたった1つのタラントも失っていくのだった
こうして人は「わたしには何もない」という状態を自ら招くことになる

失敗して何かを失うよりも何もしない方がマシ・・
その生き方は、かつてのわたしも陥っていたのでよくわかる
確かに失敗しなければ表面的なダメージはないけれど
生きていてちっとも面白くないという内面のダメージは大きく
人間は何らかの生きがいを持っていないと
「自分は何のために生きているのだろう?!」との疑問をいだくようになる
その問いの答えは、自分が何かやってみないと分からないが
与えられているタラントは決して同じではないので
人と比べた時点で、自分のタラントを見失ってしまうのは残念なことだ

日本にはいつ頃からか「努力すれば何でもできる」という考え方があって
そういう教育を受けた世代は
がむしゃらに走った末に現実を知り、やがて疲れ果ててしまった
高度経済成長期の人々の望みは
ただ上を目指すことに集中したけれど
それに疲れた人々が”癒し”を求めるようになったのは
わたしが社会人になって以降だと記憶している
そもそも”癒し”なんて言葉は教会以外では聞いたこともなかったし
”ストレス”という言葉も昔はなかった

一方、社会の方も少しずつ変わってきている
昔は何かすごいことをする人だけが注目されたが
今は目立たないところで
”その人らしく生きている人”も評価されるようになった
古い教育の名残のある世代は
それでもまだ今も”勝ち組思想”にほんろうされていても
若い世代は、”自分なりの幸せ”の意味を理解し
自分に合うことを見つけて頑張っている人を素晴らしいと感じ
反対に、理想ばかりで空回りしている人を”痛い人”と呼ぶ
そして、この”痛い人”は
プライドが高すぎて自分本来の姿が見いだせない”かわいそうな人”でもある

先に、”かわいそうな人”への思いは”あわれみ”だと書いた
”あわれみ”という言葉は
自分の弱さを知る人には救いの言葉となるが
プライドの高い人にはしゃくにさわるかもしれない
わたしも若い頃は
”あわれみ”と聞いても何かみじめな印象があったような気がする
それでも、”あわれみ”は愛から来ているから
本当は誰でも欲しいはずだ

人は、他者へのあわれみを忘れて争い
自分へのあわれみを忘れて道に迷う
この世に、”何もない人”は存在しないというのは
誰もが大きなあわれみのうちに生かされているということ
「愛は寛容であり、愛は情け深い」
人間とことん切羽つまると、最後はここにたどりつく

********************

ミニザクロは食べられないけれど
大きなザクロにはない風情で心和ませてくれる
20141112-10.jpg


心の問題 | 07:31:44 | Trackback(-) | Comments(0)
秋色バラ 5
先週のマジェンタ
20141112-1.jpg

20141112-3.jpg

20141112-5.jpg

20141112-6.jpg

昨日のマジェンタ
20141112-7.jpg

20141112-16.jpg

20141112-9.jpg

20141112-8.jpg

粉粧楼
20141112-11.jpg

ブルームーン
20141112-12.jpg

黒点病のひどいオーギュスト・ルノアール
20141112-13.jpg

ルイ14世
20141112-15.jpg

ルイはやっぱりこの時期が美しい
20141112-14.jpg


バラ2014 | 10:57:57 | Trackback(-) | Comments(0)
音楽と共に生きる 3~市民フェスティバル
11月に入り
娘は友人たちとディズニーランド&劇団四季観劇でリフレッシュした後
週末の廿日市市教育委員会主催のイベントにゲスト出演した
ディズニーでは当選率7パーセントしかないショーの抽選にも当たる等
夢の世界を十分堪能したし
これからの演奏会ラッシュに向けてしっかり充電もできただろう

8日
みんなで童謡や唱歌を歌う会には
わたしたちの予想をはるかに越えた大勢のお客さんが集まっていた
収容人数約300人のホールはほぼ満席で
後から「廿日市市民は音楽への関心が高いんですよ」と聞かされ
地元がそんな恵まれた環境であることに改めて感動したのだった
festival20141108-3.jpg

会の間は舞台上にいて、歌唱リードにあたったり
festival20141108-2.jpg

ソロでも2曲歌った
festival20141108-1.jpg

「早春賦」 「浜辺の歌」  (←クリックするとyoutubeサイトへ)


急いで作ったドレスは
舞台上では着物のようにも見えてとても華やかで可愛く
頑張って作って良かったなあと思う
前回の紺色ドレスのように
今回のドレスも今後大活躍しそうだ

会の終了後には、たくさんの賞賛や激励の声をもらったが
5年前、当時高3だった娘が
県西部地区高校PTA連合主催の研修大会に学校代表として参加した時
会場に来ていたという人から声をかけてもらったのには驚いた
(当時の記事はこちら
その方は今回のチラシに娘の名前を見つけて来られたのだそうだ
当時のスピーチで語った通り、娘は音大に進学し
今こうして音楽の道を歩んでいる
「立派になられましたね」との言葉は、まだまだ駆け出しの身にはもったいないが
この日は音楽家として地元でデビューさせてもらったようなもので
会場の一番後ろにいたわたしも
娘が温かく迎えられている様子を見ることができて本当にうれしかった

娘自身は、今後も地元を中心にした活動を望んでいるけれど
この「地元」ほど難しい場所はない
そこは生活の場であり、娘の人間性も丸ごと見える場だからだ
地元で信用を得ることこそ
長年教会活動をしてきているわたしたちは最も重要なことだと思っている
そのためには、ごまかさず、真摯に、自分のするべきことをする
それしかない

先月末には4つの幼稚園での演奏会があったが
そこから帰るなり娘は
「お客さんとしては子どもが一番コワイね」と言った
彼らは正直で、思ったことを遠慮なく何でもしゃべる
その日の音楽劇では
魔法にかかって死んだことになっている役者がぴくっと動いたら
「うごいたぁぁぁ~~~!!!」と騒ぎ出した@@;
彼らを夢の世界へ招待するのがプロの仕事だから
食い入るように見ている子どもたちにとって本物に見えるように
役者は細心の注意が必要だ
娘自身は幼稚園での演奏会は初めての経験だったが
無事終了し、もう衣装も脱いで普通の服で帰ろうとしていたら
子どもたちは娘を役の名前で呼びながら何度も何度もバイバイしてくれた
きっと彼らは目の前で本物の「エルサ」を見た気になってくれたのだろう

(大学HPより)
20141028.jpg

来年3月のオペラの正式チラシができて、チケットの販売も始まった
すでに地元の方々から「「見に行きますよ!」と声がかかっているのが嬉しい
(クリックすると大きくなります)
椿姫20153221 椿姫20153222


音楽と共に生きる | 16:09:40 | Trackback(-) | Comments(4)
秋色バラ 4
rose20141107-9.jpg

散る寸前のマジェンタ
rose20141107-8.jpg

新しい枝
rose20141107-6.jpg

rose20141107-5.jpg

rose20141107-4.jpg

rose20141107-3.jpg

ストロベリーアイス
rose20141107-11.jpg

ブルームーン
rose20141107-2.jpg

デンティベス
rose20141107-1.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール
rose20141107-10.jpg

昨日、友人と出かけた宮島では
少しずつ紅葉が進んでいた
今の時期は修学旅行生と外国人客がいっぱい~
miyajima20141106.jpg


バラ2014 | 15:10:27 | Trackback(-) | Comments(2)
秋色バラ 3
ストロベリーアイス
rose20141102-1.jpg

ジュリア
rose20141102-2.jpg

rose20141102-3.jpg

マジェンタ
rose20141102-4.jpg

rose20141102-5.jpg

rose20141102-7.jpg

rose20141102-9.jpg

ブルー・フォー・ユー
rose20141102-8.jpg

チョコレートコスモスとコムラサキ
cosmos20141031-2.jpg

クレマチス”アラベラ”
arabera20141102.jpg


バラ2014 | 23:16:18 | Trackback(-) | Comments(0)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10月 « 2014/11 » 12月
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.