バラ土にモミガラを使う試み
いつもコメントを下さる「おきさん」から
”土壌の物理的な気相率の改善のためにモミガラを使う”ことについて
書き込みがあったのは9月初めのことだった
モミガラについては
HCで売っているバラ苗の鉢底にモミガラが使用されているのをよく見るので
以前からその効用について気にはなっていたのだが
炭素率の高い資材を土に混ぜて使うと「チッソ飢餓」が起きるという「常識」に捕らわれており
今までバラには積極的に取り入れたことはなかった
一方、モミガラは毎年たくさん下さる方があるため
母はそれを「微生物のエサや住み家」としてよく畑にまいており、
それらが自然と土にも混ざっていくうちに畑の状態は年々良くなっている
数年の間には相当量のモミガラが入っているはずだが
「チッソ飢餓」が起きている様子はない↓
hatake20161129.jpg

そしてこの度おきさんから
9月末にモミガラをバラの土に混ぜた結果の報告を受け
特に10号鉢の底土がべっとりと加湿になりがちなうちのバラも
これは一度モミガラで土壌改良してみようと思うに至ったのだった

おきさんからのコメントはこちら

コメントから一部を抜粋すると
9月末に植替え作業を実施した結果は以下の通り

***************************
 ・バラに限らずダリア、マーガレットなど明らかに元気になった。
 ・バラは秋の長雨にも丸坊主にならず葉はかなり多く残った。
 ・バラは貧弱だった花がカタログ値と同じサイズが咲いた(どの株も)。
 ・返り咲きしなかったバラが返り咲きして咲いた。
 ・少しの肥料でもよく効くようになったと思います。
 ・分解が遅いので根詰まり気味になってもカチカチにならずに済むかも?。あくまで希望
  カチカチになると水の通り道ができて水遣りしても満遍なく行き渡らないです。
 ・挿し木苗でも試していますけども元気です。
****************************

これまで土壌改良のためにあらゆる方法を試してきたわたしも
ここ数年はもう行き詰って成す術もなく過ごしていたので
このモミガラ作戦には久しぶりにバラ心が活性化してやる気が出てきた
というわけで早速実行!

まずはわたしもおきさんと同じく不調のロイヤルサンセットを植え替えてみる
sunset20161129-1.jpg

根は思ったよりもあったが、白根が少ない
sunset20161129-2.jpg

まず鉢底にモミガラを敷き
sunset20161129-3.jpg

古土にモミガラを4割程度混ぜて
sunset20161129-4.jpg

再び苗を植える(10号鉢のまま)
sunset20161129-5.jpg

古い土がこれだけ余った分、鉢は軽くなった
sunset20161129-6.jpg

これと同じ方法で、鉢底が過失気味なものをいくつか植え替え
他にも、新しい土を使っての植え替えもやってみる

使ったのはこの土
momigara20161129-1.jpg

これにモミガラを4割加えて
8号鉢のバラ苗の植替えに使う
momigara20161129-2.jpg

あと、わたしがいつも自分で配合しているバラ用の土も用意し
これにもモミガラを加えて実験してみることにした

なお、おきさんのモミガラの配合割合は5~6割で結果が良かったとのことなので
わたしの場合は、鉢底にモミガラを敷いた分を差し引きして4割にとどめている

これからバラは休眠期にはいるため
動きが出るのは2月以降になるが
追って結果を報告して行こうと思う

スポンサーサイト
土と微生物 | 23:38:25 | Trackback(-) | Comments(6)
秋色のバラ 3
フェリシア
felicia20161125-1.jpg

この株は一時弱っていたのだけど、どうやら復活したらしい
felicia20161125-2.jpg

グルス・アン・アーヘン
gruss20161125-1.jpg

gruss20161125-2.jpg

粉粧楼
china20161125-1.jpg

china20161125-2.jpg

ブルームーン
bluemoon20161125-2.jpg

bluemoon20161125.jpg

ヘリテージ
heritage20161125-1.jpg

heritage20161125-2.jpg

イレーヌワッツ
irenu20161125-1.jpg

しのぶれど
shino20161125.jpg

ジュリア
julia20161125.jpg


************************

志音が階段から落ちないようにベビーゲートを設置した
shion20161125.jpg

本人は遊び道具が増えたと思っている(多分)
shion20161125-2.jpg


バラ2016 | 21:56:59 | Trackback(-) | Comments(4)
壁面のバラ再び
今年のバラは全体的に春から調子が悪く
カミキリムシ被害にあっていたキャリエールも枯れてしまったし
そのうち猛暑でわたしのテンションも下がりっぱなしだったが
なぜかナニワイバラだけは元気でシュートをバンバン伸ばし
9月5日にはこんな状態だった
naniwa2016829.jpg

小さな挿し木苗を頂いたのがもう10数年前のこと
ここ数年は花数も順調に増えていたが
今年のシュートの伸び方は何が起きたの?!!と驚くばかりだった
というのも
このバラは地植えではなく、元々タル型のコンテナに植えられており
年月の経過と共にタルは朽ちて
今は麻布で巻いただけのお粗末な状態・・・
下には少し砂利が敷かれているものの
更にその下はコンクリートだ
naniwa20161123a.jpg

そんな根の環境でどうしてこんなに伸びるのかと
不思議に思いながらそれから2カ月がたち
その間、枝数も長さもいよいよ増えていった

ナニワイバラはトゲが多く
枝が駐車場にはみ出すと危険なので
とりあえず伸びる端から枝を束ねてひもで結んでいたら
そのうちごちゃごちゃになってきた
・・・うーん、、、これをどうするべきか?!!

かつてこの壁面には
2階部分までアイスバーグが枝を張り広げ
春の2週間をそれはそれは華やかに飾っていた
あのアイスバーグがカミキリムシで枯れた時
もうバラを壁面に誘引することもないだろうと思っていたが
今回のナニワイバラを見ていると
どうやら枝の長さは2階まで十分届きそう・・・
というわけで
複雑に絡んだ枝を傷だらけになりながら外し
葉っぱをむしり、枝を整理していく
以前のように3メートルのハシゴを使うのは恐いので
2階の窓から下ろしたひもを枝先に結んで釣りあげ
壁面に残された誘引用の針金に留めていくと
予想以上に、いい感じに誘引できた!!
naniwa20161123.jpg

来春、ここに花が咲いたら
かつての風景がよみがえる~~(すでに妄想が広がる♪)
いや、ちゃんと咲くのか?うん、きっと咲くでしょう!
そういうことにしておこう^^

<今日のバラ>
グルス・アン・アーヘン
gruss20161123.jpg

粉粧楼
china20161123.jpg

バーガンディーアイスバーグ
bice20161123.jpg

ジュリア
julia20161123.jpg


バラ2016 | 21:06:36 | Trackback(-) | Comments(6)
秋色のバラ 2
ヘリテージ
heritage20161121-3.jpg

heritage20161121-2.jpg

heritage20161122-3.jpg

heritage20161122-2.jpg

heritage20161122-4.jpg

粉粧楼
china20161121-1.jpg

china20161121-3.jpg

china20161121-4.jpg

ジェネラスガーデナー
gene20161121-3.jpg

gene20161121-2.jpg

オフェーリア
ophelia20161121-1.jpg

ophelia20161122-1.jpg

ophelia20161122-3.jpg

ophelia20161122-2.jpg

アフロディーテ
afro20161121-1.jpg


************************

<今日の志音>

わたしのベッドでお昼寝
shion20161122-3.jpg

shion20161122-2.jpg

おばちゃんと一緒
shion20161122-1.jpg

アイロンに興味津々・・・熱くはないけど目が離せなくなったなぁ
shion20161122-4.jpg


バラ2016 | 22:54:38 | Trackback(-) | Comments(0)
秋色のバラ
粉粧楼
china20161120-1.jpg

china20161120-3.jpg

china20161120-2.jpg

china20161120-4.jpg

ジェネラスガーデナー
gene20161119a.jpg

gene20161119-2a.jpg

gene20161120-1.jpg

イレーヌワッツ
irenu20161120-1.jpg

オフェーリア
ophelia20161120-1.jpg

ophelia20161120-2a.jpg

しのぶれど
shino20161120-1.jpg

shino20161120-2a.jpg

ブラスバンド
brass20161120-1a.jpg


バラ2016 | 23:40:34 | Trackback(-) | Comments(0)
日々根っこと格闘した結果
ついに左肩から肋骨にかけてひどい痛みが出るようになったので
根っことの戦いも一時休戦することにした
とはいえ再開できるめどはついていないけど
まあ今はこれくらいにしておけということかと、、、

ブラスバンド
brass20161118.jpg

粉粧楼
china20161118-1.jpg

china20161118-3.jpg

china20161118-2.jpg

ジェネラスガーデナー
gene20161118-1.jpg

gene20161118-2.jpg

gene20161118-3.jpg

しのぶれど
shino20161118-1.jpg

pansy20161118.jpg


*********************

食事中に寝落ちした志音
明日で満10カ月になる
shion20161118.jpg


バラ2016 | 21:07:19 | Trackback(-) | Comments(2)
詰め放題
チューリップの球根『詰め放題500円』セールをやっていたので
幾つ入るのか試してみたら54個入った@@
tulip20161117.jpg

何色かもわからないし
多分チューリップの歌にある「赤白黄色」か
せいぜいピンクがあれば良い方だと思うが
今年は久しぶりにチューリップを植えたいと思っていたので
とりあえず買ってみることに・・
早速あちこちに植えて
猫が掘り返さないようにローズマリー等の剪定枝を敷いておいた
tulip20161117a.jpg

斑入り種の野ぶどうが初めて実をつけ色づいた
nobudou20161117-3.jpg

それにしても何年か経つうちに葉っぱが斑入りじゃなくなっている?!
nobudou20161117-1.jpg


庭つくり2016 | 23:40:24 | Trackback(-) | Comments(0)
深まるバラの色
最近咲くバラは
秋バラらしい深い色で美しい

ディスタントドラムス
distant20161116-1.jpg

この色がいい!
distant20161116-2.jpg

ブラスバンド
brassband20161116-1.jpg

粉粧楼
china20161116-1.jpg

china20161116-2.jpg

イレーヌワッツ
irenu20161116-1.jpg

ロイヤルサンセット
royal20161116-1.jpg

しのぶれど
shinobu20161116.jpg

ジェネラスガーデナー
gene20161116-1.jpg

gene20161116-2.jpg

先日ドイツトーヒの根を掘り起こして開墾した場所に
今日は花の苗を植えた
blueg20161116-1.jpg


バラ2016 | 20:40:53 | Trackback(-) | Comments(0)
スーパームーンの次の日
68年ぶりの超スーパームーンはこちら雨で見れなかったので
今夜思い出して出てみたら、雲の中から・・・
supermoon20161115-2.jpg

出てきた!
supermoon20161115-3.jpg

でも時間が遅かったので
すでに高く上っており
いつもの月と大きさがどう違うのかサッパリ??だった^^;
supermoon20161115-1.jpg


日々の暮らし2016 | 22:57:01 | Trackback(-) | Comments(0)
根と格闘する
11月に入ってからは
寒くなる前に!ということで
荒れ放題になっていた庭をぼつぼつ整理している
これが草取りとか剪定だけならまだ作業もどんどん進むのだけど
今回は「根本的な改装」を目ざしているので
2時間たってもここがやっときれいになった程度だ
sideg20161114.jpg

なぜそんなに時間がかかるのかと言うと
ここにはドクダミの根がびっしりとはびこっているから、、
観賞用の五色ドクダミだからといって甘く見ていたら
やっぱりドクダミはドクダミだったわ・・・--;

またここにはシランも植わっていて
ドクダミに負けじとこちらも株がどんどん大きくなっている
それらをとにかく全て掘り起こし
ドクダミの白い根を少しも残さないように取り除きながら
再びシランを植えていった
いやシランだけじゃなくて
もっと何かこうもっと色々植えたいけれど
シランと互角に戦えるような根の植物じゃないと育たないので
とりあえず今はこのままにしておこう

一方、こちらの庭も根っことの戦いが待っていた
blueg20161114.jpg

ここは先日剪定作業を行ったドイツトーヒの樹が君臨しており
庭中がその根っこで満ちている
定期的にその根を掘り出さないと
せっかく植えた植物も育たないので
ここも時間をかけて開墾した
とはいえ、作業が進んだのはまだほんの一角
日を改めてまだまだ頑張らなくてはならない(←自分に言い聞かせている)
ちなみに花壇の縁には薄紫の芝桜を植えてあるが
今回できたスペースには何を植えようかなあ~

バラ以外に根の張る植物がない花壇は
管理も簡単で、すでに新しい苗も植えている
pansy20161114-1.jpg

こちらの花壇は、こぼれ種のノースポールを移植した
pansy20161114-2.jpg


庭つくり2016 | 19:05:24 | Trackback(-) | Comments(0)
11月11日は
世間では「ポッキー&プリッツの日」とか様々な記念日になっており
『日本記念日協会』よるとその数は37もあるらしい*_*

「日本記念日協会」はこちら

まあ今後どれだけ記念日が増えようとも
わが家にとって11月11日は「息子の誕生日」
これにつきる

今日で28歳になる息子にとって
今年は自分が親になった忘れ難い年
今日も仕事から帰ってくるのは10時過ぎだし
その時には志音は寝ているかもしれないけれど
お嫁さんが作ったチーズケーキを食べながらお祝いをするのだろう

志音はあと一週間ほどで10カ月になる
今はしっかりつかまり立ちもできるようになって
最近のブームは炊飯器
shion20161111-1.jpg

特に好きなのはしゃもじで遊ぶこと
shion20161111-2.jpg

ザルやボールもお気に入りの遊び道具だ
shion20161111-3.jpg


*****************************

<今日のバラ>

粉粧楼
china20161111-1.jpg

china20161109-1.jpg

china20161109-2.jpg

ブラスバンド
brassband20161109-1.jpg

ディスタントドラムス
distant20161109-1.jpg

ヘリテージ
heritage20161111-1.jpg

ブルーバユー
bluebajou20161111.jpg

ロイヤルサンセット
royalsunset20161111-1.jpg

紫雲
shiun20161111.jpg


日々の暮らし2016 | 19:41:37 | Trackback(-) | Comments(0)
音楽と共に生きる 44~童謡・唱歌コンサート2016
今年も廿日市市教育委員会が主催する「生涯学習フェスティバル」の中で
『みんなで歌おう!童謡・唱歌2016』が開催され
娘は今回もゲストとして招いてもらった
3回目になる今回はソロ曲が6曲あり
初めの年は2曲、昨年は4曲とだんだん増えていっている
そして、衣装は初めて着物姿を披露~
昨年”当たった”着物はあれから大活躍だ
shoka20161105-3a.jpg

shoka20161105-5a.jpg

shoka20161105-8a.jpg

shoka20161105-1a.jpg

ソロ曲の動画はこちら↓

「故郷の廃家」「七里ヶ浜の哀歌」「城ケ島の雨」(←クリックするとyoutubeサイトへ)


「時計台の鐘」「宵待草」「希望のささやき」(←クリックするとyoutubeサイトへ)


さて、童謡・唱歌コンサートも無事終わったところで
今度は月末の市民ミュージカルに向けての舞台稽古が忙しくなってきた
演目は『シンデレラ』
娘はシンデレラに魔法をかける「妖精の女王」の役をすることになっている
絵本の世界だと魔法使いのおばあさん役だが
ここでは小さな妖精たちもたくさん登場する独自のストーリーとのこと
シンデレラ20161126

また、10月から自分自身のレッスンも再開し
こちらの舞台にソリストとして出るための練習をしている
(↓クリックすると大きくなります)
14608874_1148130111931878_6480001116849395736_o.jpg

14570682_1148130188598537_6052396976255689610_o.jpg

更に1月末にはオペラ『ルサルカ』に「外国の王女」役で出演するので
その練習もすでに始まっている
12月にはいくつかクリスマスコンサートに出演するし
こうして舞台に立つ機会は毎月あって
指導者としての仕事も演奏家としての仕事も共に恵まれ
本当に感謝なことだと思う

音楽と共に生きる | 23:32:27 | Trackback(-) | Comments(2)
ドイツトーヒの剪定
毎年クリスマスシーズンにはイルミネーションを飾るドイツトーヒだが
植えて15年もたつとすっかり大きくなって茂りすぎ
中の方は枝が込み合っているのを今年こそ何とかしたい!
・・・というわけで今日はいきなり剪定作業が始まった

tree20161103-1.jpg

電動チェンソーで枝を間引いた後は
夫が木に上って葉が黄色く枯れ込んだ細枝を切っていく
tree20161103-2.jpg

tree20161103-6.jpg

樹形を整えるためにはもっと切りたいところだけど
クリスマスシーズンにあまりにも葉っぱが少ないのも寂しいので
とりあえずこのくらいでとどめておいた
tree20161103-7.jpg

イルミネーションを外した後(年明け)に
改めてバッサリ切ろうとかとも話しているが
問題はその時に元気があるかどうかだよね~^^;

<今日のバラ>

粉粧楼
china20161103-1.jpg

ブラスバンド
brssband20161103-1.jpg

アフロディーテ
afro20161103-1.jpg

イレーヌワッツ
irenu20161103-1.jpg

ヘリテージ
heritage20161103-1.jpg

薄墨
usuzumi20161103-1.jpg

usuzumi20161103-2.jpg


庭つくり2016 | 23:13:31 | Trackback(-) | Comments(0)
宮古島の旅 3
宮古島最後の一日は
海岸めぐりに連れて行ってもらった
案内してくれたのは新郎のお姉さん
わたしとは同じ年で神学校でも一緒だったので
車で移動中も色々話に花が咲く
そして、飛行機から見たあの橋を渡って伊良部島へGO~!
irabu20161026-2.jpg

この日は曇っていたため
海の色が本来の美しさではないと聞いたが
irabu20161026-2a.jpg

案内された海岸はそれはそれは美しかった~~♪
irabu20161026-1.jpg

更に海水をなめてみると
わたしが知っている瀬戸内海の海水とは味が全然違っていた
(甘いというか、うま味があるという感じ)
その海水で豆腐が作れるとのことで汲んできてもらう
irabu20161026-3.jpg

ペットボトルに汲んでもらった海水は
全く濁りがなくて海水とは信じられないほどきれい
irabu20161026-4b.jpg

途中から日が照ってきて、海の色が輝きだした
irabu20161026-4.jpg

次に案内されたのは「砂山ビーチ」
白い砂の坂道を下っていくと
サンゴ礁のトンネルがあった
miyako20161026-1.jpg

写真では逆光で見えないけれど
海水の透明度は抜群!
miyako20161026-2.jpg

そして帰りは砂山を上るが
これが結構大変で年を感じるなあ~^^:
あと靴の中に砂が容赦なく入ってくるも(歩くたびに埋まる!)
非常にサラサラなので靴を脱いでふるえば問題ないのも
瀬戸内海の砂とは大違い・・・って
元々ここは砂と言うよりサンゴだからね・・・というのを実感する

あとは「雪塩」の製塩所へ行って
目の細かい塩を練ったパックを手の甲にのせマッサージを体験
1分後に洗い流すとなるほどスベスベになった!
(ちなみに夫はこすり過ぎたのかヒリヒリすると言っていたけど^^;)

そんなこんなで、3日目は宮古島の自然を満喫させてもらい
そのまま沖縄へ飛んで、翌日に広島に帰ってきた
帰りは雲が多くてほとんど下の景色は見えなかったが
雲と空の様子が美しくて
最後まで自然に癒される旅となったのだった
okinawa20161027.jpg


日々の暮らし2016 | 21:52:20 | Trackback(-) | Comments(0)
PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
10月 « 2016/11 » 12月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.