音楽と共に生きる 6~コンサートのチラシが届く
12月16日
まだ胃の調子が万全ではない中で、修士1年の試験の日はやってきた
30分プログラムを歌い終えた娘は
いつものように電話をかけてきたが
今回はとても気楽に歌えて、悔いが残るようなことはなかったという

何が気楽といって
昨年の入学試験で2年間の学費免除が決定しているため
今年はもうその手の審査がないのだ
一昨年の試験では4年生の学費免除がかかっていたし
それ以前もずっと免除を目ざしていたし
”お金がかかわる試験”というのはなかなか辛いもので
そのプレッシャーから逃れた今年は本当に気楽なのだった

入学する前から、お金の問題はいつも悩みの種ではあったけれど
もしお金の心配がなかったら、勤勉なタイプではない娘は
ここまで一生懸命やってはこなかったかもしれない
「お金がある人はいいけど、なくても悪くはないよね」と娘は最近よく言う

のびのび演奏できた今回の試験は評価もよく
はじめて選んだノルウェーの作曲家グリーグの作品は
これから更に勉強をすすめていくことになりそうだ
ノルウェーといえば
小学生の時からお世話になっているの声楽の先生が留学していた国で
先生から話に聞くだけだったグリーグが
今こうして娘にとっても身近になり
更には、所属している大学付属合唱団の一員として
ノルウェーへの演奏旅行の話もあるようで
憧れの北欧へ行けるかも?!との夢も膨らんできた
そこで心配になるのはまたお金だけど
「それはその時に考える」ことにして、今は開かれた道を進むのみだ

こうして試験も無事に終わり
教会のクリスマス礼拝の前日
アカペラ合唱の練習をしているところに
楽しみにしていたチラシが届いた!
ドレスの色に合わせたブルーグリーンの背景に喜ぶ娘~
いやもう何よりこんな舞台に立てることが感激なわけで
オーディションに受かった時には夢のような出来事だと思っていたのが
このチラシを見ると本当に現実なのだと実感できる(感涙)

20150305a.jpg

<チラシ裏のプロフィール>
20150305b.jpg

今後この<プロフィール>には
今回の広響との共演と、オペラ『椿姫』への出演が加わり
何となく音楽家らしい体裁が整うようになるが
これらの経歴はすべてこの2年間に得たものだと思うと
2年という短い年月で人生は大きく変わっていくものだと
感慨深い思いがしている

来年の今頃は
卒業後の身の振り方もある程度は決まっているだろう
それはどう考えても安定した道ではないけれど
この道に進んだ時からそれはもう覚悟の上だから
悔いだけは残らないのは確かだ

28日には、はじめてこちらの演奏会に参加
20131228.jpg

ここには広島だけではなく、北海道から九州まで
合唱をやっている人たちが50人ほど集まってきており
娘の所属する大学付属合唱団のメンバーが世話役をやっているので
初参加ながら娘も発声指導の手伝いをしながら、団員としても一緒に歌った

本番までの3日間は『国立江田島青少年交流の家』で合宿して練習したが
ここへは娘は中学生の時に臨海学校で行っており
帰る日には部屋がきれいに掃除されているか
職員が確認する「退所点検」が非常に厳しい事を懐かしく思い出したらしい

かくして29日から一週間”何もない休み”に入り
ただ今「家はいいわぁ~~」と、ゴロゴロしながらのんびり休みを満喫中だ


スポンサーサイト
音楽と共に生きる | 16:50:05 | Trackback(-) | Comments(0)
「万両」と「十両」
もう何年も前に「ふるさとの山」から持ち帰った万両と十両が
今年も赤い実をつけている
この時期になると、ついでに千両もあったら面白いよね~と思ったり^^

万両(ヤブタチバナ) 花言葉:固い誓い・慶祝
20141226-1.jpg

20141226-2.jpg

十両(ヤブコウジ) 花言葉:明日の幸福
20141226-3.jpg


昨日は残っていたツルバラの剪定誘引作業と鉢バラの植替えを完了し
その後クリスマス関連の飾りの片づけまでは手が回らなかったが
今日は夫が手伝ってくれて全ての飾りが片付いた
これにて今年のクリスマスも無事終了!

庭つくり2014 | 19:51:25 | Trackback(-) | Comments(2)
クリスマスの歌
一昨日、教会のクリスマス礼拝が終わり
昨日はその勢いのまま速攻で年賀状を準備した
原稿を作り、印刷を始めて20枚ほどプリントした段階で
上下さかさまであることに気づいたが(Oh~!!@@;)
幸いにも目の前に郵便局があるのですぐに買い足しに行った
その時、局員さんに「足りなかったんですか」と聞かれたけれど
思わず「はい、枚数を数え間違っていて、、」とかナントカとか言い訳しながら
さかさまに印刷したとは言いたくない自分に苦笑する^^;
そして今日は
鉢バラの植替え作業に手を出しつつも
半分ほどでギブアップ~~
明日は雨になるらしいし、ちょっとお休みかな、、

今年もクリスマス礼拝の後には
食事会の中で恒例のミニコンサートが行われ
アカペラ合唱やバイオリン、歌、ピアノの演奏を
食事をしながら楽しんでもらった
その後は子どもたちがビンゴゲームをしたが
中高生も小さい子のサポートをしながら
結構楽しそうにやっている姿が微笑ましい

わたしは
この”和気あいあい”とした”穏やかな”クリスマスが
みんなの心に残ったらいいなあといつも思う
特に子どもたちには”楽しい思い出”は重要だ
やがて彼らが大人になり、教会を忘れることがあっても
世の荒波に悩む時には
”逃れ場”としての教会を思い出すこともあるだろう

今年のツリーは
白・銀・透明のオーナメントを中心に飾った
tree20141125-3.jpg

中に天使がいる
tree20141125-2.jpg

こちらはフィンランド土産のオーナメント
tree20141125-4.jpg

娘が春から参加している大学付属合唱団の定期演奏会の音源が
youtubeにアップされていた

『歌え、奏でよ!』(ラテン語とドイツ語によるクリスマスの歌)


『きよしこの夜』


『荒野の果てに』



日々の暮らし | 22:25:12 | Trackback(-) | Comments(0)
12月のバラ 3
昨日、まだ雪の降りだす前のバラ

マジェンタ
20141216-1.jpg

20141216-3.jpg

ブラスバンド
20141216-2.jpg

ピーチブロッサム
20141216-4.jpg

夜遅くなって降り始めた雪で
あたりはどんどん白くなっていく
1216-1.jpg

1216-2.jpg

今朝の裏山とバラの様子
20141217-5.jpg

20141217-4.jpg

20141217-3.jpg


バラ2014 | 14:02:46 | Trackback(-) | Comments(4)
備北丘陵公園
息子は、今回の寒波がやってくる直前に
毎年の恒例行事である備北丘陵公園のイルミネーションを見に行ってきた

(画像はクリックすると大きくなります)
2014-12-12.jpg

この日は平日なので、人も少なくゆっくり楽しめる状況だったが
せっかちな彼のこと
17時半の点灯式を待って、ひととおり眺めたらさっさと帰宅
2014-12-12 e

それでも、この時にはまだ穏やかだった天候も
帰り道では前が見えないほどの雪になったというから
早く帰って正解だった
2014-12-12 b

教会のクリスマス礼拝まであと一週間となり
準備も今週が大詰めだが
以前と比べてずっと気持ちがのんびりしているのは
あれもこれもと気負っていた頃よりも、やることを減らし
一方で若者にまかせる部分が多くなったからだろう
2014-12-12 a

クリスマス礼拝後の食事会を始めてから11年が過ぎ
毎年ある一定予算の中でどれだけのことができるかと
子どもたちと共に色んな事をやってきたけれど
それは彼らにとって
”困難の中でも工夫して何かを作り出す”教育になり
それが今に役立っていると思う

いつもわたしが願うのは
”お金がない”ことを言い訳にしない生き方だが
それは理屈だけは分かっても
実体験がなければ身につかない

言葉だけがひとり歩きしがちな「おもてなし」も
実は地道な積み重ねあってこそのもの
目に見えない土台の部分が広いほど
高く積み上げられるシャンパンタワーを見るとそう思う
2014-12-12 c



日々の暮らし | 16:23:10 | Trackback(-) | Comments(0)
12月のバラ 2
マジェンタ
20141209-1a.jpg

20141211-4.jpg

ルイ14世
20141211-2.jpg

ヘリテージ
20141211-1.jpg

薄墨
20141209-3.jpg

20141209-2.jpg

ブラスバンド
20141209-4.jpg

20141211-5.jpg

20141209-4a.jpg


バラ2014 | 16:38:56 | Trackback(-) | Comments(2)
音楽と共に生きる 5~クリスマスコンサート
6日、植物園にて『ソティエ』のクリスマスコンサートが行われたが
夕方からひどく雪が降り出したため
急きょステージは野外から屋内に移された
20141206-5.jpg

いつもならイルミネーションが輝く野外ステージで
たくさんの人たちが足を止めながら聞いてくれるのだけど
コンサートのためにわざわざ屋内まで入ってくる人がどのくらいいるのだろう?!
と心配していたら
意外にも結構盛況で
入るなり「ここはあったかいわ~」と、くつろいだ雰囲気となっていた
正直なところ、わたしも今回ばかりは余りに寒いので
室内に変更になったと知った時はホッとしたものだ

今回はメンバーの急な病欠で曲を変更したり
土壇場で色々トラブルがあったり大変だったが
クリスマスソングをはじめとしたなじみの曲ばかりなので
小さなお子さん連れの家族も楽しんでもらえたようで良かった
20141206-2a.jpg

雪が降っていたのはコンサートが始まる前までで
その後はもう降ることはなかった
20141206-3.jpg

でもやっぱり寒いっっ!!
20141206-4.jpg

20141206-6.jpg

翌7日は
「アーバンビューグランドタワー」の10周年記念イベントに参加
(写真は↑リンクページより)
300px-Urban_View_Grand_Tower.jpg

タワーの前にはフードエリアがあり
そこで買った食べものを持って
ステージ前のテントの中で食べながら演奏を聴くという趣向だ
20141207-1.jpg

演奏曲目は前日とほぼ同じ
20141207-2.jpg

この日も子ども連れが多かった
20141207-4.jpg

娘のソロ曲は「美女と野獣」
20141207-3.jpg

この日は野外でも前日より気温が少し高かったので
演奏する方も聴く方も助かった~
何しろ娘は来週には試験もあるし
毎年この時期の野外コンサートは風邪をひかないかと心配だが
クリスマスシーズンならではのイベントだから仕方がないね、、

それでも今年は12月の演奏依頼をいくつか断っており
あとは年末28日の「ひろしまユース合唱団」のコンサートがあるだけだ
この頃は先生方からも「演奏会は選ぶように」と言われており
実際に依頼を端から受けていたのでは身が持たないし
自分自身が楽器という声楽家は体調管理も非常に重要になる

このイベントの翌日には
もういつからか忘れてしまうほど前から胃が痛くて困っていたので
思いきって病院へ行ってきた
診断の結果は
胃液の分泌が多く、胃の中に胃液がタプタプになっているとのこと
これが食道の方へ逆流し始めると大変なことになるため
とりあえず薬物治療が始まった
この状況で先の予定が詰め詰めになっていたら大変なことだけど
アドバイスに従って無理をしなくて良かったと思う

あと、先月14日
学内のロビーコンサートに出演したことを書いていなかったので
写真と共に記録しておこう
(写真は大学のfacebookより)
20141114marinbasoprano.jpg

打楽器の先輩からの依頼で
初めて「マリンバデュオ&ソプラノ」という組合せの演奏を経験したが
曲はポップスとクラッシックを融合したものからラップまで出てきて
娘の守備範囲が広がる良い機会となったようだ
特にラップに関しては全くわからず
練習しながら「わたしが歌うと”お経”になる!!」と本人焦っていた^^;

それはそうと、昨年のクリスマスから「これで最後!」と
何度かラスト宣言(?)してきたソティエの活動は
今回メンバーがそろわなかった事もあるし上に
まだやりたいと思うところもあって
でもメンバーそれぞれの事情もあるし
今のところは保留・・というより続ける可能性が高くなっているらしい
来春には
このメンバーが中心になってミュージカル『オペラ座の怪人』もやるようだし
とりあえず当分の間は「これで最後!」は封印かな・・?

音楽と共に生きる | 15:27:47 | Trackback(-) | Comments(2)
12月のバラ
ブラスバンド
20141203-1.jpg

20141203-2.jpg

20141203-3.jpg

コーネリア
20141203-4.jpg

20141203-5.jpg

薄墨
20141203-6.jpg

20141203-6a.jpg

ルイ14世
20141203-7.jpg

20141203-7a.jpg

20141203-7b.jpg


バラ2014 | 16:17:51 | Trackback(-) | Comments(0)
音楽と共に生きる 4~目まぐるしく変わる日々
11月の後半からは
『椿姫』のキャスト練習が始まった
今回の主役も相手役も娘の大学の先生だが
学校を離れた舞台では決して”先生”と呼んではならないというのが
この世界の決まりらしい
「ベテランも学生も役者は対等であること」というのは
かつて息子が大学4年の時に
「学生も教授も研究においては対等に議論するべきなので
研究室で学生は教授を先生と呼んではならない」
と教わったのと似ている

特に音楽で生きている人々は学校や音楽教室で教えている人がほとんどで
娘でも地元合唱団では先生と呼ばれているし
それと、今回のキャストは医師や歯科医もいるし
もうどこを向いても先生だらけだ~~

11月半ばには、臨時参加のミュージカル本番もあり
今年は学外の団体で新しい人に会う機会が多く
その分緊張する場面も増えている
何しろどこへ行っても学生の娘は一番若いし
とにかくものすごく気を使って胃が痛い、、
それはちょうど職場がコロコロ変わるようなものだから
こういう生活に慣れるまではしばらく時間がかかりそうだなあ・・

22日には、学内において
『声楽家とピアニストのための公開講座 』に参加
外部の先生に見てもらうのは初めての経験で
しかも聴講生がいっぱいいる前でのレッスンだし
きっと大変だろうなあと思っていたら
「すごく勉強になったよ~!」と喜んで帰ってきた
レッスンしてもらった曲は『斑猫(ハンミョウ)』
「この曲のハンミョウは虫ではなく男をたぶらかす女です」と教えられて
変わった曲をますます妖しく歌う技法を習ったらしい
そのうちどこかで演奏する機会があれば録音しておきたいなあ~

そして11月一番の難関日は30日
この日は、大学付属室内合唱団の定期演奏会と
「オペラ研究」の授業の発表会が重なって大忙し!@@;

まずは定期演奏会に出演
elisin20141130.jpg

大学HPより)
20141130erisin.jpg

終了後すぐに別ホールに移動~

「オペラ研究」では、有名なオペラの一場面を演じるが
今回の娘の役は
『フィガロの結婚』のケルビーノと『こうもり』のロザリンデ

『こうもり』の方は、おなじみのメンバーが
セリフを日本語でやっていて面白かった

<登場人物>
銀行家 アイゼンシュタイン
その妻 ロザリンデ
メイド  アデーレ

公務員を侮辱した罪で刑務所に8日間収監される予定のアイゼンシュタインは
その前日、友人の誘いにより妻に内緒で舞踏会へ行こうとしている
そこには美しい女性がたくさんいると思うともう嬉しくて気もそぞろ~
またメイドのアデーレも「伯母さんが病気」というウソを口実に
ロザリンデに休暇をもらって遊びに行こうとしていた
komori20141130-1.jpg

一方ロザリンデも夫の留守中に元恋人と会うことになっている
3人は心の中はうきうきしながら、表向きしばしの別れに涙するのだった
komori20141130-2.jpg


↓今回の演奏はこちら
オペレッタ『こうもり』より第1幕No.4(←クリックするとyoutubeサイトへ)

さて、12月に入り今日から一気に寒くなったが
今週末には植物園での野外コンサートが控えている
この日は、今度こそ『ソティエ』のラストコンサートになるだろう
その6日の予想最低気温は1度!
わたしも厚着して見に行かないと・・

音楽と共に生きる | 23:20:01 | Trackback(-) | Comments(0)
秋色バラ 10
今日から12月なのでもう冬のバラだけど
撮影したのは昨日と一昨日なのでまだセーフ?!

今夜から寒波が入ってくるということで
今朝はサルスベリや大きく茂ったマダム・アルフレッド・キャリエールを剪定した
誘引作業はまだ中途半端だが
とりあえずクリスマスまでには何とかしよう(すぐ先延ばしにする^^;)
それにしても今朝の気温は17度でお天気も良く
作業中はちょっと暑いと感じるくらいだったので
明日の朝はギャップに戸惑うんだろうなあ、、

ルイ14世
20141201-1.jpg

コーネリア
20141201-2.jpg

ジャストジョイ
20141201-3.jpg

20141201-3a.jpg

チェリーブロッサム
20141201-4.jpg

ブラスバンド
20141201-5.jpg

20141201-5a.jpg

20141201-5b.jpg

ブルームーン
20141201-6.jpg

20141201-6a.jpg

薄墨
20141201-7.jpg

20141201-7a.jpg

20141201-7b.jpg

20141201-8.jpg


バラ2014 | 22:42:31 | Trackback(-) | Comments(6)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
11月 « 2014/12 » 01月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.