FC2ブログ
バラにつくカビ 2
「薄墨」の枝に残った白いカビは
そのまま放置するわけにもいかないだろうと思い
今度はEM発酵液肥に浸したペーパーを巻いてみた
しばらくして、ペーパーをはがすと
白カビは茶色くドロドロになっていて
こすると枝の地肌が出てきた
イメージ的には表面のカビが溶けた感じ
kabi6.jpg

この後、水で全体を洗うとすっかりきれいになり
あたかも元通りになったかのように見えるが
問題はこのカビの正体だ

これは倒木によく見られる木材腐朽菌に似ている
もしそうであるならば
カビがついたまま放置すればその枝はどんどん朽ちてしまう
いや、その前に、そんな菌に寄生されるほど
このバラはすでに弱ってしまっているということなのだろう
ここ2年ばかりべト病などで随分ダメージを受けていて
農薬による治療も試みたがどうも上手くいっていない
今回たくさんの鉢バラの鉢増し作業が行われる中
このバラはこれ以上つつかない方がいいと思って対象外とした

さて、木材腐朽菌についてちょっと調べてみよう
まずこの菌が繁殖する条件は
・湿度85%以上(このところ湿度の高い日が続いている)
・木材含水率が20%以上(生きている木だから当然あるでしょう)
・生育適温は20~30℃
・高温多湿を好む、要酸素
といったところで、もう条件はバッチリクリアしている

木材腐朽菌の中の9割が白色腐朽菌だそうで
代表にはシイタケやナメコなどの食用キノコがある
食用キノコと聞けば、なんだ安全じゃないのとちょっと安心するものの
生きたバラに寄生されたのではとんでもないことは確かだ

自然界においては倒木を土に返す作業を行っている白色腐朽菌も
家屋の建築資材を腐らせるのは厄介で
これを防ぐための防腐剤が色々と開発される一方
最近では環境汚染物質のダイオキシンに白色腐朽菌をかけると80パーセント以上分解するという実験データも出ているらしく
たかが木材腐朽菌、されど木材腐朽菌、実に恐るべし!
スポンサーサイト


バラ2007 | 09:50:39 | Trackback(0) | Comments(2)
□ コメント
うちは違うカビだった
まいりますネこういう輩には
でもsakaeこれでよく枯らし。ます

sakaeは削る方が多いです。
2007-07-18 水 01:09:59 | URL | sakae #mbwhQQ6o [ 編集]
植物につく病原菌のほとんどは糸状菌類(カビ)だそうですから
カビがつくこと自体、危険だということですよね
そうならないように元気な状態を保ちたいですが
これがなかなか難しい、、
2007-07-18 水 21:40:38 | URL | kimi #K.EX7jD2 [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

kimi

  • author: kimi
  • バラの咲く教会を夢見てから
    15年がたちました
    今も理想と現実の間で
    日々奮闘中です
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07月 « 2018/08 » 09月
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Search
Search this site.