音楽と共に生きる 26~音楽のある暮らし
昨日
娘が「松原千振合唱指揮マスタークラス」のモデル合唱団員として出かけている間に
わたしは息子と一緒に
お嫁さんが参加する弦楽演奏会に行ってきた
娘の関係で演奏会に行く機会は結構あるけれど
弦楽器だけの演奏会は初めてだ
concert2015830-1.jpg

演奏会は子どもの部と大人の部があって
最後はみんなで一緒に演奏するのだが
曲によって編成が変わるので
彼女がどこに移動したのかを2階席から目を凝らして探しながら
演奏する様子に注目していた
concert2015830-2.jpg

それにしても本人恥ずかしがって写さなくていいといったけど
せっかくの記念だから
やっぱりしっかりしたカメラを持ってくるべきだったなあと思う
娘も帰ってきて「ビデオ撮ってないの?楽しみにしてたのに」と言うし
次回はいつもの撮影機材をもっていこう・・と、すでにやる気満々~

最後は子どもも大人も一緒の大合奏が行われ
concert2015830-3.jpg

最後の曲では小さな子たちも全員が参加
concert2015830-4.jpg

まだ幼いのにみんな一人前に弾いてる姿がホント可愛い!
もう見るだけで癒される感じ~
それにしても、「弓さばき(?)」というのだろうか
幼い子どもたちでもそれぞれ全然違っていて
音はわからないけど、見た目すごく優雅な弾き方をする子もいる
何しろこれだけの人数だから
ひとりひとりの動きを見るだけでも面白くて
この日は何か新しい世界を見たような気がした

わたしの周りで弦楽器を弾く人は、高校時代の友人が一人いるだけだし
娘の学校でも弦楽器専攻の学生は少ないと聞いているので
今回こうしてたくさんの人たちが弦楽器に親しんでいる様子を見て少し驚いたのだが
中には中高年になって習い始める人も結構あるようだ
弦楽器はピアノほど一般的ではないし
学校でも吹奏楽部はあっても弦楽部は非常に少なく
きれいな音や確実な音程を確保するのも難しい楽器だから
憧れをいだく楽器でもあるのだろうなあと思う

お嫁さんは毎日フルタイムで働きに出ているから
ヴァイオリンの練習は休みの日くらいしかできないが
わたしは昔から子どもたちがピアノや歌の練習をするのを聞くのが好きなので
彼女が部屋で難しい箇所を何度も集中練習していると
「よし、がんばれ!あ、できた~」と、心の中で思わずおせっかいな応援をしている(笑)
わたし自身は楽器を弾くのは苦手だけど
多分聞くのは相当好きなのだろう

今回久しぶりに演奏会に出かけた息子は
「こういうのを聞くとまたピアノが弾きたくなるね」と言っていた
学生時代はよく弾いていたピアノも
就職してからは全く聞いたことがない
今は日常的に娘の歌があるけれど
あの頃の我が家はいつも息子のピアノの音が響いていた
気がつけばいつも音楽のある暮らしが当たり前になっていて
それはわたしにとって癒しでもあったのだ

先月体調不良に陥って、何もやる気が起きなくなっても
(バラでさえどうでも良いと思えるほどになっても)
とりあえず娘の歌だけは聞きに行きたいと思い
まだかなり熱のある状態でも出かけて行ったが
あれから症状も落ち着いてきて、一週間後にはまた出かけることができた
そんな気力も体力も全くない状態でも
音楽を求めて動く自分がいるらしい
昨日も演奏会に行ったら元気が出て
久しぶりに髪を染めることができた
わたしの場合、音楽の効果はかなり大きいようだ

彼女は5歳から高校生までヴァイオリンを習っていたが
その後5年間ブランクがあり
今は仕事の合間を見て、無理のない程度で再び習いに行っている
地元の市民オーケストラでは弦楽器はいつも募集があるけれど
残念ながら仕事と両立は時間的に難しそうだし
どんどん活動する余裕はなかなかないとしても
これからもヴァイオリンはずっと続けてほしいなあと思う

一昨日、同僚から「明日の休みは何をするの」と聞かれた息子が
「嫁さんのヴァイオリンの発表会に行く」と答えたら
「何か優雅だなあ」と言われたらしい
そう、音楽のある暮らしは優雅な暮らし
現実の生活は色々あっても、それは幸せな暮らしなのだ

スポンサーサイト
音楽と共に生きる | 16:16:16 | Trackback(-) | Comments(2)
フロックス
夏の間、花が散る先から次の蕾が出て来て
繰り返し咲き続けたフロックス
frocks2015830.jpg

最近は蕾も減ってきて
おまけに今週はほとんど雨の予報だし
そろそろ終わるのかな~


庭つくり2015 | 22:17:10 | Trackback(-) | Comments(0)
音楽と共に生きる 25~プレッシャー
「お盆明け後の一週間は夏休み~」
そう言ってゆっくりするつもりだった先週
娘は、いきなり急性腸炎になり、血液検査の数値が悪く
2年前の入院寸前状態に近い状況に陥った
正確に言えば、”いきなり”ではなく
2週間くらい前からすでに胃酸が出過ぎの症状が出ていたのだが
こうして休みの期間を利用して(?)の発病は
辛いけれどもグッドタイミングというべきかと、、

こういう芸事の世界は
「一任された責任のある仕事」や「代わりのいない仕事」が多く
「期待にこたえたいとの思い」もあって
どこを向いても手が抜けない状態から
いつも緊張感から解放されることがない
心の状態によって胃液は過剰に分泌されたり抑制されたりするため
胃に症状が出てきた時点で、すでにかなりの重荷になっていることがわかるが
だからといって責任を放棄するわけにもいかず
そんな中、今回一番心配したのは、日曜日のホテルウェディングフェアだった
この日は半年に一度の大フェアがあり
新しい曲と演出をお披露目する大事な日
ところが、数日前から水を飲んでも吐いてしまう状態だったので
胃液でのどが荒れることはもちろん、体力がなくて歌えない心配も大いにあった
それでも、いつも本当にすごいと思うのは
その時になったらクリアな声でちゃんと歌えることだ
特に今回の選曲では透明感のある声が要求され
前日に練習するのを聞きながら
これほど体調が悪いのにどうしてこんなに上手く歌えるのだろう?と
わたし自身も本当に驚いた
だから娘はいつも言う
「もし神さまがいなかったら絶対わたしは歌を続けられない」
そう、このプレッシャーの中でやっていくことはとても不可能だとわたしも思う

今回の曲のうち
少年合唱団リベラの「Far away 彼方の光」は
ひたすらピュアに、ビブラートをかけずまっすぐ歌うのがポイントだ
この曲、まさに天使の歌声!という感じでとてもいい
いつか何かの本番で娘が歌うバージョンを録音したいなあ・・

「Far away 彼方の光」 ←youtubeサイトへ



その後、回復しつつもまだ背中の痛みが残っていた火曜日は
台風のため午前の合唱団練習はお休みとなり
ゆっくり休んだ後、「FMはつかいち」の仕事には出かけることができた
ここでは「さくらぴあ」での演奏会を紹介するコーナーにアシスタントとして出演しているが
10月からはどうやら一人立ちするらしい
mizuho2015818.jpg

こうして、一番状態の悪い時から一週間が過ぎ
昨日からはすっかり普通食に落ち着いて
今日は大学の定期演奏会の強化練習に出かけることができた
ここから4日間は休めないのでギリギリ間に合ったという状況だ

そして来週は友人の舞台を見に東京へ行く
仲間のデビューステージは想像するだけでもう涙が出そうだから
ハンカチではなくタオルを用意して行くのだそうだ
この報告はまた帰ってから・・

音楽と共に生きる | 18:55:52 | Trackback(-) | Comments(0)
ミニアサガオ
「ミニアサガオ」の種をまき
本葉が出てきた頃になって
ミニアサガオはツルが伸びない品種らしいと知ったので
そうなんだ~と思っていたらこの有り様、、、
周りのバラもクレマチスも巻き込んでクルクルと伸びている
これは本当にミニアサガオなのか?!
asagao2015824-1.jpg

まあ花が可愛いから良いけどね
asagao2015824-2.jpg

葉っぱも斑入りで涼しそうだし
asagao2015824-4.jpg

でも、庭のあちこちに種をまいたから
どうにかしないとアサガオのツルだらけになりそう@@;
asagao2015824-3.jpg

ワレモコウのある場所はアサガオがいないので静かな感じ
waremokou2015824-1.jpg


庭つくり2015 | 13:58:30 | Trackback(-) | Comments(0)
ワレモコウ
毎年ワレモコウが咲き始めると
秋が来ることを実感してホッとする
waremokou2015820-1.jpg

waremokou2015820-2.jpg



庭つくり2015 | 21:01:47 | Trackback(-) | Comments(10)
そうめん瓜のペペロンチーノ
先月収穫した「そうめん瓜(錦糸瓜)」を
夫がペペロンチーノ風に調理した
uri2015714-2.jpg

オリーブオイルで刻んだニンニクを炒めた後
ゆでて絞ったそうめん瓜と、「特製の具」を入れる
uri2015817-1.jpg

この「特製の具」は夫の考案で
納豆昆布・おつまみのスルメソーメン・アミエビをワインであえている
(我が家ではパスタでもチャーハンでもたいていこれが味のベースになる)
uri2015817-2.jpg

そうめん瓜はシャキシャキした食感が命なので
にんにくを炒めた後は火をとめて調理
uri2015817-3.jpg

味付けはナンプラー(魚醤)
ナンプラーは使い始めたら病みつきになる~
uri2015817-4.jpg

一味唐辛子を加えて
uri2015817-5.jpg

出来上がり!
uri2015817-6.jpg


日々の暮らし | 19:48:19 | Trackback(-) | Comments(2)
ヘチマ
数年前からヘチマを食べることにハマって
毎年種をまいている
hechima2015817-1.jpg

今年初めてできた実は
3日前にはこのくらいだった
hechima2015817-3.jpg

今日はここまで生長していた
明日は収穫しよう
hechima2015817-2.jpg


庭つくり2015 | 16:46:03 | Trackback(-) | Comments(2)
おだやかな暮らし 4~どうしようもない話
先日、3週間ぶりに雨が降り
連日の猛暑もやっと落ち着いた
7月26日から原因不明の高熱と頭痛で寝込んでいたわたしに代わって
夫が毎晩一生懸命水やりをしてくれたおかげで
バラも元気に生きている
rose2015813-2.jpg

後頭部のチリチリする痛みは「後頭部神経痛」と診断され
主にストレスからくるというものだったが
そういえばわたしは昔から
偏頭痛や三叉神経痛、肋間神経痛といった神経痛持ちで
それが後頭部に出ただけならまあ深刻な病ではないと思って安心した

しかし、問題は熱の方だ
39度近い熱が出た翌日には近くの医院へ行ったが
血液検査の結果、炎症反応が全く出ておらず
感染症の類ではないのに、その後、高熱が5日も続くとなるとこれは何?!
となった時、医師からは「自律神経の乱れかも」という話が出て
ああなるほどそれなら納得がいくわと思ったとたん
その日から少しずつ熱が下がり始めた
とはいえ、結局平熱になるのに2週間以上かかり
家族にはずいぶん心配をかけることになってしまった

一口に「自律神経の乱れ」といっても
そこからどんな深刻な症状が起こるのかは
今までいくつもの症例に出会って知っている
そして、どんな重症の人もやがて癒されていく過程を実際に見ているので
自分の場合も大丈夫だとすぐに思った・・・が
この種の病は放置したままではダメだということも知っている
そこには「寄り添う人」が必要だということ
つまり、発症の元となっている問題を聞いて理解を示す人が必要なのだ

わたしには30年来の「どうしようもない問題」がいくつもある
それらは解決することもなく、あきらめるしかない問題だから
頭の中ではそれを理解し、すっかりあきらめたつもりになっていても
現実には悔しくて哀しくて仕方がない思いがつのっていて
それがこうして身体の症状に出たのだろう
今さら昔の事を夫にグチってもどうしようもない事も知っているし
それでなくても日常的に人の愚痴ばかり聞かされている夫に
「どうしようもない問題」を話しても
夫自身も同じ問題の被害者だというのに、負担を増やすばかりだと思っていたが
結局、夫がそんなどうしようもない話に毎日延々とつきあってくれて
話すことで自分が確実に元気になるのがわかった
本当に有難いことだ
そしてそのことは
わたし自身も今までたくさんの人の話を聞いてきたけれど
それはきっと何か役に立っていたんだろうと
少し心慰められる経験でもあった

さあ、そろそろこのどうしようもない問題から本当に立ち上っていかないとね
愚痴はくり返すときりがなく
相手を共に闇に引きずり込もうとすることをわたし自身よく知っている
教会に持ち込まれる話には良い話なんてほとんどない
例として一番わかりやすいのはお金の話で
「お金がない」という愚痴を言い続ける人の話は
相手に「出してくれ」といって脅迫しているようなものだ
自分の問題を他者に丸投げするのは、自分を省みない人のすることで
無責任な人には成長がなく、問題はいつまでも解決しない
問題の中には、いつも自分が学ぶべき課題があるはずだ
「自分は何者なのだろう?」・・・と

遅くから種をまいたミニアサガオが咲き始めた
asagao2015815.jpg

寝込んでいる間は、熱が下がりつつある時でも、心が荒んで
大切にしてきたバラの事さえもう全部枯れてもどうでもいいわと思える始末、、
どうしようもない問題を思い出せば思い出すほど腹が立ち
過去にこだわるほど自分も周りもダメにしていくことを実感する
そんなことを夫に言ったら
黙ってせっせと水やりしてくれて、栄養剤までかけてくれて
こうして花が咲くと、やはり嬉しい

自然のものは、闇の中にいる人の心に
ふと光の存在を感じさせてくれることがある
人が自分で心を変えようとしても出来なかった事が
小さな花一つ見ることで変わっていくこともある
昨日は、また写真でも撮ろうかなと思ってカメラをもって外に出た
光の方へ導いてくれる人がなければ
まだ痛みや熱も続き、家から出れないままだったかもしれない

だからわたしも、これからまた人のどうしようもない話を聞くだろう
それは、その人が自分の進むべき方向を見つけるため
いつまでも過去にとどまっていないで
光に向かって歩き始めるために

心の問題 | 19:57:57 | Trackback(-) | Comments(0)
音楽と共に生きる 24~懸賞に当たる
前回、娘が初めて着物を購入することになったことを書いたが
その時もらったクジの発表があり
なんと!特賞に当たってしまったのだ~~@@
賞品は超高級着物地(皇室御用達)で
好みの模様の白生地を好きな色に染めて仕立てまでしてもらえるというもの
この前買った着物も十分高級品を非常にお安くしてもらったのだが
今回はこの先とても買えそうもないようなものをタダでいただけるという
何ともありがたい出来事に、お店の人まで大興奮だったそうだ
これはもう今後確実に着物が必要になるということだろう
とりあえず大学院を修了する時の謝恩会に
今回は着物と袴をレンタルしようかと言っていたので
(大学卒業の時はドレスだった)
たちまちここで着ることができるし
来春からはいよいよ社会人になり
改まった席に出なければならなくなった時でも着るものに困らないですむ
仕立て上がりはどちらも10月
出来上がりが今から楽しみだ♪

さて、8月の活動については
7日に、5つの大学が地下街で行うコンサートがあり
そこにフロッシュで参加し、最後のトリを務めた
15分ほどのステージの内容は
前半はエレクトーン演奏、後半はミュージカル曲のメドレー
娘はソロで「すべての山に登れ(サウンドオブミュージックより)」を歌う他
「ショウほど素敵な商売はない」を二人で歌った
shareo2015807-1.jpg

shareo2015807-2.jpg

youytubeサイトへはこちらをクリック



あとは合唱コンクールに助っ人として参加したり
いつもの合唱団の指導やホテルの聖歌隊といった仕事の他に
今日から「FMはつかいち」のパーソナリティ・アシスタントを務めることにもなった
しゃべることに関しては、娘の場合あまり滑舌が良くないのを気にしているのだが
こういう仕事を通して訓練するのも良いのかもしれない
何にしても今は何でも勉強だから
自信はなくてもとにかく一生懸命やってみることにしている

音楽と共に生きる | 22:43:01 | Trackback(-) | Comments(6)
立秋を過ぎて
なお猛暑の続く日々だけど
とりあえず先週のせるはずだったクレマチスの写真をアップして
ブログを涼しげ(?)にしておこう、、
clematis2015804-1.jpg

clematis2015804-2.jpg

clematis2015804-3.jpg

clematis2015804-4.jpg

clematis2015804-5.jpg


庭つくり2015 | 22:01:28 | Trackback(-) | Comments(2)
音楽と共に生きる 23~平和コンサート
7月25日
廿日市市を上げて盛大に行われた平和コンサートで
娘は「わたしのお父さん(O mio babbino caro)/プッチーニ」を歌った  
2015725-3.jpg

2015725-5.jpg

2015725-2a.jpg

2015725-8a.jpg 2015725-4a.jpg
2015725-6a.jpg 2015725-7a.jpg

2015725-8.jpg

第一部では、もう一人のソプラノの方のソロがあり
その後は二人で「埴生の宿」を歌う
そして第二部では
8歳から88歳までの154名で構成された市民合唱団(公募)と一緒に
日本の唱歌を歌った
2015725-1a.jpg


『平和コンサート』の様子はこちら (←youtubeサイトへ)


また31日は、公民館での『ピースコンサート』(60名限定)があり
こちらは赤系のドレスを着て演奏した
2015731-8.jpg

2015731-6a.jpg

会場のみなさんと一緒に「花は咲く」を歌う
2015731-1a.jpg

演奏が終わり、花束をいただいて
2015731-2a.jpg

アンコールに応えて歌う
2015731-3a.jpg

『ピースコンサート』の様子はこちら (←youtubeサイトへ)


更に、このコンサートの翌日には
8日まで山口県で行われている『第23回世界スカウトジャンボリー』の世界ミサに
大学から聖歌隊として参加するために出かける
3000人が出席するミサでは1時間半にわたって歌い続け
娘は途中「詩篇」のソロも担当したらしい
調べてみると、当日はこんな感じだったようだ
worldmass2015802.jpg

さて、熱気に包まれた、そして実際にものすごく暑い会場から帰ってきた娘は
翌日、着物の着付けを習いに行く
先月、浴衣を見に立ち寄った着物屋さんで
思いがけず初めて着物を買うことになり
(写真モデルになることから娘でも買える位の値段にしてもらった)
なおかつ着付けも無料で教えてくれるというので
これを機会に、今まで自己流になっていた浴衣の着付けもきれいにできるように
一から勉強することにしたわけだ

イベントのステージでは、夏は浴衣をリクエストされることもあるし
今後は着物も必要になるかもしれない
きっとそのための準備がすでになされているのだろう
何事も勉強することに無駄はない
彼女は昔から着物柄にとても興味があって、でも高いから手は出せないけれど
着付けを習う時にも、すごく素敵な柄の着物を着せてもらったと興奮していた

こうして高価なものをいろいろ見せてもらった後は
風呂敷を2枚買って帰る
娘はいつもドレスを風呂敷に包んでかばんに入れるので
大判の素敵なものを探していたら良いものに出会えた
furoshiki2015804.jpg

今日は、前期の成績をもらいに行き
その後は7日のイベントの合わせをする
7日が終われば8月は本番の予定がなく少し落ち着けそうだ

音楽と共に生きる | 20:01:29 | Trackback(-) | Comments(2)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07月 « 2015/08 » 09月
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.